スポンサーリンク

鬼滅の刃197話ネタバレ考察感想あらすじ!鬼殺隊が再び立ち上がる!

漫画ネタバレ

2020年3月9日発売の週刊少年ジャンプ2020年15号で、鬼滅の刃197話が掲載されました。

 

196話では、禰豆子が人間に戻り、無惨の体に仕込んだ薬が二つだけでなく、四つであることが分かりました。

 

その結果、無惨は柱たちにとどめをさすことができずに不利を悟った無惨は逃げ出そうとしますが、珠世の薬によってその動きを封じられ、分裂することもできずにいます。

 

その間にも兪史郎の治療の手が進み、死にかけていた柱たちが復活しようとしていました。

 

本記事では、鬼滅の刃197話「執念」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 196話 一覧 198話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃197話のあらすじネタバレ

「お前を殺すためにお前より強くなる必要はない、お前を弱くすればいいだけの話。」と無惨の記憶の中の珠世はそう無惨に語り掛けます。

 

「お前が生きるために手段を択ばないように、私も、私たちもお前を殺すために手段を選ばない。」と珠世は続けました。

 

そして無惨は、自身に対する攻撃として、鬼殺隊の赫刀での斬撃も損傷も効かないのだと振り返ります。

 

再生修復の疲労についても生に固執した無惨にとっては蓄積しないのです。

 

しかし珠世としのぶの作った四種類の薬がこれらの無駄な攻撃を、きわめて有効な攻撃として無惨の肉体に傷をつけているのです。

 

この短時間で珠世がこれほどの薬を作るとは思っていなかったのか、さらにしのぶが童磨に食らわせた藤の毒とも違うものであると無惨は血を吐きながら思考することをやめません。

 

分析と分解を繰り返しながら体を動かそうとしていましたが、ついにその動きを止めます。

 

動きが止まったことに気付いた炭次郎が「珠世さんの薬だ!」と気付き猛攻を仕掛けようとしたその時、無惨の体から激しい衝撃波が飛び出したのです。

 

無惨の体には斬撃の痕に口のようなものが現れます。

 

衝撃波を食らった炭次郎は痙攣が止まらずに呼吸もままならない状態です。

 

しかしそんな状態でも炭次郎はしっかりと無惨を見据えて、逃がさないようにと動こうとしているのです。

 

そしてさらに、その衝撃波を食らったのは戦場にいる彼らだけではありませんでした。

 

産屋敷邸で陣頭指揮をとっているお館様も視界共有の鴉を通して攻撃を食らったのでした。

 

待機していた宇随や煉獄の父が駆け寄りますが、お館様は戦場の子供たちのことを気にしていたのです。

 

伊黒と炭次郎の無事を確認しようとしていますが、伝書鴉がやられてしまっては確認のしようがありません。

 

煉獄の父は無惨の攻撃が飛んできたことに対して居場所を気取られているのかと心配しますが、それよりもお館様は無惨を逃がしてしまうことに意識を回し、誰か叩ける隊士を探そうとします。

 

一方戦場では、逃げようとする無惨を追いかけようとする炭次郎の目の前に、伊之助が現れるのでした。

 

ぼろぼろで呼吸もままならない伊之助が炭次郎を守り、さらに無惨の意識をひきつけます。

 

疲労で術が出せない無惨は分裂することもできず、ただ伊之助と対峙するほかありません。

 

そして伊之助は荒い呼吸を繰り返しながら無惨に言います。

 

「俺たちをかばって、数珠のオッサンの足と半々羽織りの腕がちぎれた。あっちこっちに転がっている死体は一緒に飯を食った仲間だ。」

 

そう言って伊之助は全てを返せと無惨に迫ります。

 

そしてそれができないのなら、と言葉を詰まらせて、涙をこぼしながら百万回死んで償え!と切りかかるのでした。

 

伊之助の言葉に炭次郎の目から涙が溢れ、伊之助を助けようと体を動かそうとするのですが、痙攣と体力の低下により全く動けません。

 

その時、伊之助を助けようと、善逸が動き出しました。

 

まだ炭次郎の心音がすると伊之助を鼓舞し、炭次郎には「お前は絶対に死なない、生きることだけを考えろ、人間に戻った禰豆子ちゃんと帰るんだ」と叫びます。

 

そこで冷静になった炭次郎は、この痙攣を考察します。

 

血鬼術で神経系を狂わされていること、血鬼術に対しては日輪刀が有効なことに気付いた炭次郎は自分の胸に刀を突き立てるのでした。

 

そして炭次郎の痙攣が収まり始めたころ、善逸も伊之助も、そして冨岡も悲鳴嶼も再び立ち上がるのでした。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃197話の感想と考察

何から話せばいいのか、何から言えばいいのか、と言った感じですが、とにかく熱いと感じました。

 

無惨が可哀想に思えるくらい何度も何度も立ち上がる鬼殺隊は、確かに無惨にとっては害虫に他ならないのかもしれません。

 

しかしその害虫を自分だけが生きながらえるために迫害し、鬼にして弄び、使い捨て、そう言った命への軽視がこうして返ってきているのでしょう。

 

前代お館様の言っていた「眠れる獅子の尾を踏み続けてきた」というセリフが今になって身に染みていることでしょう。

 

今立ち上がる柱も炭次郎たちも、みんながみんなそれぞれの大切な家族で会ったり環境を壊されてきた人々です。

 

無惨が軽視してきた人の感情を彼は今感じる心はなくともそれを「煩わしい」と感じているでしょう。

 

何はともあれあと25分という時間ですが、少し希望が持てるようになりました。

 

ですが懸案事項があるのも確かです。

 

呼ばれるようにして戦場に近付きつつある禰豆子、ダメージを負ったお館様の二点です。

 

禰豆子は人間に戻ったことで太陽克服の引き金にはなりませんが、今やただの人間であり、非力な女の子です。

 

無惨に睨まれてしまえば一瞬で死んでしまいます。

 

さらにお館様のダメージです。

 

煉獄の父は「見つかったわけではない」としていますが、兪史郎の札を使って逆探知をされた可能性があると私は考えます。

 

この二点の懸案事項をこの後どう伏線が回収されるのか、とても楽しみですね。

 

<< 196話 一覧 198話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました