スポンサーリンク

なれの果ての僕ら7話ネタバレ考察感想あらすじ!山口の仕業だとバラされる!?

なれの果ての僕ら

2020年2月26日発売の週刊少年マガジン2020年13号で、『なれの果ての僕ら』7話が掲載されました。

 

なれの果ての僕ら7話は、しょーやんは山口に毒を入れた事をバラされたくなければ肉体関係になるように迫りますが、山口は誰の言いなりもならないと言って拒否します。

 

それ故にしょーやんは山口が毒を入れた事を皆に話したので、彼女は水野に殴られると拘束されてしまったのです。

 

山口は毒で始末した相沢を始め、倉本、小山内にいじめられていたと話し、ネズに冷たく当たったのは気持ち悪いと感じていたからでありました。

 

そして彼女の処罰を巡る、学級裁判が始まろうとするのでした。

 

本記事では、なれの果ての僕ら7話『動物農園』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 6話 一覧 8話 >>

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら7話のあらすじネタバレ

しょーやんは誰もいない教室内で山口を押し倒していました。

 

その理由は先程山口が猛毒が入っている瓶を相沢のコップの中に入れていて、それを飲んだせいで相沢が命を落とし、その一部始終を撮っていたからでした。

 

しょーやんは山口にもしバラされたくなければ行為をしてくれと迫り、彼女の事だからバレたくはないだろうと思ったしょーやんは彼女の服の中に手を入れていきました。

 

そんな彼の思いとは裏腹に山口は彼の大切な部分に蹴りを叩き込むと、バラしたければバレせばいいと、もう理不尽を押し付ける者達の言いなりになりたくないと言って去っていったのです。

 

その頃、ネズは命を落とした相沢の遺体を見ていると未来がやって来て彼を抱きしめました。

 

そして何の相談もなしに毒を持ち出して、みきおを始末しようとしていた事を詫びたのです。

 

対してネズはみきおとはそれ程深い関係じゃないけど生きて罪を償ってほしいだけと答えました。

 

そして未来に誰かにバレたら不味いと言うと、未来はもう少しだけこのままと呟いたのです。

 

その頃、しょーやんは他の面々に山口が相沢を始末したことを大声で言い放ち、証拠のスマホの映像も見せつけました。

 

それを見た水野は憎悪を宿した表情をすると瞬く間に走る山口に追いつくと、彼女が振り返ったと同時に思いっきり殴りつけたのです。

 

ネズは暴力は駄目だと言うが、その間に倉本達が山口を押さえつけると水野は蔑んだ表情をしながら殺人鬼と言い放ちました。

 

そして山口は縛り上げられるも放せと叫んだため、水野は彼女の顔面を容赦なく蹴ったのです。

 

ネズはやり過ぎだと言うが、水野は別にいいだろうと吐き捨てるかのように言いました。

 

そんな中、雨宮は山口が相沢を始末したからには何か理由があると思っており、それはどうしてなのかと聞いたのです。

 

倉本も問い詰めると突然山口は狂ったかのように笑い始め、倉本に対して鳥頭過ぎて笑えると口にしました。

 

そうしたら水野が御託はいいと言わんばかりに殴りつけ、さっさと話すように言い放ったのです。

 

山口は始末した相沢、倉本、小山内にいじめを受けていたと告白し、倉本と小山内は否定しました。

 

山口は橘にいじめられていた雨宮に同意を求めると、彼女と同じ境遇の雨宮はそうねと同意したのです。

 

いじめた奴らがいる同窓会に何故山口が来たのか、それは自分をいじめていた者達の反応を見るためでありました。

 

山口は彼女達が自分を見て、困惑するか不快な顔をするか反省しているかを見ようとしていましたが彼女達は全部忘れていたので気持ち悪いと吐き捨てたのです。

 

しかも彼女達同様にこの事を知らないクラスメイト達も気持ち悪いと罵るも、本当は過去の事を一番嫌だと言います。

 

ネズに対してクラスメイトの中でも一番気持ち悪かったと吐露したのです。

 

しかし、水野は山口の過去に興味は一切なく彼女をどうするかしか興味がありません。

 

溝口は山口の発言からボコボコにした方がいいと言い、倉本も同意しますが他は縛りつけておくだけでとどめようとしていたのです。

 

そんな中、おかっぱ頭の子が学級裁判をしようと提案してきました。

 

この事を教室の外から聞いていたみきおは面白そうになりそうだという表情をしていたのです。

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら7話の感想と考察

結果的に拒否したせいで、山口は罪に問われる形になってしまいましたね。

 

これは漫画ではよくある事ですが、いじめていた者はいじめられた者の事なんて綺麗さっぱり忘れていますし、その自覚もないという展開です。

 

私も似たような経験がありますので、山口には同情しちゃいましたね。

 

しかし、ネズに冷たく当たっていた理由については意味深な感じがしました。

 

これはネズの小学生時代とかの回想で、山口が言っていた気持ち悪いという理由が明らかになるのではないでしょうか。

 

次回8話は山口に対する処罰が明らかになると思われます。

 

彼女はいじめられていた相手だとは言え、毒を用いて始末したので彼女の罪は重いでしょう。

 

犯人探しに積極的で場合によってやられる前にやるみたいな態度をとる水野は断罪に処す可能性があり、いじめていた倉本や小山内も同意すると思います。

 

それに山口のあの性格から、かなり恨まれていた可能性があると思いますので他の人も水野と同意見の可能性があるでしょうね。

 

ネズはもう誰も死んでほしくないから反対し、未来も恐らくそうなると思います。

 

雨宮もどちらかと言えば山口と同じようにいじめられていた経緯がありますので、彼女に同情した反対するでしょう。

 

<< 6話 一覧 8話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました