スポンサーリンク

鬼滅の刃188話ネタバレ考察感想あらすじ!伊黒の過去

漫画ネタバレ

2019年12月23日発売の週刊少年ジャンプ2020年4・5合併号で、鬼滅の刃188話が掲載されました。

 

無惨と珠世を取り逃がしたこと、そして兄が鬼になったこと、それらすべての責任を負い鬼殺隊を追われた縁壱は、子供を抱いた時に止まらない涙をあふれさせるのでした。

 

そんな縁壱の悲痛なまでの痛みを知り、戦いのさなかに居るのにもかかわらず。炭次郎は涙を流し彼の幸せを願っていました。

 

それでも現実世界において無惨の力は増す一方であり、それと対峙する鬼殺隊の柱たちは限界が近付いているのでした。

 

本記事では鬼滅の刃188話「悲痛な恋情」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃188話のあらすじネタバレ

炭次郎が無意識世界の中で縁壱と対面を果たしている間にも、無惨は力を増し攻撃の精度も上がっていました。

 

対する柱たちは、痣者が増えたと言えど、ただの人に違いがありません。

 

最も力量があるとされている岩柱、悲鳴嶼でも防ぐのがやっとの状態で、徐々に鬼殺隊の劣勢が見えてきます。

 

冨岡、不死川が呼吸で対峙し、それに続こうと伊黒と甘露寺も続きます。

 

しかし甘露寺は一度無惨の攻撃を食らっているために、もはや無意識に、勘と運でよけていると言っても過言ではありませんでした。

 

少しも役に立てていないと歯を食いしばりながらなんとか攻撃を食らわせようと動くものの、甘露寺は攻撃より動きを止めるほうがと考えを改めます。

 

しかしその時、何か別の力に惹かれるようにして、甘露寺の体を無惨の攻撃が貫いたのです。

 

左半身をえぐるような攻撃を目の当たりにした伊黒はその体を抱きとめに駆けつけます。それを見ていた他の隊士も、甘露寺自身は攻撃をよけたはず、と事の異常さを察知するのです。

 

倒れ伏す甘露寺を守るように立つ伊黒、そしてさらにそこに攻撃を当てようと近付く無惨に、悲鳴嶼、不死川、冨岡が即座に援護に回ります。

 

その間に伊黒は甘露寺の体を支えながら平隊士の元まで届けたのです。

 

伊黒は、兪史郎を探し手当を頼むと言い、その場を去ろうとするものの、甘露寺はまだ戦える、と瞳孔が開ききった表情で伊黒にすがろうとします。

 

しかし伊黒はその体を抑え、もういい、よくやったと彼女を抑えるのです。

 

去り行く伊黒の背中に甘露寺は叫びます。

 

私も行く、伊黒さん、嫌だ、死なないで、と。

 

その悲痛なまでの叫びを聞きながら、伊黒は再び戦場に戻ります。

 

その頭の中には、深い愛情があったのです。

 

鬼という存在がいない、何気ない日常で出会うことができていたなら、と考えをめぐらす伊黒でしたが、それはあり得ない、否定します。

 

まず一度死んでから、汚い血が流れる肉体ごと取り換えなければと彼は思うのでした。

 

そして、伊黒の過去が明らかになるのです。

 

伊黒はもともと、人を殺して私腹を肥やす汚い血族の人間だと言います。

 

強奪した金で屋敷を構え、飯を食らい、する必要もない贅沢をする、恥を恥とも思わない、業突く張りで見栄っ張りの醜い一族であると告白します。

 

女性ばかりが生まれる家であり、男の子が生まれたのは三百七十年ぶりでした。

 

そして伊黒は、生まれた時からずっと座敷牢に入っていたのでした。

 

血族たちはみな、猫撫で声で気色が悪いほど親切で、とにかく毎日食べ物を持ってきたのです。

 

換気もままならない充満する油のにおいに吐き気すら催していました。

 

そして座敷牢は夜になると、何か巨大なものが天井を這いまわる音と何者からの視線で、幼い伊黒が動くことはできませんでした。

 

そして十二になった彼は座敷牢から引きずり出されます。

 

きらびやかでごてごてな豪華な部屋にご神体のように鎮座していたのは、下肢が蛇のような女の鬼だったのです。

 

伊黒は夜の音と視線の正体にすぐに気づきました。

 

彼の一族は、この蛇鬼が人を殺して奪った金品で生計を立てていたのです。

 

そしてその代償に、赤ん坊が生まれたらその赤ん坊を生贄としてささげていたのです。

 

伊黒は、長年待ち望んだ男の子であり、この鬼に大層好かれていたために、成長して喰う量が増えるまで生かされていたのです。

 

そしてもう少し肥やせるという言葉と共に、鬼と同じ口の形に切り裂かれ、溢れ落ちる血をささげられたのです。

 

再び座敷牢に戻された伊黒は盗んだかんざしで木の格子を削り続けました。

 

気付かれるのではないかとおびえながら毎日神経をすり減らし、その時に出会った蛇の鏑丸だけが信用できる生き物でした。

 

そしてとうとう脱出した彼のもとに、件の蛇の鬼が襲い来るものの、当時の炎柱に助けられたのです。

 

しかしその時に生き残った従姉妹から彼は罵倒の嵐を受けることになります。

 

彼が逃げたことで五十人が死んだのだと、みんな喰われたと言います。

 

その言葉に正当性は全くないものの、伊黒の心をしっかりとえぐっていきました。

 

そんな伊黒が普通の生活はできないと判断し、彼は鬼殺隊に入隊しました。

 

誰かのために命を懸けると自分が何か少しでもいいことをした気になれたと言います。

 

しかしそれでも彼の心には親族五十人分の腐った手が張り付いていました。

 

無惨を倒して死にたい、とまで言い切った彼は、鬼のいない平和な世界でもう一度人間に生まれ変わり、甘露寺に告白をしようと決めていたのです。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃188話の感想と考察

心が苦しくて、最後のページを開いたまましばらく何もできずにいました。

 

おそらくひとめぼれというものであったのでしょうが、伊黒の甘露寺への気持ちがあまりにも美しすぎて、何も言えませんでした。

 

今の体での恋の成就など望んでおらず、生まれ変わったら、という考えがなんとも悲しく、今すぐにでもくっつけばいいのにと思っていた自分を殴りたいです。

 

され、物語の展開としては、とても厳しいものになっています。

 

炭次郎の復活、禰豆子の到着が無ければ押し切られる可能性すら考えられます。

 

今のうちに、兪史郎、そして炭次郎の同期達の到着が待たれます。

 

次回以降も目が離せません。

 

<< 前話 一覧 次話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました