スポンサーリンク

キングダム628話ネタバレ考察感想あらすじ!死闘の行く末、力尽きた両者

漫画ネタバレ

2020年1月9日発売の週刊ヤングジャンプ2020年6・7号で、『キングダム』628話が掲載されました。

 

長きに渡る激闘の果て、仇敵龐煖(ほうけん)を王騎大将軍より託された矛で以て両断し、遂に龐煖を討ち果たす事に成功した信(しん)。

 

最後の要であった龐煖が敗れたことにより、朱海平原の戦いの趨勢はここに決します。

 

趙軍総大将である李牧(りぼく)は信と龐煖の戦いを唯ひたすらに見守るだけでしたが、ここに来て彼がどう動いていくのか?

 

龐煖が求道者として求めた答えは「人は人でしかない」と言うもの。

 

人の思いを束ねて力にした信の戦功により、戦場は熱狂につつまれます。

 

しかし、勝利に沸く戦場において、1つの異変が生じているのでした。

 

本記事では、『キングダム』628話『命の火』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム628話のあらすじネタバレ

朱海平原の戦いの遥か昔、とある山間の村にて不思議な力を用いて人々を癒す龐夫妻がいました。

 

彼等は手をかざすだけで、ある若者の足を癒し、帳と言う名の老人の肩を癒すことが出来ます。

 

正に天の使いだと感嘆する村人達。

 

龐夫妻は半年前に流行り病に苦しむ村人達をその力で救って以来、その噂を聞きつけた周囲の者達までもがその力に縋るまでになります。

 

龐夫妻が村に来て以来、村には生気が溢れ、龐夫妻に感謝を述べる長老に2人ではないと隣に立つ男が告げます。

 

龐夫妻の子どもの存在を思い出し、3人であったと否定する長老。

 

そして、長老はその子どもも不思議な力を持っているであろうと予想し、隣の男はそれに肯定で返します。

 

龐夫妻が異変を察知し、振り向くとそこには偃月刀(えんげつとう)を右手に構えた1人の巨漢の姿が。

 

男は偃月刀で以て、龐夫妻の周囲の者を斬り捨て、恐怖の余り落涙する長老達を尻目に山奥へとさって行きます。

 

子どもを連れ去られた母親がいまわの際に子どもの名を呟くのです。

 

泣き叫ぶその赤子の名前は煖。

 

その過去を思い出し、龐煖は静かに目を閉じて行きました。

 

信が龐煖を討ち果たしたことを絶叫する飛信隊の仲間達。

 

彼等は一様に涙を流し、目の前の光景に感動を覚えます。

 

彼等の挙げた喚声はその場を一気に広がり、秦軍総大将王翦(おうせん)の耳元にまで届くのでした。

 

趙国三大天の1人であった龐煖を飛信隊の信が討ち取った事実に驚愕する王賁(おうほん)と蒙恬(もうてん)。

 

2人の激闘の結末を見届けた李牧に脱出を進言する幕僚。

 

カイネは人の救済を求めた龐煖の敗北により、「人は救われない」と言う結論を導き出します。

 

そのカイネに対して、李牧は龐煖のやり方では無理だったと告げ、続けて西に他の方法で人の救済を求める者が居ることを彼女に示します。

 

秦王嬴政(えいせい)がその人物であることを悟るカイネ。

 

秦王の目的「中華を統一し、戦の無い新しい世界の構築すること」に対して、李牧はそのことへ否を突きつけると宣言します。

 

その為にも趙は敗れる訳にもいかないとも。

 

この戦の戦略目的は鄴(ぎょう)の攻防戦にあることを皆に示し、王翦を破りたかったが、その戦力を大幅に削ったことで良しとし、朱海平原で王翦軍を引き離すには十分。

 

即座に鄴を開放すると全軍に撤退を命令します。

 

撤退を図る李牧に追撃を仕掛ける秦軍でしたが、李牧追撃の最も適した飛信隊には異変が起きていました。

 

沛狼(はいろう)が追撃の準備を整えようとし、信にはここで休んでいても良いとまで告げるも何の反応も示さない信。

 

その信の様子を窺っていた隊員は信の状態を悟り、転倒します。

 

倒れ込んだ隊員に様子がおかしいことに気付き始める飛信隊の仲間達。

 

微動すらしない信を不思議に思う飛信隊の仲間達の中で、唯1人羌瘣(きょうかい)だけは「信の命の灯はずっと前から、もうとっくに消えていた」のだと囁くのでした。

 

その言葉と共に信は力無く倒れ込んでしまいます。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム628話の感想と考察

龐煖の両親の存在が明らかにされ、龐煖は連れ去られて求道者として育てられた事実が明らかになりました。

 

龐煖を攫った者も恐らくは求道者であり、龐煖を見込んで人を超える超越者として育て、「人を越えた力を天に示し、人を救済せよ」との教えを龐煖に施したのでしょう。

 

その過去は悲劇的でもありましたが、結果として龐煖は敗れ去った。

 

長きに渡る信と龐煖の戦いの軍配は信に上がり、飛信隊の仲間達は落涙しつつ、その事実を喜んでいる中で、羌瘣のみが信の状態の異変に気付いていたのです。

 

信の命の灯がとっくの前に消え去っていたことを。

 

それを静かに見守っていた羌瘣の心中はどれ程のものだったのでしょうか。

 

己の命を代償に武神と渡り合い、羌瘣は敗れ、信は命を失った。

 

悲しい最後と言えるのでしょうが、話が終わってしまいますので、信は必ず生きているでしょう。主人公ですから。キングダムは成り上がりのサクセスストーリーですから。

 

信が死亡することは決してないと断言出来ます。

 

李牧は戦術的には朱海平原の戦いで敗れる形になってしまった訳ですが、戦略的に未だ敗退したとは言えません。

 

秦軍の戦略目標が鄴の攻略にある以上、次回から舞台は鄴を中心としたものになるのでしょう。

 

信は死なない。そう結論付けた上で、次回からのキングダムの話の展開に期待したいと思います。

 

<< 前話 一覧 次話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/6712
https://jpp-zoo.jp/archives/7155



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました