スポンサーリンク

ゴールデンカムイ231話ネタバレ考察感想あらすじ!遂に子供が産まれる!

漫画ネタバレ

2020年2月27日発売の週刊ヤングジャンプ2020年13号で、『ゴールデンカムイ』231話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ231話は、アシリパの祖母であるフチがいる村へとやって来た谷垣とインカラマッ。

 

しかし、何時月島がここを嗅ぎ付けてくるか分からないので、谷垣は山の中で迎え撃とうとしていました。

 

その前に月島が現れて谷垣を痛めつけると、インカラマッやフチに会ってからずっと選択を誤っていたと言い放って銃口を向けたのです。

 

そこへ鯉登がやって来て、無意味な殺生をやめるように命じました。

 

果たして、谷垣達は助かる事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ231話『出産』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 230話 一覧 232話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ゴールデンカムイ231話のあらすじネタバレ

月島の追跡から何とか逃れた谷垣とインカラマッはフチの小屋で世話になる事になりました。

 

谷垣は第七師団の兵士が見張っているはずだと言うと、オソマの母親はその兵士にはたらふく酒を飲ませたから昼までは絶対に起きないと言ったのです。

 

そしてフチはインカラマッのお腹を触る事でお腹の子供が男か女かを確認しており、男だったらうつ伏せ、女だったら仰向けに出さないと寿命が短くなると言い伝えられていました。

 

谷垣はお腹を触っただけで分かるのかと聞くと、オソマの母親は骨盤の大きさで分かると言ったのです。

 

それにフチは首の後ろにいる憑神から子供の性別を教えてもらっていて、19歳の時からお産を助けているとりあげ女として人気であり、アシリパも彼女の手によって産まれたのだとオソマの母親は言います。

 

谷垣はインカラマッの事をフチ達に任せると、この村の事を知っていてここに来る可能性が高い月島を迎え撃とうと銃を手にしたのです。

 

インカラマッは戦わないでと言うと、谷垣は自分は不死身だから大丈夫だと言って外へ出ようとします。

 

しかし、外には既に月島がおり、呆気に取られている谷垣から銃を奪い取ると彼を痛めつけていたのです。

 

谷垣は始末するのならば自分だけにして、インカラマッとフチは見逃せと言います。

 

対して月島は隊に戻らずにインカラマッとフチと出会ってからずっと選択を間違えたと言って、銃の銃口を構えていたのです。

 

そこへ鯉登が馬に乗って現れるとこれ以上はやめるように言うと、月島は谷垣達が逃げられるかどうかつけているのかと聞きます。

 

鯉登は2人を始末しても意味ないと、谷垣の存在がアシリパを見つける鍵になるわけではないと、脅しは実行しなければ意味がないと言ったのです。

 

そんな鯉登に月島は拳銃を取り出して銃口を向けると、邪魔をするなら始末すると、鯉登も鶴見を裏切ったのかと言います。

 

そして鯉登は親子共々利用された事で鶴見に逆らう存在なのかと問いかける月島。

 

これに対して鶴見は、これは上官命令だから銃を下ろせと、自分は鶴見と月島の行く末を見届ける覚悟だと答えたのです。

 

鯉登は月島同様に鶴見の行く道の途中で皆が救われるなら別にいいという考えをしており、そのためなら自分や父を幾ら利用しようが構わないと言います。

 

そして鶴見の本当の目的を見て納得出来ないのなら後悔と罪悪感に襲われると言う鯉登。

 

対して月島は、自分は大勢の人々を始末し、利用して始末した者も多いからもう遅いと言うも、鯉登はまだ遅くないと言います。

 

そして厳格さを保っているのは捨てたものが多すぎるせいなのかと鯉登は言うと、月島は少し黙ってからインカラマッにあの子はと言い、彼女は手を出してあげていったのです。

 

そんな中、陣痛が起こったのでオソマの母親はもうすぐ子供が産まれるから3人に手伝うように指示し、色々なものを持ってくるように命じました。

 

そして様々な作業や準備の末に、インカラマッは無事に出産する事が出来たのです。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ231話の感想と考察

無事に子供が産まれて良かったですね。

 

月島が来て、色々騒ぎとかがありましたので少し不安に感じていましたが流産とかしなくてよかったと思いましたね。

 

それにしてもアイヌでは子供を産むために、色々な道具を集めたり、出産のためにおまじないをしたりと色々忙しそうな様子が見受けられました。

 

そしてこの時代はまだ子供を産むための技術がまだそれほどでもありませんでしたので、インカラマッの表情を見ているとかなりしんどそうですね。

 

人の手によって子供が出されますので、少しでもミスをすれば妊婦と子供の両方を危険に晒してしまいますので両方とも大変そうだなと思いました。

 

次回232話は子供の性別が明らかになり、谷垣が子供を抱く展開になるのではないでしょうか。

 

今回の話の中でインカラマッは出産する際、仰向けになっていましたので女の子の可能性が高いと思います。

 

そして子供が出産しましたので、インカラマッは母親、谷垣は父親になったという事です。

 

それ故に産まれたばかりの子供は主にインカラマッが抱いていますが、谷垣も抱きたいと思っていると思います。

 

そして谷垣は抱き、鯉登は産まれた子供に罪はないとありきたり台詞を言って月島と共に撤退するのではないでしょうか。

 

<< 230話 一覧 232話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました