スポンサーリンク

ハイキュー386話ネタバレ考察感想あらすじ!第1セットの激闘が終了!

漫画ネタバレ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ2020年16号で、『ハイキュー』386話が掲載されました。

 

ハイキュー386話は、アドラーズのタイムアウトで試合に一区切りがつき、その間に東峰は西谷が今イタリアにいて、カジキを獲っていると澤村と菅原に言うのでした。

 

この話を聞いた澤村達は最初は驚くも、武田の何でもできるという言葉を受けて日向も西谷も思うがままに行動をしているのだと思っていました。

 

その間に試合が再開され、日向や木兎のプレーによってブラックジャッカルズが第1セットを取ることが出来たのです。

 

果たして、次のセットではどのような試合展開になるのでしょうか。

 

本記事では、ハイキュー386話『自由』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 385話 一覧 387話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ハイキュー386話のあらすじネタバレ

アドラーズがタイムアウトを取っている間、菅原は東峰に西谷は何をしているのかと聞きます。

 

東峰はスマホを弄りながら、西谷はイタリアでカジキを獲っていると言ったのです。

 

何言っているのか分からないと言わんばかりにもう一度尋ねる澤村。

 

東峰も同じ事を言うと、澤村は聞こえなくて聞き返したわけではないと突っ込みました。

 

そしてスマホに映っているカジキを抱えている西谷の写真を見る3人。

 

菅原と澤村は自分達はちっぽけな存在であり、世界は広いのだと西谷の写真を見て実感していました。

 

東峰は卒業後の進路をどうするか考えていた際に、西谷に将来はどうするのかと聞いたのです。

 

東峰は漠然とバレーをするのだと思っていましたが、西谷は少しずつお金を貯めて日本でも世界でも行けるところまで行ってみると答えたので少し驚いていました。

 

そうしたら東峰は服関係の東京の学校に行くと言ったのでした。

 

そんな中、武田のこれからも何だってできるという言葉を思い出していました。

 

一方、試合を見ていた鷲匠は何をどれだけ出来ようと自分達に十分は無いと言ったのです。

 

そして試合が再開され、ソコロフがジャンプサーブを打つと球の軌道が途中で変化しました。

 

しかし、日向は即座に対応するかのようにトスを上げ、トマスがスパイクを決めて得点を決めたのです。

 

トマスは英語で途中で変化したのによく上げられたと日向を褒めますが、その日向が英語で風よりはマシと返したので彼は驚き、木兎も羨ましいと言いました。

 

そしてそのトマスがサーブを打ち、アドラーズの面々がボールを拾って繋ぐと、ニコラスがブロッカーの横にスパイクを打つとそこには木兎がいましたがトスもレシーブも間に合いませんでした。

 

そこで彼は胸トラップでボールを上げました。

 

このプレーにニコラスは驚き、田中は出たと叫び、清水は心の中で避けるという選択肢が無いのが凄いと心の中で思っており、赤葦は苦笑いしていたのです。

 

そして上がったボールを侑がツーで落として得点を挙げ、不意を突かれたので影山と昼神はイラッとします。

 

そんな彼らの侑はどや顔をかますのでした。

 

そしてトマスのサーブで試合が再開され、ニコラスが拾って影山は牛島にトスを上げ、その牛島は強烈なスパイクを打ちます。

 

スパイクのコースには日向がいましたが、威力が強すぎたので上手く拾えなかったのです。

 

牛島は一応強くぶつけてすまないと心の中で言いますが、日向は一応ニコッとはしますがかなり怒ってもいました。

 

澤村はコースに入られようがぶっ飛ばせば関係ない感じだなと呟いたのです。

 

そして影山は強烈なサーブを打ちますが、ネットに当たって落ちようとしていました。

 

日向達は強打を警戒していたのですぐには身動きが出来ません。

 

しかし、侑が何とかボールを上げると日向がジャンプしてスパイクを打とうとしており、ニコラスと昼神はブロックしようとしたのです。

 

しかし、日向はスパイクではなくトスを選択しました。

 

トスされたボールの先には木兎がおり、彼が強烈なスパイクを打って得点を決め、このセットを取ることに成功したのです。

 

ハイキュー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやhanascan以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ハイキュー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやhanascanなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ハイキュー386話の感想と考察

今回の話で、人はやる気次第では何でもできるという事が明らかになりましたね。

 

西谷や日向が上記の言葉を実行した人達ではないかと思います。

 

常識的な人は普通に大学生活を過ごして就職活動をして、一般企業で働くというありきたりな生活をすると思いますし、それが常識と言えるでしょう。

 

しかし西谷はお金を稼いで色々な場所や国を見て回り、カジキを獲っているなど非常に充実した毎日を送っています。

 

日向もプロにならずにビーチバレーを数年して大活躍をしてからプロチームに入団したという経緯があるのです。

 

それ故に、彼らは自分のやりたいように生きて、やりたいように頑張って楽しんでいますので本当に自分自身の人生を楽しんでいるのでしょうね。

 

次回387話はアドラーズは日向を警戒してのプレーをしていくのではないかと思われます。

 

第1セットで日向のプレースタイルは大体把握できたと思いますし、これ以上好き勝手なプレーをさせるつもりもないと思いますので出来る限り日向を自由に動かせないようにするのではないでしょうか。

 

アドラーズには影山や牛島といった強打のスパイクやサーブを打てる者達がいますので、日向を集中的に狙って攻撃参加をさせにくくするのではないかと思われます。

 

<< 385話 一覧 387話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました