スポンサーリンク

鬼滅の刃195話ネタバレ考察感想あらすじ!生に執着した無惨を追い詰めろ!

漫画ネタバレ

2020年2月22日発売の週刊少年ジャンプ2020年13号で、鬼滅の刃195話が掲載されました。

 

194話では、無惨の体に傷が残っていることが判明しました。

 

これはかつて縁壱がつけた傷であり、その日のような傷がずっと残りぎりぎりと無惨の体を焼いていたのです。

 

柱である伊黒も鏑丸の援護と共に加わり、炭次郎と力を合わせて無惨を退けようとするのです。

 

そして兪史郎たち他の平隊士達は、血清を飲ませたり、手当をしたりと何とか戦力を増やそうとしているのです。

 

鬼殺隊の隊士達がそれぞれやることをやり、無惨に対抗しようとしているのです。

 

本記事では、鬼滅の刃195話「めまぐるしく」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 194話 一覧 196話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃195話のあらすじネタバレ

無惨は初めて縁壱と会ったときのことを思い出していました。

 

その男は初め、弱く見えたと言います。

 

覇気も闘気も憎しみも殺意もないような男が頚を刎ねて切り刻み、何百年もの間太陽の光のように無惨の肉に細胞を灼くことを、無惨は今でも憎み続けていたのです。

 

それを神や仏などに予想もしない、出鱈目なおとぎ話、と言いながら、無惨は縁壱を本当の化け物と称していたのです。

 

自分を化け物ではないとしながら、ぎりぎりと歯を食いしばりながら縁壱を呪うのでした。

 

そんな無惨をみながら炭次郎は、傷を隠せなくなっている、取り繕えなくなっていると分かり、確実に弱っていることが分かります。

 

みんなでつないだ一秒が、無惨をここまで追い詰めたのです。

 

絶対に倒すから、最期までちゃんとやる、と炭次郎はもう一度刀を握りなおすのでした。

 

そして無惨の傷が徐々に移動をしています。

 

心臓と脳にある場所に動いていると炭次郎が見つけ、攻撃に押されて透明な世界が感知できなくても急所が狙えると気付きます。

 

鏑丸の手助けにも限界があるからと伊黒の目をなんとかしなければ、と炭次郎は頭を働かせます。

 

そして目は兪史郎の札の存在を思い出します。

 

夜明けまで四十分と伝書鴉が叫ぶと、無惨の顔色が一変します。

 

その瞬間に無惨は地面を蹴り、逃げ出したのです。

 

「逃げた!!逃げた、伊黒さん、無惨が逃げた!!」と炭次郎は声を上げます。

 

その炭次郎の言葉に伊黒はハッと思い当たるのです。

 

無惨は誇りを持っている侍でもなければ、感情で行動する人間でもない、という当然の事態に気付いたのです。

 

無惨は生きることだけに固執している生命体です、夜明けも近く命が脅かされれば逃亡することにも一切の抵抗がないのです。

 

無惨はどんどん逃げていきます、しかも隊士の亡骸を踏みつけにしながら逃げていくその姿に、炭次郎は怒りが頂点に達します。

 

炭次郎はそんな隊士達の刀を投げつけ、無惨の意識を繋ぎとめようとするのです。

 

しつこい虫ども、と炭次郎を称して、今は斬撃よりも体深くに刀が貫通する方が危険だと判断した無惨は、炭次郎が投げる刀を避けるので精一杯です。

 

すると、その首に伊黒が刀を突き立てます。

 

そしてその隙を炭次郎はしっかりと次いで、日の型を叩き込みます。

 

そして拾った兪史郎の札を伊黒に投げ、鏑丸の視界と共有するように勧めるのです。

 

しかしそれを無惨は攻撃で防ごうとします。

 

しかし「伊黒さん、大股三歩右へ飛んで!」と炭次郎は支持します。

 

そしてそれを鏑丸はうまくキャッチして、伊黒との視界を共有します。

 

絶対に無惨を逃がさないと動く二人に、無惨の息切れも、体力限界も近付いています。

 

そしてそこに、禰豆子が到着したのです。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃195話の感想と考察

いよいよ禰豆子が到着しました。

 

夜明けまであと四十分となり、日が昇るまで炭次郎が型を繋ぎ、伊黒が無惨を足止めし、禰豆子が何かしらの最後の攻撃をする、というのが流れとして考えられるでしょう。

 

であれば、今後ほかの隊士達が加われば無惨討伐はさらに確実なものとなります。

 

さて、今回最も熱いのは伊黒と炭次郎の共闘シーンでしょう。

 

もともと仲が悪かった、というか一方的に嫌われていた炭次郎に対して、伊黒が直に礼を言い、さらに炭次郎に対して、「二人ならできる!」と声をかけて挟んで立ちまわるように指示をします。

 

鏑丸との視界共有に始まり、蛇柱としての術技もかなりものでした。

 

もう一つ、平隊士のシーンが個人的にはとても熱いなと感じました。

 

亡くなった隊士達の体を踏みつけていく無惨に対して、キレた炭次郎はその平隊士達の刀を無惨に投げつけるのです。

 

無惨が足蹴にした存在力が、炭次郎の手によって無惨を脅かしているのです。

 

このことはかなり心に来る演出だなと感じました

 

さて、最後にシリーズの終結かどうか、ですね。

 

未だに全くどう決着をつけるのかが見えてきません。

 

個人的にはまだ終わってほしくないというのが本音ですが、これは容赦なく鬼滅の刃が完結しそうな流れだと思いました。

 

あまりにもメインキャラクターの死亡が多く、作者さんが締めようとしているのではないかとすら思います。

 

これで逆に話が続くとそれはそれで楽しみではあるのですが。

 

とにかく展開が全く読めない鬼滅の刃が楽しみですね。

 

<< 194話 一覧 196話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました