スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい171話ネタバレ考察感想あらすじ!温泉を覗くよりもエッチなもの!?

漫画ネタバレ

2020年3月12日発売の週刊ヤングジャンプ2020年15号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』171話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜171話は、風祭、豊崎、白銀の3人は女子風呂前に集まって、風呂上がりの女子生徒の濡れ髪を見ようとしていたのです。

 

そして女子生徒達の濡れ髪姿を見ていくが、白銀が偶々出ていこうとするかぐやを見つけてすぐにドライヤーで髪を乾かすように言いました。

 

一方でかぐやの兄である四宮雲鷹が何やら動こうとしていたのです。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜171話『白銀御行は独占したい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 170話 一覧 172話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい171話のあらすじネタバレ

女湯とは女子達が家での風呂以外では一糸纏わぬ姿を露わにする場所であり、男達はその裸体を見るために覗きという行為に挑んでいくのです。

 

ここは生徒会室、スマホゲームをしている石上は今頃白銀達は風呂の時間だから覗きがあると思っていたのですが、軽いノリで女湯を覗くのは普通に犯罪だと呟いていました。

 

話を聞いていた伊井野は軽犯罪ものだから、バレたら一発で退学もあり得ると言ったのです。

 

伊井野は覗く以外に男湯と女湯が入れ替わっている場合もあると言い、石上はそれもありゆると言いつつもしそんな事があったら宿の信頼問題になるなと言うのでありました。

 

その頃、宿では翼が女湯入り口近くに待機している白銀、豊崎、風祭を見つけててっきり女湯を覗きに行くのだと思っていたのです。

 

しかし、白銀は無論だが2人にも最低限のモラルがありました。

 

そして風祭は裸体よりもエッチなものが存在すると言うと翼が純粋な目をして食いついたので、昼間の一件は一先ず不問にすると言ったのです。

 

ホテルには一般人も宿泊していて修学旅行生の入浴時間は一般客に配慮しているからドライヤーが込んで、個室のドライヤーで髪を乾かそうとしているから濡れ髪で出てくる可能性があり、それは何かエロいと風祭は力説しました。

 

翼はそれならプールとか雨の時にもあると言うが、風祭と豊崎はそれでは髪以外のところに目が行くから風呂上がりの濡れ髪と言う非日常感が溜まらないと力説したのです。

 

しかも白銀も同調しており、彼は湯上りの濡れ髪姿は遭遇率が低く、それを見られるのは彼氏の特権であると、熱く語るも風祭と豊崎は少し引いていました。

 

そこへ風呂上がりのツインテール姿でない真妃が現れるのです。

 

彼女の姿を見た風祭があれが彼氏にしか見せない姿だと、豊崎もツインテールではないから加点が高いと口にします。

 

真妃は何が何だか分からず困惑していると続いて柏木が現れましたので、翼は彼女と真妃を連れてこの場から去っていったのです。

 

風祭は白銀についてきて良かっただろと言うと、白銀はまぁと答えるも彼自身はかぐやにしか興味がなく他の面々にはやらしい目で見るつもりはありません。

 

しかし、何故か濡れた髪の女子が良いと思ってしまうと言う気持ちがありましたがそれがどうしてかは分からなかったのです。

 

次はかれんとエリカの2人が出てきましたがエリカは何故か鼻血を出していたので、鼻にティッシュを詰め込んでいました。

 

その理由はエリカはかぐやのピを見たからであったのです。

 

2人はそれが何なのかは分かりませんがもしかしたらやらしい事かもと思っている矢先、白銀はかぐやの事で変な妄想をするなと釘を刺しました。

 

そんな中、白銀は偶々風呂上がりのかぐやを見かけるとドライヤーで髪を乾かすように言ったのです。

 

かぐやは部屋のドライヤーで髪を乾かすつもりでしたが、白銀に押し切られたので彼女は怒られちゃったと何処か嬉しそうにしながら戻りました。

 

その頃、風祭と豊崎は千花を見るも、彼女の姿を見て自分達の母親を見ているような感じがしてがっかりしていたのです。

 

そして早坂が出てきて、エレベーターに乗ろうとするも白銀も乗って、彼女にかぐやと仲がいいのかと聞きます。

 

早坂はかぐやは友達を作らないタイプだから話が出来るのは自分くらいだから別に仲がいいわけではないとギャル口調で言いますが、白銀は早坂は何度か自分に接触していたスミシー・A・ハーサカであることに気づいていたのです。

 

その頃、かぐやの兄である四宮雲鷹は早坂を逃がさないと意味深な言葉を述べながらスマホを弄っていました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい171話の感想と考察

流石に秀知院の者達であって、ちゃんとモラルはあったみたいで良かったです。

 

仮に覗きをしようとしていても、白銀がきっと阻止していたと思いますしね。

 

それにしても濡れ髪に注目するとは風祭と豊崎はかなりマニアックな方に目が行くんだなと思いましたね。

 

まぁ、濡れ髪を見る事事態は覗きをしているわけではありませんので特に問題ないですしね。

 

それに白銀はかぐやに対して独占欲があり、かぐやも怒られたけど自分の事を思っているんだなと感じているようでしたので、そこはほっこりしたなと思いました。

 

そして今回の話で白銀は普段は上手い具合にキャラを使い分けている早坂をハーサカと見破りましたが、どうして気づいたのかが気になるところですね。

 

次回172話は雲鷹の目的が明らかになるのではないかと思われます。

 

何の前触れもなく登場した彼ですが、かぐやや早坂の様子を探っているところを見ると何か目論んでいるのは目に見えていると言うところですね。

 

それに早坂に対して逃げ切れると思うなよと言っている事から、かぐやではなく早坂に注意を向けています。

 

早坂がかぐやのつき人をやめるのと何か関係があるか、早坂に四宮家を出ていかれては何か問題があるのではないでしょうか。

 

<< 170話 一覧 172話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました