スポンサーリンク

リビドーズ57話ネタバレ考察感想あらすじ!アンドロギュノスの弱点!

漫画ネタバレ

2020年3月5日発売の週刊ヤングジャンプ2020年14号で、『リビドーズ』57話が掲載されました。

 

リビドーズ57話は、イサムは子供達を守りつつ、筋肉質な体になったアンドロギュノス相手に立ち向かっていくのです。

 

その頃、アンドロギュノスから逃げた中竹はコアは見つけたがそれを壊す手段がないので、救世主の存在を望むところまで追いつめられていました。

 

一方、イサムは敢えてアンドロギュノスを挑発する事で向かってきたと同時に血を投げかけたら、アンドロギュノスは突然コアを見せつけてきたのです。

 

イサムの血こそがアンドロギュノスにとっては猛毒に等しい存在でありました。

 

果たして、イサムは反撃に打って出る事は出来るのでしょうか。

 

本記事では、リビドーズ57話『人類の悲願だ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 56話 一覧 58話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

リビドーズ57話のあらすじネタバレ

アンドロギュノスは巨大な手を振るい、イサムは子供を庇った際に左腕に攻撃を喰らって、ダメージを受けると共に血を流してしまいます。

 

この事態に思わず叫んでしまう間渕とクラタ。

 

対するイサムはすぐさま逃げるように言うと、アンドロギュノスは筋肉質な体になっていったのです。

 

そのアンドロギュノスの後ろでは完全には取り込まれていないものの、取り込まれつつあるケンタの姿がありました。

 

ルイはもうやめてくれと叫んでいたのです。

 

そんな中、イサムは果敢に立ち向かっていき、その様子を見ていた間渕は妙だと思いつつ、不用意に近づくなと注意しました。

 

その頃、さっきまでアンドロギュノスと戦闘をしていた中竹とタカオ達が乗っている車が道路を走っていたのです。

 

中竹はどうすればコアを破壊する事が出来るのかを考えており、タカオはこれ以上は危険すぎるからやめたほうがいいと言いました。

 

対して自分達は民兵(ミリシャ)だと、ここで逃げては人類が滅ぶと口にする中竹は医師として避難所を行っていた時の事を思い出していたのです。

 

その避難所で彼が見たのは避難所に逃げ込んでいる人達の祈りだったのでありました。

 

彼らが祈っていたのは地上をはびこっているアンドロギュノスの殲滅と平和でした。

 

そんな祈りを聞いていた中竹はアンドロギュノスを始末するために民兵(ミリシャ)を設立したのだと語ると、フードの男はこれをこのまま続けていったらアンドロギュノスを倒す前に自分達がやられてしまうと言います。

 

対して中竹は政府が機能していない中、誰がアンドロギュノスから人類を守るんだと言いつつ、救世主が現れてくれないかなと呟いていたのです。

 

一方、イサムは目の前にいるアンドロギュノスに対して早く自分を食えよと挑発すると、お望みどおりにしてやると言わんばかりにアンドロギュノスは突撃していきました。

 

そんな中、イサムはアンドロギュノスは自分の血に反応していた事を思い出して先程の攻撃で傷ついた箇所から流れている血を投げかけたのです。

 

それによってアンドロギュノスの動きがおかしくなり、口を開くと共に早く破壊してくれと言わんばかりにコアを見せつけてきました。

 

この事に驚くクラタと間渕。

 

この光景を見てイサムはあの時と同じだと思いました。

 

その頃、中竹はアンドロギュノスを倒せる者が現れる事が人類の悲願だと呟き、隔離されているアカリは眠っていましたが目から涙を流していたのです。

 

そしてイサムは右手を巨大化させることでアンドロギュノスのコアを掴んで握り潰しました。

 

人間からしたら心臓に等しいコアが破壊されたアンドロギュノスは体中から液体を噴出し、先程取り込んでいたケンタを始めとした子供達を解放して命を落としたのです。

 

しかもケンタは生きていたので間渕とクラタはこの事に喜んでいました。

 

そしてアンドロギュノスが登場してからそれ程目立っていなかったミキヤは両手を使って写真を撮るポーズをして、イサムを捉えるのです。

 

心の中でこれは人類の夜明けだと呟きました。

 

スポンサーリンク

リビドーズ57話の感想と考察

アンドロギュノス相手に何とか勝てて良かったですね。

 

前回のアンドロギュノスとの戦いの際には偶然うまく言った感じがありましたが、今回のアンドロギュノスとの戦いではあの時の経験を生かして倒せたのが良かったと思います。

 

それにアンドロギュノスに吸収されていたケンタ達も無事だったようですのでこれも良かったのではないでしょうか。

 

彼らが無事だったのは吸収して取り込む時間が無かったからだと思われます。

 

今回の戦いでアンドロギュノスの弱点が分かったのは収穫だったのではないでしょうか。

 

イサムの血は特殊なのか、アンドロギュノスには効果抜群だったのであります。

 

それ故に何らかの形でイサムの血を献血して、もしアンドロギュノスが現れた際にそれをぶつける事で弱点を曝け出してくれるので早いうちに倒していけるのではないかと思われます。

 

次回58話はイサム達は先を進む事になるのではないでしょうか。

 

アンドロギュノスを倒しましたが、まだ辺りは夜なので一旦ここらで日が開けるのを待ってから動き出す事になるのではないかと思われます。

 

ルイ達に関しては今回の一件で一応腐れ縁みたいになったと思いますので、食料とかを少し分ける事になるのではないでしょうか。

 

<< 56話 一覧 58話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました