スポンサーリンク

カイジ339話ネタバレ考察感想あらすじ!辿り着く、地球のド真ん中!

漫画ネタバレ

2020年1月20日発売の週刊ヤングマガジン2020年08号で、『賭博堕天録カイジ』339話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』339話は、遠藤の帰還から一日が経ち、部下たちが指示された業務の報告をするという話です。

 

チラシ作成にキャンピングカーの販売・レンタル店の調査といった指示からカイジ達に迫る事は出来るのでしょうか。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』339話『肉薄』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

カイジ339話のあらすじネタバレ

遠藤率いるカイジ捜索班のアジトでは、遠藤部長の指示通り翌日になってもキャンピングカーの販売・レンタル業者への電話での聞き込みが続いています。

 

そんなアジトへ再び就寝の為に帰宅した遠藤が戻って来ます。

 

席に着くなり、遠藤は指示した事の報告をさせます。

 

まずは購入のセンを潰したとの報告です。

 

クルマの購入時に必要な印鑑と印鑑証明を役所に取りに来た形跡が無いということから、キャンピングカーはレンタルであるという事に絞られます。

 

次は電話帳でキャンピングカーをレンタルしている全国の業者をピックアップし、その店舗に近い帝愛支店の者に出向かせます。

 

全国的にもキャンピングカーのレンタルを行っている会社はそれほど多くなく、既に全ての業者とコンタクトは取れたものの、無期限的に貸し出しているキャンピングカーは皆無と言う結果でした。

 

しかし、五日以上現在貸し出し中のモノを戻ってきたら借りるという条件に変更して聞きだしてみると、カイジ達が借りているものは3台のクルマに絞られました。

 

FAXで送られたクルマの写真を見ても遠藤の顔は曇ったままです。

 

そのクルマ写真から、今度はチラシの作成報告です。

 

2つあるうちのAパターンにはクルマの写真も掲載されていますが、遠藤は即答で却下します。

 

チラシを見た兵隊(帝愛の債務者)はその3台と思い込み、それ以外のクルマはスルーしてしまうようになってしまう可能性があり、その3台に乗っている可能性が低い時点で見逃してしまう可能性が出て来ると遠藤は説明します。

 

そして提示されたBパターンでは、車の写真は排除され、キャンピングカーにいるという事だけがカイジ達の顔写真と共に載せられています。加えて、借金の高金利もカイジ達のせいだというフレーズも添えられています。

 

それでも遠藤の顔は晴れないまま、不満そうです。

 

チラシの成果は出来よりもスピードと言う事でBパターンが渋々採用されました。

 

せっかくの閃きも無駄になりそうで浮かない表情の遠藤に、部下は報告を続けます。

 

よくよく聞き、頼み込むとキャンピングカーの販売・改造店の中にも貸し出しもしている業者があるのではと、指示以上の働きをしていた事にようやく遠藤は笑みを見せました。

 

その聞き込みの結果絞られた店は7件。

 

店名が長すぎてレンタルも扱っている事を電話帳には載せられなかったその7件のリストには、カイジ達が借りた地球のどまん中もありました。

 

残念ながら長期で貸し出しているクルマは無いという結果でしたが、遠藤はリストを見て気付きます。

 

ちきゅうのどまん中に電話した時の反応を尋ねますが、特別な反応は無いとの事。

 

それでも遠藤はど本命と断言します。

 

住所を見ると、カイジ達が借りた囮のエスティマが乗り捨てられていた立体駐車場と同じ市内なのです。

 

もはや確信した遠藤は、自ら地球のどまん中に向かいます。

 

スポンサーリンク

カイジ339話の感想と考察

いよいよカイジ捜索も大詰めと言う雰囲気が出てきました。

 

心なしか、遠藤の表情も黒崎GMとの1日の疲れも回復したように見えます。

 

チラシに関しては遠藤が言う通り、自分が債務者だったとしてクルマの写真を載せてしまうとそのクルマしか見なくなってしまうだろうなと予測も出来てしまうので正解です。

 

即却下なのも頷けます。

 

そもそもキャンピングカーが街中を走っている時点で目立つから目は向けてしまいますが、ドライバーまで見るかと言われると見ないですが、懸賞金が掛けられている上に、自分の借金の金利が高いのはこの三人のせいと言われたら探し出してやろうという気にはなるかもしれないので、Bパターンは良いですね。

 

そして、辿り着いてしまった『地球のド真ん中』。

 

もう出ないと思っていた店主のおじさん、ちゃんと約束を守ってカイジ達を秘匿してくれました。

 

けれどこれはカイジ達のミスですね。

 

せめてエスティマを乗り捨てたのが別な町内なら遠藤もここまで確信を持っていないかもしれません。

 

次回、地球のどまん中の店主VS遠藤のようですが、どうなってしまうのでしょうか。

 

ここまで成果の無かったカイジ捜索が一気に進んでしまったので、やはり黒崎GMとの一日は無駄ではなかったのでしょう。

 

店主が痛めつけられる事が無い事を祈りながら、次回を楽しみに待ちましょう。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました