スポンサーリンク

彼女お借りします130話ネタバレ考察感想あらすじ!全力の裏方サポート!

漫画ネタバレ

2020年03月04日発売の週刊少年マガジン2020年14号で、『彼女、お借りします』130話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』130話では、瑠夏を役者として呼び、順調に進む映画撮影。

 

プロデューサーという名の雑用係の和也に、更なる出来事が・・・。

 

本記事では、『彼女、お借りします』130話「撮影と彼女②」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 129話 一覧 131話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女お借りします130話のあらすじネタバレ

河川敷での撮影に移り、瑠夏は和也と一緒に居られて楽しいと、お腹減ったや暑いなど言い、和也をこき使っています。

 

最初は不安だった撮影も、無事に終盤を迎えようとしていました。

 

 

今日は物語の中で大切なシーンを撮る日です。

 

水原やスタッフが打ち合わせをし、撮り始めようとしたところ、大きな蝉の鳴く声が響き渡ります。

 

電車、飛行機、蝉は撮影の3大天敵だとみんな困り果て、蝉が飛び立つまで待とうとします。

 

しかし、もうすぐ日没の為このまま待つと、直前とのシーンと繋がらないとなり、撮影の日程もずらすことが出来ません。

 

困っているみんなを見て、急に走り始めた和也は橋の上に行き、蝉の居る真上から石を投げつけますが、蝉は動きません。

 

和也はごくりと息を呑み、手すりを超え、蝉の居る方へ足を伸ばします。

 

みんなは危ないと、ヒヤヒヤしながら止めていましたが、あと少しで蝉に届きます。

 

水原も見守っている中、和也は手を滑らせ、そのまま川に滑り落ちてしまいます。

 

そのおかげで、蝉を追い払うことができ、スタッフたちはバタバタと撮影を始めました。

 

 

死にそうな状態で川から上がってきた和也に、タオルなどを渡す瑠夏たち。

 

和也はこんなことしかできないがこれで撮影ができると、びしょ濡れのまま水原を見ると、演技で泣いている水原に目を奪われました。

 

夕日に照らされた水原の泣き顔はとても綺麗で、物語の中の響子がここに居ると思ってしまうほどの演技に、スタッフたちももらい泣きをしています。

 

こんなすごい演技をする水原は、今まで寝る間も惜しんで練習をし、何度折れそうになっても、それを糧にして頑張ってきたんだろうと考える和也。

 

小さい頃からの夢を追い続け、これから水原は、とんでもない名女優になるんだと確信しました。

 

水原が有名になり、テレビなどに出て、日本中の人気者になった時、自分はどこに居るんだろうと考える和也。

 

スポンサーリンク

彼女お借りします130話の感想と考察

瑠夏が現れ、かなりこき使われている和也でした。

 

専属マネージャーかなと思うほどで、少し笑えました。

 

河川敷での撮影は、音が多くて大変そうですね。

 

電車や飛行機は聞いたことありますが、夏だと蝉も天敵になるんだと知りました。

 

蝉の音かなり大きいですよね。

 

風の音などはどうしているんでしょうか。

 

撮影について無知なので、こうやって漫画を通じて知識が増えるのも面白いですよね。

 

これだけの撮影にどのくらいの人が要るのか、どうゆう役割の人が居るのか、どんな機材があるのかなど、詳しく知れるのはもちろん、ふんわりでも知れるのはとても面白いです。

 

和也の今回の頑張りは凄かったです。

 

まさか橋の上から行くなんて、見ててハラハラします。

 

そして和也なら、絶対手を滑らすと思っていました。

 

おかげで蝉は飛んでいき、撮影も再開出来ましたが、橋の上から落ちるなんてとても怖いです。

 

私は高い所から飛ぶなどは平気ですが、泳げないので確実に溺れます。

 

あと水面に落ちる時の体の痛みなどが怖くて、絶対に無理だなと思いました。

 

なんとか再開できた撮影、水原の綺麗な泣き顔に釘付けになる、和也の気持ちにグッときました。

 

スタッフたちももらい泣きをするほどの演技、かなり気持ちが入った演技をしていたことが分かります。

 

そんな水原を見て和也が思った、自分との立場。

 

有名になった水原、その時の自分は一体何をしているんだろうと考え始めた和也が、これからどうするんだろうと次回131話が楽しみです。

 

<< 129話 一覧 131話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました