スポンサーリンク

約ネバ170話ネタバレ考察感想あらすじ!イザベラ達シスターの決断!

漫画ネタバレ

2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプ2020年15号で、『約束のネバーランド』170話が掲載されました。

 

約束のネバーランド170話は、エマ達が襲撃する前、イザベラは農園で働いているシスター達に対してラートリーを裏切る事を告げました。

 

イザベラはラートリーと手を組んでグランマへと昇り詰めましたが、いずれ不要な存在として始末されるのではないかと思って決起したのです。

 

この話を聞いていたシスター達は非常に困惑していましたが、イザベラの言う事に一理あると思った一部のシスター達は味方になりました。

 

残りのシスター達は未だにどうすればいいのか悩んでいましたが、イザベラの静観するなり通報するなり好きにしろと、もし自分の味方に付くなら面白いものを見せられると言う言葉を聞いて味方になったのでした。

 

そして現在に至り、イザベラ達シスターはラートリーに向けて銃口を向けるという行動に出ました。

 

本記事では、約束のネバーランド170話『共に』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 169話 一覧 171話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

約束のネバーランド170話のあらすじネタバレ

イザベラは一度ラートリーと手を組んで地獄から抜け出そうとしていましたが、それとは裏腹にシスターと共に反旗を翻したのです。

 

時は2047年11月13日、エマ達が侵入する少し前に遡ります。

 

イザベラは農園で働いているシスター達を招集し、彼女達は自分達をこの場に集めるなんて一体何が起こるのかと戦々恐々していたのです。

 

その様子を見ながらイザベラは2年前に脱走したエマ達が今日明日にもここへ攻め込んでくると、ラートリー達はその備えで忙しくしている告げると共に自分は農園を裏切るとはっきり言い放ちました。

 

そして脱走者にこれから加担するからこの中に自分と立ち上がってくれる者はいるかと聞くイザベラ。

 

そんな中、色黒のシスターはそれは何の冗談かと聞くと、イザベラは自分は冗談で言ったのではなく本気で言ったと、グランマになってからこの時を待っていたのだと言います。

 

シスター達に農園に逆らうのは本来有り得ないと、この農園で支配者側で居続けるのが自分達の生きる道であり、それがサラの教えであるとイザベラは言いつつ、現実にはサラも呆気なく出荷されたと言ったのです。

 

それを聞いたシスター達はそれはサラが失態を犯したからだと言おうとしたら、イザベラはグランマもミスをすれば裁かれるから皆にチャンスがあると言われているが、実際にはグランマになろうがなるまいが自分達は家畜に過ぎないのだと言います。

 

そしてシスター達に本当はチャンスなんかない何処までも続く生き地獄である事は皆気づいているがそれでも生きていれば何時か何とかなると認めなかっただけであり、この服従に未来はないと言うイザベラ。

 

実際、イザベラはラートリーと手を組む際、内心ではクソ喰らえと思っていました。

 

しかし、ラートリーに抵抗するのではなく敢えてその誘いに乗ってエマ達が来るのを待つと共に、その時に力になろうとしていたのです。

 

そしてイザベラは銃を持つと共にシスター達にどうするかと迫ると、一部のシスター達はまだ怯えていました。

 

そんな彼女達に対してイザベラはどうするかは個人の自由だがもし自分についてくるのではあれば、面白いものを見せると言ったので最終的に全員が味方になったのです。

 

そして現在に至り、イザベラ達の行動にエマ達とラートリーは驚きます。

 

エマは思わずイザベラをママと呼ぶと、彼女はこんな自分をママと呼ぶのかと心の中で呟きます。

 

本当は何も知らないあの頃に戻って抱きしめてあげたいが自分がしてきた事からそれをせずに利害が一致しただけと、ここでの生活にうんざりしていたと、ラートリーが描く未来が気に入れないからぶっ潰そうとしているだけと本心を隠して嘘を言ったのです。

 

しかし、それでもエマはママと呼んで皆と共に銃口をラートリーに向けました。

 

彼らに負けることを受け入れられないラートリーはシスターの一人から銃を奪い取って、銃撃を繰り出して道を作り出すと逃げ出したのです。

 

逃げながら何か手立てはないのかと考えながら走ります。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド170話の感想と考察

やはりイザベラは子供達を裏切ったわけではなかった事が嬉しかったです。

 

ラートリーと手を組んだだけでは、いずれグランマだったサラみたいに食用として出荷されてしまうと言う地獄から抜け出せはしないと思ったのだと思います。

 

しかし、事を起こすにしても農園にはシスター達しか味方がおらず、仮に起こしたとしてもあっという間に制圧されてしまうのが目に見えていると言えるでしょう。

 

それ故にラートリーに従うふりをしながらいずれこの農園に戻って来るであろうエマ達を待って、その際にラートリーに対して反逆しようとシスター達に告げていたのだと思います。

 

しかし、まだラートリーは負けを認めずに逃げ出してしまったので逃がさないようにしてほしいです。

 

次回171話はラートリーが逃げに逃げまくって機会を伺うのではないかと思われます。

 

彼はついさっきまで自身が絶対的有利だったはずの展開が手を組んだはずのイザベラに裏切られてしまい、酷く困惑すると共にこの現実を受け入れられない状態にあるのです。

 

それ故に悪足掻きと言わんばかりに一人のシスターから銃を奪って強引に逃げ道を作って逃げ出しました。

 

そして未だに生きているであろう部下達と合流して反撃の機会を伺うのではないでしょうか。

 

<< 169話 一覧 171話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました