スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい168話ネタバレ考察感想あらすじ!何故か泣いている伊井野?

漫画ネタバレ

2020年2月20日発売の週刊ヤングジャンプ2020年12号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』168話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜168話は、つばめとのデートを修学旅行中に決めた事を白銀に報告した石上。

 

そんな彼にお互い頑張ろうと白銀は言いますが、生徒会室に向かう途中で女子生徒達がつばめに石上の事を悪く言っている光景を見て、真相を知っているが故に心が痛みます。

 

そして何とかしようとしますが、生徒会室に入った時、何故か伊井野が泣いていたのです。

 

果たして、何故泣いていたのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜168話『先輩くんと後輩ちゃん②』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 167話 一覧 169話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい168話のあらすじネタバレ

プランを練った石上はつばめに声をかけ、デートの事だけど何処か行きたいところはあるかと聞きます。

 

ないのならと言いつつ、プランを書いたしおりを鞄から取り出そうとする石上。

 

そうしたらつばめはスカイツリーに行った事が無いと言うと、石上はそっとしおりをしまいました。

 

つばめは何か出したのと聞くと、石上は何事もなかったかのように振る舞いつつスカイツリーいいですねと言ったのです。

 

そして更に待ち合わせ場所等を決めている2人の光景を、伊井野とこばちが聞きながら通り過ぎました。

 

全てが決まったのでつばめは去っていき、石上も去ろうとした際に白銀と会ったのです。

 

一部始終聞いていた白銀はやるじゃないかと言うと、石上は嬉しそうな顔をしてそうなんですよと答えます。

 

そして石上が自分達が修学旅行に行っている間にデートへ行く事を知った白銀に、石上は千花が後をつけないように対策しておいたと言ったのです。

 

マジの対策をしてきたと言いつつ、千花はその後の関係性に影響を及ぼす悪戯はいないぞと一応フォローする白銀。

 

しかし、石上は千花はその日の気分次第で行動を変えるからと言って、自分の事は気にせずに修学旅行を楽しむように言います。

 

白銀もデートを楽しめと言うと、2人は別れたのです。

 

そしてつばめに女子生徒達が石上の悪口を言っていたので、少し憂鬱な気分になる白銀。

 

実は石上の事件の真相を知った際、一番怒ったのは石上の天敵である千花であり、公表するように白銀に迫ったが彼は石上は話してほしくないのを知っているので困っていました。

 

それに石上の事を調べるように遠回しに頼んだのはかぐやであり、彼女も思うところがあったのです。

 

白銀も何もしていなかったわけではなく、石上に釈明の場を与えようとしていたのですが彼は断りました。

 

石上は本当のことを話せば、大友が傷つき自分に罪悪感を抱いてしまう恐れがあるからと言うと、最後に大友が普通に笑って欲しいと言いました。

 

現在に至り、白銀は石上の気持ちは理解しているが隠したままならつばめとの恋愛に支障が出る可能性があるのを危惧していました。

 

遅かれ早かれつばめに話したほうがいいのではと思う白銀。

 

実は石上の事件の真相が書かれたレポートは棚の中にあり、白銀は石上に嫌われる覚悟でつばめに見せたほうがいいと考え、デート後にでも見せようと考えて生徒会室に入りました。

 

しかし、そこでは何故だが伊井野が泣いていたので、内心でただ事ではない雰囲気だと感じる白銀。

 

一応話しかけるも無視され、何が原因だと考えると以前みたいに音楽を聴いて泣いているのだと思ったがそうでもありませんでした。

 

どうすればいいんだと思いつつ、白銀は棚を見るとレポートが無かったので伊井野が読んで泣いたのだと思います。

 

そんな彼女に人のために涙を流せるお前は次期生徒会長に相応しいと言おうとしたら、伊井野はイヤホンを外してなんですかと聞いたのです。

 

ちなみに聞いていたのは心臓の鼓動であり、これを聞くと凄く落ち着くと言います。

 

実際、白銀は聴いてみると全てがどうでも良くなる気分になっていました。

 

その頃、かぐやの家では早坂は彼女に何かを話そうとしていたのです。

 

そしてつばめの元にこばちがやってきて、レポートを渡しました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい168話の感想と考察

こばちがレポートを持って行っていったのは意外でしたね。

 

恐らく彼女はレポートを見つけて読んだ際、生徒会の誰かがこの事をつばめに見せれば石上との仲が悪くなると感じたのでしょう。

 

自分は石上と関わりがそれ程深くないので、自分が見せれば石上は生徒会の皆を恨まないと思ってつばめに見せようとしたのだと思います。

 

次回169話は修学旅行編が始まると思います。

 

実際、今回の話の最後には修学旅行編が開幕すると描かれてありましたので間違いないでしょう。

 

白銀はかぐやとデートをするつもりでおり、彼の事ですからデートプランも考えていると思いますが、かぐやの方はそうではありません。

 

彼女は早坂から近々かぐやの元を離れると聞かされていると思いますので、気が気ではないでしょう。

 

早坂とはまるで姉妹のように育ってきたかぐやにとってこの辞令には納得できず、どうすれば撤回できるか考える事になると思います。

 

そうしたらデートの方に意識を集中している余裕がなくなるはずです。

 

そうなってくると白銀からしたら折角デートプランを考えてきたのにと落胆と不満の気持ちが出てくると思います。

 

やがて口論になるのではないでしょうか。

 

そして同時進行で終わる秘密編も進んでいく事になると思います。

 

<< 167話 一覧 169話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました