スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊208話ネタバレ考察感想あらすじ!秒読み段階になった大災害発生

漫画ネタバレ

2020年2月26日発売の週刊少年マガジン2020年13号で、『炎炎ノ消防隊』208話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』208話では、大災害前最後のミサが開催されました。

 

このミサはショウ不在で開催されますが、カロンはそのことを気にしていましたが、ハウメアは全く気にしていませんでした。

 

それには理由がありましたが、そのことを知っていたのはシスタースミレでした。

 

果たして、なぜハウメアはなぜショウ不在でも問題ないと思っていたのでしょうか。

 

続いて、前回の大災害後の出来事が描かれ、いよいよ大災害に向けて最終段階に進もうとします。

 

本記事では、炎炎ノ消防隊208話『終末集会』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 207話 一覧 209話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊208話のあらすじネタバレ

ミサの会場に集まったたくさんの白装束の一団。

 

「伝導者の命によりミサを始める」

 

ハウメアの開会の宣言の直後、一同は祈りの言葉を唱え始めます。

 

その最中、ハウメア・カロン・シスタースミレは会話をしていました。

 

ショウの話題になり、いなくなったことで計画に支障がないのか気にしていたカロン。

 

「今までは“アドラバースト”の覚醒が狙いで柱を集めていただけです」

 

そのように言ったのはシスタースミレでした。

 

 

そして、柱はどこにいても大災害は起こると考えていたハウメア。

 

その話を聞いていたインカは多くの人間が大災害で亡くなることを想像して大喜びしています。

 

一方、インカの守り人のリツはインカが倒れるまで守ることを誓いますが、インカは先にやられるのはリツであると思っていました。

 

リツの話を踏まえ、インカは自分とリツのうち先に死ぬのはどちらか勝負することを提案しました。

 

そして、ヨナはハウメアに大災害の準備がどうなっているのか確認します。

 

「私の方も準備はできている」

 

そういうとハウメアは何かと交信し始めました。

 

交信後、伝導者の気持ちを告げたハウメア。

 

一方ヨナは前回の大災害から250年も経過していたことに驚いていました。

 

「あの時から待ちわびていたわ」

 

そう言うと、次のページから250年前の話が描かれます。

 

ヨナがこの世界にやって来ることができたのは大災害が失敗したもののアドラとのつながりが強くなったからでした。

 

そして、その時に蟲も連れてきていました。

 

この世界に着いてすぐに最初に出会った人間を殺害。

 

ヨナは影響力を持つ人物に成り代わりたいと思っていたのでこの行動をとりました。

 

さらに、目の前にいた女性は一柱目の天照になる女性でした。

 

そして、ヨナの計画では天照のアドラバーストで文明を築き、それにより柱を生むことでした。

 

続いて出会ったのは生存者たちのキャラバンのリーダーであるラルフスでした。

 

ラルフスこそ指導者としてふさわしいと判断し、彼を殺害し彼の姿に変身しました。

 

そして、ラフルスの姿に成り代わったヨナは人々の前に天照と持ってきていました。

 

その後、今日にいたるまでの文明を造ったのでした。

 

聖陽教はその時に作ったものでした。

 

ミサの会場に現れたのは7人の白装束の戦闘員たち。

 

その中にはドラゴンも含まれていました。

 

「“大災害執行特殊部隊”も来たか」

 

今回招集された7名は、カロン曰く大災害を発生させるうえで必要な部隊のメンバーでした。

 

集められたメンバーに対してあまり印象を持っていないドラゴン。

 

「主に勝てるものなどこの現世にはおらん」

 

ドラゴンの前には彼の強さを認めるフェアリーと呼ぶ新キャラの姿がありました。

 

いよいよ最終準備に取り掛かろうとするカロンたち。

 

ハウメアはシスタースミレに声をかけます。

 

すると、スミレは力をためてその場で地震を発生させました。

 

一方、地上では地震の揺れを不安視する2人が話をしていました。

 

そんな彼らの話題は大災害が再び起ころうとしているという事でした。

 

「地上の人間たちも怯えている」

 

ハウメアがそのように言うと、不気味な雰囲気を醸し出すスミレは次の地震を発生させようとしていました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊208話の感想と考察

ショウのシンラを探す旅に進展がなかったのが予想外でした。

 

次回209話も大災害に向けた最終準備という事で2回目の地震を起こそうとしているので、次回も地下の伝導者の一派メインで話が進むと思いますので特に進展はないのと思います。

 

しかし、地震に気づいて地上にいるショウとアローの会話シーンが出るとすると、そこから先は2人のやり取りが続いて最後にシンラと遭遇というのもあり得るかもしれません。

 

また、1回目の大災害後のことが描かれていましたが、聖陽教の誕生がヨナの思い付きで誕生したというのはすごい雑に思いました。

 

さらに、大災害に向けて最終段階に移行しています。

 

そこで現れた大災害執行特殊部隊についてですが、フードや仮面で3人まだ素顔がわからないメンバーがいたり、フェアリーという新キャラも登場しています。

 

屠り人のドラゴンが登場しているので、お面をかぶっている2人のうち1人は府中大牢獄でドラゴンが登場前にアーサー達が戦おうとした屠り人の1人の可能性があると思います。

 

仮にそうであるとすると、その人物と戦闘がないままドラゴンとの戦闘になってしまっていたので、そのキャラがどんな能力を使うのかが楽しみです。

 

そして、いよいよ大災害を起こそうとしていますが、シスタースミレが発生させた地震との因果関係がまだ判断できません…。

 

次に発生させる地震でそれがわかると思うので、2度目の地震のあとに何が起きるのかとても楽しみです。

 

<< 207話 一覧 209話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 炎炎ノ消防隊
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました