スポンサーリンク

アンサングシンデレラ12話ネタバレ考察感想あらすじ!隠し事の罪悪感

漫画ネタバレ

『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』は、月刊コミックゼノンにて連載されている荒井ママレ先生による人気漫画です。

 

12話は、摂食障害で入院する事になった女の子のお話です。

 

ただ、この女の子だけの問題ではなく同じく萬津総合病院に入院している末期がんのおじいちゃんとも物語は同時進行し、今回はいつもと違って少々雰囲気は重ためです。

 

本記事では、『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』12話『霧の中』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 11話 一覧 13話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アンサングシンデレラ12話のあらすじネタバレ

人はいつか死ぬ。

 

その死期を自分なら知りたいと思う芝崎樹里は、死ぬ事など考えていないからそう思うのではないかと自問自答し続けます。

 

学校で友達とお弁当を食べている時にも、そんな問答を続けてしまう樹里は傍目にもヤバいと思われるほどの痩せ方で、病院に行く事になりました。

 

小児科で診察を受ける樹里は、食堂を営んでいる父と祖父の3人暮らしです。

 

指に吐きダコも見られない事から、自分で吐いているわけではなさそうと診断し話を聞いてみます。

 

すると、樹里の父はこの病院に末期の胃がんで祖父が入院していると言い、一緒に過ごす時間が長かった樹里にはそのショックも大きかっただろうと話してくれました。

 

臨床心理士との面談も多めに設定し、心のケアも万全で入院生活は始まります。

 

早速処方された薬を確認するみどり。

 

胃炎と診断された樹里の血液検査にはCRP(C反応性タンパク)上昇以外は特に問題は見られませんでしたが、『ホスリポン』という薬が引っ掛かりました。

 

久保山先生に確認すると、『リフィーディング症候群』という名前を出され、みどりは知ったかぶりするも顔ではバレバレです。

 

リフィーディング症候群とは、樹里のようにしばらく食事を摂れていない患者が点滴で栄養を摂った時に、低栄養だった身体に急に十分な栄養を入れた時に引き起こされる合併症の事です。

 

特にリンは影響が出やすい為、正常値だった樹里も予防のために『ホスリポン』で補充するという目的だったようです。

 

そんな説明を受け、次にみどりは末期の胃がんで入院している樹里のおじいさんのカルテを確認します。

 

ステージⅣの胃がんで、転移の可能性と手術不可能なため抗がん剤治療を開始予定。

 

それは息子であり樹里の父親の希望で患者には告知せずに行うという記載もありました。

 

そんな真相も知った所で、薬の説明をしにいざ樹里の元へ向かいます。

 

大人しい子というよりは明らかに思い悩んでいる様子で、全く心を開こうともしない樹里。

 

そんな樹里の元に、祖父がやって来ると表情は一変して笑顔になります。

 

みどりに具合を聞かれると、日によってだいぶ違うと答えます。

 

治りが悪い潰瘍と説明を受けている祖父は、歳のせいもあると明るく笑っていますが、真相を知っている樹里は暗い表情です。

 

さっき知ったばかりの『リフィーディング症候群』を、得意げに披露するみどりに、祖父は『鳥取の飢え殺し』と納得します。

 

4ヶ月にわたって城を包囲して物流を完全に遮断し、食糧も尽きて降伏後に飢餓状態の兵士たちに粥を出したところ、一気に食べた兵士達のほとんどが死んでしまったという、戦国時代史上最悪と言われる、秀吉による鳥取上の兵糧攻め。

 

それが鳥取の飢え殺しと、説明してくれました。

 

その後も祖父の病室に通うようになり、樹里の治療は順調に思われましたが、ある日から薬の副作用で会える状態ではなくなったと父に言われます。

 

顔を見せるだけでもと食い下がる樹里ですが、辛い姿を見せたくないと思うと言う父に猛反発します。

 

病気の事も隠し、祖父がどう思っているかという事まで全て父が決めている現状。

 

それからまた樹里の食事量は減ってしまいました。

 

エンシュアという飲料タイプの栄養剤を飲むように勧め、みどりは元気になっておじいちゃんを安心させてあげようと明るく努めますが、樹里にはもう届きません。

 

病気は治らず死ぬとわかっているのに嘘をついたまま治療させていることに、自分もみんなも嘘つきだと樹里は涙を零し言いました。

 

アンサングシンデレラ漫画無料で全巻読める?zipダウンロードや違法サイト以外の安全な方法!
本記事では漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画村や星のロミのような海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みでき...
スポンサーリンク

アンサングシンデレラ12話の感想と考察

冒頭では一見して自殺したい女の子の話なのかと思いました。

 

確かに自分が死ぬ時期は知りたいです。

 

その終わりに向けて一生懸命に頑張れると思います。

 

けど、それは実際にいつ死ぬかわからないからそう思うだけで実際知ってしまえば自暴自棄になるかもしれない。

 

全ての気力を奪われるかもしれない。

 

そんな事を考えてしまった始まり方です。

 

心療内科のお話なのかと思いましたが、実際には死が近い祖父を持つ13歳の女の子の話でした。

 

13歳という多感な時期に大好きな祖父の死が確定してしまっているのは辛いはずです。

 

ちなみに胃がんの『ステージⅣ』というものを調べてみました。

 

癌が他の臓器に転移している状態というものだそうで、胃がんの発症の原因としては食生活が大きいそうです。

 

特に塩分の過剰摂取、動物性食品やビタミンの摂取不足などに加え、

 

喫煙・飲酒も胃の粘膜を刺激して胃がんの原因をつくるとされているようです。

 

これだけで考えると『飲み会』が多いサラリーマンの方など危ないのではないでしょうか。

 

煙草を吸いながらしょっぱい料理をツマミに酒を飲む。

 

付き合いも大事ですが、一番は健康です。

 

この作品でも何度か出ていますが、仕事の為にも健康な身体であることを第一に考えましょう。

 

さて、本編は次回に続くようで、樹里と父と祖父の三人はどんな結末を迎えるのでしょうか。

 

悲しくも温かい終わりになってくれると、この作品の作風、そしてなによりみどりの存在に期待してしまいます。

 

<< 11話 一覧 13話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました