スポンサーリンク

ドメカノ264話ネタバレ考察感想あらすじ!次の結婚報告!

漫画ネタバレ

2020年3月4日発売の週刊少年マガジン2020年14号で、ドメスティックな彼女264話が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女264話では、家族のあと、文芸部にも結婚報告した夏生。

 

無事に報告し、仕事の方も順調に進んでいました。

 

そんな夏生が次に報告する場所とは。

 

本記事では、ドメスティックな彼女264話「「道」のその先」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 263話 一覧 265話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドメスティックな彼女264話のあらすじネタバレ

サークル活動の休憩中、夏生は役職の交代をお願いしに部長の水沢に声を掛けます。

 

夏生は夏を過ぎたら休学しようと考えていた為、部長は引き継げないと言い、部長にこっそりと結婚報告をします。

 

夏生の結婚と妊娠の報告を聞いた水沢は、予想外なことに驚き、大きな声で結婚のことを言ってしまいます。

 

その声を聞いた他の部員たちも騒ぎながら集まり、結局みんなにバレてしまいました。

 

次期部長を夏生に任せようと考えていた水沢は、誰か他に指名したい奴が居るのかと夏生に聞きます。

 

夏生は芹沢が適任だと言いますが、芹沢は高校の時の失敗を引きずっています。

 

そんな芹沢の背中を押そうと他の部員たちに、芹沢の部長就任に賛成な人と挙手を求めます。

 

部員みんなが手を挙げ、嬉しさに涙ぐむ芹沢に夏生は、みんな芹沢のことを信頼していると伝え、次期部長は芹沢に決まりました。

 

 

家に帰ると、新虹社の編集部から荷物が届いたと瑠衣から聞かされ、興奮しながら荷物を開ける夏生。

 

その荷物とは、桃源先生との共著の新しい本でした。

 

完成された本を嬉しそうに眺め、夏生は一冊本を持ってすぐに家を出ました。

 

行き先は桃源先生の家です。

 

仏壇の花を替えてお参りをし、先生の机に本を置いた夏生は、桃源先生に感謝の言葉を述べ、頭を下げました。

 

 

テレビのインタビューに出演した夏生を見ようと、陽菜たちは家族でテレビに釘付けでした。

 

夕食の時にまで、録画していたインタビューを流していたので夏生は恥ずかしそうです。

 

陽菜がネット書店での評価も高いと伝え、賛否両論だが、完成度を評価する人が圧倒的だと言います。

 

夏生は、表立って宣伝することに抵抗があったが、やってよかったと嬉しそうです。

 

 

瑠衣とスーパーで買い物中、夏生はサインが欲しいと声を掛けられます。

 

その様子を陰から見ていた瑠衣に気づき、どうしたのかと聞くと、たくさんの人に尊敬される人と一緒にいるんだと実感し、緊張すると言います。

 

そんな瑠衣が可愛く見えた夏生は、婚約者と一緒にいることは普通のことだから気にしなくていいと瑠衣の頬を触ります。

 

 

夏生の記事を見ている一人の男。

 

今かなり話題になっていると他の社員から聞き、興味を示します。

 

その男の正体とは。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女264話の感想と考察

次の報告先はサークルでしたね。

 

部長にだけ伝えようとしたのに、大きな声で騒がれてしまった為、一気にバレてしまいました。

 

いつかは必ずバレるので、私は良かったと思います。

 

夏生は休学するつもりだったんですね。

 

出産に合わせての休学だとは思いますが、今の時代男性も育児にきちんと参加していかないとやっていけないですよね。

 

女性も働く時代の上、家のことすべてを任せるわけにはいけません。

 

男性一人でも子供を見れるようにならないといけないので、男性も育休を頂いていく時代です。

 

私も子供が居るので、主人にはすべて協力してもらいました。

 

すこし買い物に行くだけでも育児中は気分転換になるので、その間は主人に子供を任せたり、仕事復帰した後は一日任せたりが出来て、かなり助かりました。

 

夏生にも瑠衣が大変な時に、一緒に育児が出来るくらいになって欲しいなと思います。

 

無事に本も完成し、メディアにも出た夏生は、声を掛けられるくらいになりました。

 

嬉しい反面、瑠衣の言うことも分かります。

 

いきなりただの一般人から凄い人になると、その横に並ぶのは緊張したり不安になりますよね。

 

これから何事もなく幸せに過ごして欲しいのに、最後に出た男の人は一体誰なんでしょうか。

 

次回265話を見るのが少し怖いですが、とても気になります。

 

<< 263話 一覧 265話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました