スポンサーリンク

キングダム632話ネタバレ考察感想あらすじ!朱海平原の戦い決着の時!飛信隊の勝利

漫画ネタバレ

2020年2月20日発売の週刊ヤングジャンプ2020年12号で、『キングダム』632話が掲載されました。

 

羌瘣(きょうかい)の寿命を懸けた禁断の術「盤古の橋」により、自らの命を取り留めた信(しん)。

 

信が生き返ったことに狂喜乱舞する飛信隊の仲間達。

 

皆に揉みくちゃにされながら、羌瘣の身を案じる信ではありましたが、その時の羌瘣は象(しょう)と再会し、禁術の対価の説明を受けていました。

 

羌瘣も無事に生還し、龐煖(ほうけん)を討ち取った信へ蒙恬(もうてん)が現れます。

 

本記事では、『キングダム』632話『再始動』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 631話 一覧 633話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム632話のあらすじネタバレ

何事もなかったかのように生還した信に対して、涙くんでいた飛信隊の仲間達は狂喜し、信に抱き着いていきます。

 

その行動に痛みを覚える信。

 

楚水(そすい)副長は信の顔を力強く掴み、渕(えん)副長は信の股間に叫びかける始末。

 

本当に信が生き返ったことを心より喜び、沛狼(はいろう)に至っては「ぶん殴ってやる」と喚きたてています。

 

河了貂(かりょうてん)は信に抱き着き、「良かった」と嗚咽をこぼしていました。

 

抱き着いて離れない河了貂に声をかけ、傍らに横たわる羌瘣に目を向ける信。

 

その頃、羌瘣の意識は白い空間に閉じ込められ、彷徨(さまよ)っていました。

 

そこへ羌瘣の敬愛する象と再会を果たします。

 

羌瘣が禁断の術である「盤古の橋」を使ったことに呆れた様子の象。

 

「『盤古の橋』は蚩尤(しゆう)の奥義とは逆に位置しており、誰にも使用出来ないはずだった」と羌瘣に告げる象に対して、納得する羌瘣。

 

その禁断の術を信の為に使ったことから、「羌瘣が命懸けで好きになる男が出来たんだ」と象は頬を少し赤らめて言葉にします。

 

その言葉に戸惑いを覚える羌瘣は「戦友だったから。戦う仲間だったから」と返すと、「尾平(びへい)にも禁断の術を使用したのか」と象は返します。

 

「それはない」と羌瘣が返すと、「どの道、他人では『盤古の術』は発動しなかった」と象は言います。

 

「人を好きになる感覚が分からないならば、気になるでも良い。いつからそんな感じを覚えたのか」と象が問うと、羌瘣は少し考えてから「それは割りと最初の頃だった」と返します。

 

その言葉を聞いた象は驚き、命懸けの術を使うほどに好きな男を見つけた羌瘣に嫉妬を覚えるのでした。

 

戻る前に羌瘣に悪いことを1つ、良いことを1つの説明を始める象。

 

悪いことは羌瘣の寿命は縮んでしまったことであり、間(はざま)に偶然留まっていた仲間に感謝するように伝えます。

 

そして、命の灯が弱くなることから、「盤古の橋」は2度と使えず、他の術にも影響が出ることへ羌瘣に「後悔はあるか」と象は質問します。

 

「後悔は全くない」と羌瘣が告げると時間が訪れます。

 

象は「ここでのことは忘れやすいが頑張って覚えておきなさい」と告げてから残りの良いことの2つを説明します。

 

そして、羌瘣は目を開け、羌瘣も目覚めたことを飛信隊の仲間達が喜びます。

 

羌瘣の身を案じ、抱きかかえる信に「大丈夫か」と羌瘣は声を掛け、「死んでいたから覚えていない。しかし、羌瘣が何かをしてくれたことは覚えている」と信は感謝の言葉と共に返します。

 

そこへ、蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)の2人が駆けつけます。

 

飛信隊は現状を把握し、再始動を開始します。

 

羌瘣を託し、馬に乗ろうとする信に心配の声を掛ける蒙恬でしたが、悪態で返す信。

 

信が馬に乗ろうとすると走る激痛に「それは当然だ。お前はあの龐煖を倒したのだろう」と龐煖の骸(むくろ)に視線を向けて蒙恬は話します。

 

「途中から覚えていない」と告げる信は蒙恬に戦況の説明を求めます。

 

蒙恬は趙軍総大将李牧(りぼく)の逃走を許したこと、李牧逃走を受けて、趙軍が各所で退却していることを信に伝えます。

 

それの意味することは趙軍の総退却であり、退却した趙軍は鄴(ぎょう)の開放に向かい、戦略的に王翦(おうせん)軍としても追撃を図る意思があるであろうと信に説明を終えた蒙恬は「1回ここで喜んでおこう」と信に話し掛けます。

 

その喜びとは15日に渡る朱海平原の戦いは秦軍の勝利に終わったと言うものでした。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム632話の感想と考察

呆気なく生き返った信に対して、喜びも露わに飛び掛かる飛信隊の仲間達でしたね。

 

沛狼が信をぶん殴ってやると意気込んだのも納得です。あれだけ飛信隊全員を心配させたのですからね。

 

しかし、信に抱き着いて嗚咽を漏らす河了貂の様子を見て諦めたようでした。

 

感動の再会に水を注すほど沛狼は無粋な男ではないですからね。

 

意識の無い羌瘣が白い空間で象と出会った時のやり取りは個人的には微笑ましくも思いました。

 

初期の羌瘣の無愛想ぶりから、今思っても、「あの羌瘣が信と会って直ぐに好意を抱いていた事実」には正直驚きを隠せませんでした。

 

最初はあれだけ無愛想だった羌瘣がここまで可憐なヒロインになってしまうとは思ってもいませんでしたよ。

 

結局、良いことの2つは読者には分からず終わった訳ですが、話が進むに連れて明らかになっていくのでしょう。

 

信と再会を果たした羌瘣が「別に大したことはしていない」と告げたのは本当に羌瘣に取って、信の命を救う為に自らの寿命を差し出すことは大したことではないとの現れなのでしょう。

 

蒙恬と王賁が駆けつけ、戦況を報告しますが、趙軍は総退却したことにより、15日に及んだ朱海平原の戦いは秦軍の勝利に終わりました。

 

犠牲も多く出ましたが、あの龐煖を信が遂に討ち取った戦いとして読者の多くが記憶していく戦いとなることになるでしょう。

 

<< 631話 一覧 633話 >>
キングダム(映画)9tsuやmiomioで無料視聴は危ない?動画配信フルで見れる安全な方法!
映画『キングダム』のフル動画を安全に無料視聴する方法 映画『キングダム』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に...
キングダム1期(アニメ)anitubeやB9で無料視聴は危ない?動画配信フルで全話見れる安全な方法!
アニメ『キングダム1期』のフル動画を安全に無料視聴する方法 アニメ『キングダム1期』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画を全話フルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられて...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました