スポンサーリンク

ドメカノ265話ネタバレ考察感想あらすじ!夏生に注目する男の正体

漫画ネタバレ

2020年3月11日発売の週刊少年マガジン2020年15号で、ドメスティックな彼女265話が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女265話では、サークルの仲間にも結婚報告を済ませ、本も完成した夏生。

 

しかし、夏生に興味を持った一人の男が現れます。

 

その男の正体とは。

 

本記事では、ドメスティックな彼女265話「落伍者のあがき」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 264話 一覧 266話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドメスティックな彼女265話のあらすじネタバレ

夏生のインタビュー記事を読んでいる小椚という男は、20歳という若さで、世間に才能を認められた夏生を楽な人生だと羨んでいました。

 

そんな時、他の社員に企画会議だと呼ばれ、小椚は慌てて準備をします。

 

 

小椚の仕事は週刊誌記者ですが、出した企画は今回もすべて通らず、一人トイレの個室に引きこもりスマホゲームをしていました。

 

すると、用を足しに来た二人の男性の声が聞こえ、小椚の悪口を言い始めます。

 

小椚が大きいスクープを取ったのは一度きり、それ以来企画が通らない上、仕事が出来ないので来年にはクビになるんじゃないかと話します。

 

好きなように言われ、小椚は悔しそうにします。

 

 

夜、女優の仕事終わりを狙っていた小椚でしたが、女優は現場から直帰だった為、不倫でもしろと苛立ちを見せます。

 

 

大学の時の仲間と飲みに来た小椚。

 

出世したり、子供が生まれたりと報告する友人たちの話を聞き、思わずこの前のアイドルの薬物の記事は自分だと嘘をついてしまいました。

 

友人達と別れ、パチンコに行き、ぐちゃぐちゃの自分の部屋に戻った小椚は、もう一度夏生の記事を見て、少し探りを入れてみるかと考えます。

 

 

夏生から、修理され綺麗になったネックレスを渡された瑠衣。

 

嬉しそうに夏生にネックレスを付けてもらい、自分も見せたいものがあると、夏生に婚姻届けを渡します。

 

瑠衣は、結婚について調べようと買った雑誌に付いていたと言い、これでも提出が出来ると夏生に言います。

 

大きく深呼吸をし、夏生は気が引き締まると言い、結婚を改めて実感しています。

 

帰ってきた都樹子は、たくさんの結婚式場のパンフレットを机に広げ、二人に選ぶよう言います。

 

夏生はパンフレットの金額を見て、こんなに出せないと青ざめます。

 

瑠衣も式はしなくてもいいと言いますが、都樹子はお金も出してあげるし、結婚式はけじめだから必ずしなさいと譲りません。

 

そんな都樹子に瑠衣は、レストランウェディングはどうかと提案します。

 

以前、丈から連絡があり、ホテルの新店舗で披露宴はどうかと提案されていたと言います。

 

瑠衣の話に、都樹子も夏生も大賛成で、それなら料理も美味しいし費用も安いと、都樹子はすぐにチャペルなどを決め始め、二人より張り切っています。

 

 

朝、家を出ようとしたところを瑠衣に引き止められ、キスをされた夏生は恥ずかしそうに大学に向かいました。

 

講義を受け、サークル活動をし、出版社との打ち合わせを済ませ、家に帰宅する夏生をつけていた小椚。

 

メディアの仕事がある以外は普通の大学生だと腹を立て、期待外れだと会社に戻ります。

 

 

会社に戻ると、自分の机の上に差出人も宛名も書いてない封筒がありました。

 

他の社員に聞くと、恐らくクレームだから適当にチャックしといてと頼まれ、小椚は封を開けます。

 

中身を読んだ小椚は目を見開きます。

 

 

手紙の差出人に自己紹介をする小椚。

 

会いに来た相手は、獄中の種部でした。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女265話の感想と考察

男の正体は週刊誌記者でしたね。

 

やはりテレビなどに出ると、こうゆう人たちが注目をするんだなと思いました。

 

ただ小椚は、あまり仕事が出来るというわけではないようで、今の職場も危なそうでしたね。

 

仲間たちにも嘘をついてしまうという、悲しい姿の小椚に同情したくなります。

 

周りは家庭を築き、仕事も順調でとても羨ましいと思ったでしょうし、恥ずかしい、苛立ちなど色んな感情が溢れて、嘘をついてしまったんだなと思います。

 

しかし夏生たちは幸せの真っ只中で、女遊びなどしない夏生を張っても、何もでないでしょうね。

 

そんな時にまさかの獄中の種部からの手紙。

 

嫌な予感しかしません。

 

せっかくの幸せを壊さないで欲しいです。

 

小椚にしてみればビックスクープが取れるチャンスです。

 

今まで苦労してきた夏生たちの幸せを壊さないでと思いつつ、小椚にも大きな仕事が取れるかもしれないという、何とも言えないこの状況がとても辛いです。

 

種部は小椚に何を話すのか。

 

次回もとても気になります。

 

<< 264話 一覧 266話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました