スポンサーリンク

ブラクロ243話ネタバレ考察感想あらすじ!アスタ、暴走しつつ猛攻を繰り出す!

漫画ネタバレ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ2020年16号で、『ブラッククローバー』243話が掲載されました。

 

ブラッククローバー243話は、悪魔の力を解放させたダンテによってゴーシュが刺された事により、アスタは怒りを爆発させた体の半身に悪魔の力を宿しますが暴走していました。

 

ダンテは自身の悪魔にアスタの悪魔について聞くと、それ程強い悪魔ではないと答えたのです。

 

しかし、その言葉とは裏腹にアスタの力はより高まっており、次第にダンテにダメージを与え始めました。

 

果たして、このバトルの行方はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー243話『悪魔憑きVS悪魔憑き』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 242話 一覧 244話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ブラッククローバー243話のあらすじネタバレ

ゴーシュがダンテによって大剣で貫かれた光景を見たアスタは怒りから悪魔の力を半分その身に纏い始めたのです。

 

反魔法の影響が全体に行き渡ったのか、バネッサ達の周囲にあるダンテの重力魔法の効果が消えました。

 

その事はバネッサも感じ取っていました。

 

今のアスタの姿を見ているダンテはどれ程にまでパワーアップしたのかと少し楽しみにしていたのです。

 

対してアスタは唸り声を上げながら断魔の剣を振るって反魔法の斬撃を飛ばしてダンテに一撃を浴びせようとするも、ダンテは少し驚きつつも彼の攻撃を難なく避けました。

 

その攻撃は反魔法の効果が含まれているので斬撃はダンテを追撃しますが、彼はこの攻撃も難なく回避したのです。

 

アスタは魔導書を出現させて宿魔の剣を取り出して、反魔法を纏わせた巨大な斬撃を放つもダンテはこの攻撃も問題なく回避しました。

 

この程度の攻撃は当たらないと、話が聞きたかったが今の状態ではそれどころではないと冷静に分析して言うダンテ。

 

アスタから話が出来ないと悟ると地震に宿っている悪魔であり、4つの翼と角がある巨大な姿をしているルチフェロにアスタに憑いている悪魔は何者なのか問い詰めるのです。

 

聞かれたルチフェロは知らんなと一言いいました。

 

上位の悪魔でこの世界に来たのは冥府から出てきてかつてエルフ達を利用して実態を得ようとしていたザグレドぐらいしかルチフェロは記憶が無かったのです。

 

アスタに憑いている悪魔に関しては魔法を消すという姑息な力を持っているから、魔力の足りない下位の悪魔であろうと決めつけます。

 

ルチフェロから話を聞いたダンテは改めてアスタが相手では自分の相手にはならないと確定すると共に、自らの重力魔法を使って大地から大岩を生み出して宙に浮かべるとそれらをアスタに向けて放ったのです。

 

対するアスタは大剣から反魔法の斬撃を飛ばして大岩を破壊していき、しかも突撃していって大岩を破壊していきます。

 

この戦いの様子を見ていて何て戦いなのかとバネッサはこう思いながら唖然ともしていたのです。

 

そしてアスタの悪魔の力が完全に暴走しているのだと感じていたが、既に魔力が無いので手助けしようにも出来ません。

 

それ故にゴーシュの方を優先しますが、長くはもたない状態にあり、ダメージを封緘できるネロもいなかったのでどうしようも出来なかったのです。

 

グレイは涙をぽろぽろ泣きながら何も出来なかった事と、自身が持っている変身魔法は何の役にも立たなかった事で自身を責めていました。

 

そしてダンテの元へと迫るアスタに対してダンテはゴーシュを貫いた巨大な大剣を複数生成して、止めを刺そうとしていたのです。

 

対してアスタは体を高速回転させて大剣を受け止めると同時に破壊し、ダンテに向かって斬撃を飛ばすも彼は難なく回避します。

 

しかし、ダンテの動きを読んでいたアスタは彼の近くに接近して強力な斬撃を繰り出したのです。

 

ダンテは避けましたが口元に傷が出来てしまいました。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー243話の感想と考察

今回の話でダンテの悪魔はルチフェロだという事が明らかになりました。

 

ダークトライアドなので強力な悪魔を所有しますので、ルチフェロは多分ルシフェルが由来だと思われますので純粋に凄いですね。

 

そこは流石と言うべきなのだと思いますし、他の2人も悪魔憑きなのでかなり厄介と言わざるを得ませんね。

 

それでもアスタがそんなダンテに一撃を叩き込んだという事は、アスタの悪魔は普通なのではないかと思われます。

 

ルシフェルはアスタの悪魔は下級だと言っていましたが、下級と言っても上級クラスの実力を持っている場合もありますし、実際黒の暴牛の面々はランクは低いですが実力は高いです。

 

それ故にアスタが宿している悪魔の実力は、ランクでは語れないくらいの強さがあるのではないかと思います。

 

次回244話は更に激しい戦いになるのではないでしょうか。

 

アスタの力が高まっているという事は、ここから先も更に力が上がっていくのではないかと思います。

 

ダンテとしては話をしたいのでこれ以上暴走されては敵わない上に、自分に傷をつけられたから怒るのかもしれません。

 

ここから今の悪魔の力を更に解放させてアスタを押さえつけるのではないかと思いますが、アスタも負けじと力を発動させるかもしれないのでより激しいバトルになるのではないでしょうか。

 

<< 242話 一覧 244話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました