スポンサーリンク

サタノファニ123話ネタバレ考察感想あらすじ!カチュアの秘策が炸裂する!

漫画ネタバレ

2020年3月2日発売の週刊ヤングマガジン2020年14号で、『サタノファニ』123話が掲載されました。

 

サタノファニ123話は、屋上にある武器を手に入れようと壁を使って登っていくあやを追う桜川だったが、最初はあやが逃げているだけだと思っていたが次第に何かあると感じ始めました。

 

屋上へ辿り着いたあやは給水タンクを触り始めたので、桜川は彼女諸共給水タンクをハンマーで叩き潰すが何かしらの違和感を感じたのです。

 

違和感の正体はあやが二刀の刀を手にして桜川の攻撃を防いでいたからでありました。

 

一方、カチュアは根津のほうが先に気持ちよくなってしまいそうでしたので、少しでも注意を逸らせようと目論んだのです。

 

彼女の目論見は通用するのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ123話『初めての快感』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 122話 一覧 124話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

サタノファニ123話のあらすじネタバレ

学校のパイプに手を掴んで地面に落ちないようにしながらあやは鼻血を拭います。

 

そして壁キックする事で屋上へと向かうのです。

 

この様子をハンマーをつっかえ棒みたいにして壁に張り付いていた桜川は、ハンマーの勢いを利用して隣の屋上へと登ります。

 

そこから給水タンクで何かをしているしているあやの姿を目撃したのです。

 

彼女に気付かれないように屋上へと移動しつつ、逃げるなら校舎内に入ればいいのにと、屋上に何かあるのかと思う桜川。

 

そして給水タンクへと向かう桜川は何を考えているか分からないが作戦ごと叩き潰すと思いながらハンマーを振るいます。

 

ハンマーは給水タンクに命中するも、あやを仕留めたという感触は無かったのです。

 

あやは二刀の刀を手にして立ち尽くしていました。

 

桜川は武器を隠していた事と、二刀の刀でハンマーを防いだかもしれない事に驚愕しながらもハンマーを再び振るったのです。

 

二刀流は両手に武器を持っている事から攻撃力が上がると思われがちだが、実際は斬撃できる盾と言う考えから、二刀流の神髄は護りにありました。

 

こうした二刀流はかなりと言っていいほど硬いので、一部の剣道大会では禁止されたくらいでした。

 

桜川のハンマーの一撃をあやは二刀の刀で防いで弾くと、隙が出来た彼女に一撃を浴びせたことで血が飛び散りました。

 

一方、カチュアと根津はお互いに声を上げながら、恍惚とした表情を浮かべており、ダーキニー達はその様子をただ黙って見ていたのです。

 

ワンナイトキラーの異名を持つカチュアは男女を含めた124人と好意を行ってきており、お尻を攻められる事も珍しくありません。

 

しかし、自身のお尻に隠しているメカが動くたびに今まで感じたことがない快感が襲ってくるのです。

 

そのメカは今直腸まで来ていて、あと少しで出てこようとしていました。

 

しかし、カチュアが感じている快感は彼女の大事な部分に玩具を入れている根津にも振動として伝わっており、その玩具から硫酸が放たれるのが先になりそうになっていたのです。

 

このままでは不味いと思ったカチュアは僅かでも意識を逸らさせようと根津がジェフリー・ダーマーなのを利用しようと考えます。

 

それ故に自分は根津にメロメロであり、お互いの相性が良くて理解できる存在であると言って根津の動きを止めたのです。

 

ジェフリー・ダーマーは幼少期は動物の遺体に興味があり、持ち帰って研究をしていました。

 

やがて自分がゲイだと知り、男性の遺体との行為を楽しんだのだがそんな癖は理解されない事を知っているので孤独でした。

 

逮捕された時、遺体こそが本当の仲間のように思えたと言っていました。

 

根津がカチュアの言葉を真剣に聞いているところへ、カチュアのお尻からメカが出てきたのです。

 

メカの正体は自立型殺人メカキャタピラーであり、先端の針が根津のお尻に直撃すると猛毒が注入されました。

 

余りの痛さに根津は玩具をカチュアの大切な部分から外すと同時に玩具から硫酸が飛び出て、彼女の体に命中したのです。

 

スポンサーリンク

サタノファニ123話の感想と考察

あやと桜川の戦いは、桜川の方が圧倒的に有利でしたが徐々にあやが巻き返した感じがしますね。

 

かなりの重量故に威力があるハンマーに対して、二刀の刀で防いで弾くの刀の扱いに長けているあやだからこそ成せる技なのでしょうね。

 

彼女が攻撃をした際に血が飛びましたが、桜川には命中したと思いますが彼女の身体能力からかすっただけの可能性が高いと思い割れます。

 

カチュアの方は実に淫靡な勝負でしたが、紙一重でカチュアが勝利しましたね。

 

根津が宿している者の情報を利用して情に訴えかけたのが良かったのでしょうね。

 

根津がカチュアの話に乗る事無く、彼女を気持ちよくさせる事に集中していたら間違いなくカチュアは負けていたと思いますので実に紙一重だなと思いましたね。

 

次回124話はレイカがカチュアを助けるのではないでしょうか。

 

淫靡な勝負に負けてしまった根津は玩具から放たれた硫酸を浴びてしまいました。

 

硫酸を生身の体でもろに浴びてしまったのですから、彼女はとても苦しむ事は間違いないでしょう。

 

しかもダーキニー達も根津の方に目が行っており、倒れているレイカには目もくれていません。

 

主人である根津の方が大事なので無理もないと思われ、この隙にレイカが彼らを気絶させて拘束されているカチュアを助ける事になるのではないでしょうか。

 

<< 122話 一覧 124話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ サタノファニ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました