スポンサーリンク

キングダム634話ネタバレ考察感想あらすじ!鄴の城門開く 李牧の戦略破綻

漫画ネタバレ

2020年3月12日発売の週刊ヤングジャンプ2020年15号で、『キングダム』634話が掲載されました。

 

朱海平原の戦いは秦軍に軍配が挙がり、趙軍総大将李牧(りぼく)は窮地の鄴城への援軍として、駆け抜けます。

 

それに対して、秦軍は精鋭部隊で以て追撃を図るのでした。

 

鄴城を包囲する桓騎軍に対して、追撃戦で消耗した趙軍は苦戦を強いられ、鄴城の食料は底を尽き、限界を迎えようとしていました。

 

本記事では、『キングダム』634話『戦略の破綻』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 633話 一覧 635話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム634話のあらすじネタバレ

鄴城への救援へと向かった李牧が率いる趙軍に秦軍が精鋭部隊を以て追撃を行います。

 

「殿軍(でんぐん)が王翦軍と交戦に入り、大きく引き離していたはずなのにこんなに早く追撃を受けた」事態に李牧は「追いつく為に精鋭部隊を選出したのだ」と告げます。

 

追撃に対して、策を施すことなく、進軍に専念すると言う李牧は「鄴城の限界が来ていてもおかしくない」と焦りを見せます。

 

自軍が到着するまで何とか持ちこたえていて欲しいと思う李牧でしたが、鄴城の城内は既に住民が暴動を起こし、城内の兵士達と住民達が衝突し合う事態が発生していたのです。

 

鄴城の各門で兵士と住民の衝突が起きていることを憂慮した鄴城主趙季伯(ちょうきはく)は「全ての城門を死守するように」と命令を下します。

 

住民達は火を放ち、食料を隠しているのであろう貴族の屋敷を襲撃します。

 

その報告を受けた趙季伯は「誰でもいいから急ぎ援軍を。早く来てくれないと鄴城が陥落する」との強い危機感を抱きます。

 

その鄴城を静かに見つめる桓騎将軍。

 

李牧軍は16日目の時点で走り続ければ、鄴城までおおよそ半日の距離にまで迫っていましたが、ここから南下の速度が急激に落ちていました。

 

その原因は王翦軍による追撃によるものです。

 

捨て駒である殿軍でもって、王翦軍の追撃を凌ぎたい李牧でしたが、王翦軍の主戦力である倉央(そうおう)と糸凌(しりょう)の両将軍が度々、殿軍の隙を突いて趙軍の心臓部を脅かす為にそれに対抗する手段として進軍を中止する必要があったからです。

 

李牧の焦りはますます募るも、冷静に戦陣を組み、王翦軍を包囲殲滅せんと陣形を組み直します。

 

その陣形の変化に柔軟に対応する秦軍の諸将達。

 

一部の逃げ遅れた秦軍の一部が犠牲になるも、大多数は無事で李牧の戦術も効果は薄いものとなります。

 

王翦は冷静にこの現状に満足します。

 

その夜、李牧軍の思わぬ夜襲により王翦軍は大きく後退を余儀なくされ、その隙に李牧は自軍を動かし、鄴を目指します。

 

あくまでも冷静な王翦に対して、焦りを隠せない李牧。

 

18日目にして遂に鄴城に到着した趙軍は「城がまだ陥落していないこと」に安堵を覚えるも、そこには桓騎軍精鋭の雷土(らいど)とゼノウが率いる部隊が待ち構えていました。

 

朱海平原の戦い、鄴へと向かう進軍、それに伴う秦軍の追撃によって、疲労困憊の趙軍でしたが、現状打破として用いられた策は強行突破しかありませんでした。

 

急ぎ鄴に向かうように進言する部下を前に王翦は「急がずとも良い」と告げます。

 

李牧の戦略は既に破綻しているのだとも。

 

朱海平原の戦いで王翦軍が李牧軍に勝っていた点はたった1つ、「手駒の差」と王翦は告げます。

 

「若き3人の駒が台頭し、軍の力が増し、結果として神がかり的な粘りと強さを見せつけたことにより、李牧の描いた絵は大きく狂うこと」になったのです。

 

これが朱海平原の戦いでの李牧の敗因であり、その結果として遂に難攻不落の鄴城の城門がいま開かれようとしていたのでした。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム634話の感想と考察

いつでも泰然自若(たいぜんじじゃく)と冷静に事を進めていた李牧が今回においては非常に追い詰められて、冷静さを失っていたのが非常に印象に残る回でした。

 

常勝不敗の李牧が追い詰められて、敗北への道を進んでいる描写としてとても優れていたと思いました。

 

それに対比するように王翦大将軍は冷静沈着で以て、秦軍の勝因と趙軍の敗因を分析するのも良かったと言えます。

 

王翦と李牧の力量に差はなく、「信、王賁(おうほん)、蒙恬(もうてん)の若き3人の武将がこの朱海平原の戦いで大きな成長を遂げ、李牧の思い描く構想を打ち砕くまでになったと言う事が李牧の敗因に繋がった」のが主人公成長物の醍醐味と言える展開であったと言えるでしょう。

 

信は命の灯を燃やし尽くすも、趙軍三大天の仇敵龐煖(ほうけん)を討ち斃(たお)す奇跡を成し遂げ、朱海平原の戦いの趨勢(すうせい)を決定付けるものとしたのは李牧の戦略を大きく狂わせる結果になったのは間違いなかったと言えます。

 

桓騎軍の待ち構えている状況にあの李牧が何の戦術、戦陣を組む事なく、「力技で以て突破する」事態が起きた時、本当に李牧は追い詰められているのだなと感じました。

 

難攻不落の鄴城の城門が遂に開き、秦軍の無謀とも言える鄴城攻略の長い道筋が終局へと向かっています。

 

<< 633話 一覧 635話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/6712
https://jpp-zoo.jp/archives/7155



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました