スポンサーリンク

キングダム624話ネタバレ考察感想あらすじ!その問いには既に答えて来た、天下の大将軍だと

漫画ネタバレ

2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプ2020年1号で、『キングダム』624話が掲載されました。

 

人の救済を求める者を求道者と呼ぶならば、信(しん)と龐煖(ほうけん)の思いは同じ。

 

激闘を繰り広げる2人の間にある物とは一体何なのか?

 

重傷を負い、それでも立ち上がり、龐煖に挑み続ける信の答えとは?

 

今回で宿敵龐煖を信は倒すことが叶うのか?

 

本記事では、『キングダム』624話『人の代表』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム624話のあらすじネタバレ

李牧(りぼく)の幕僚の1人が「龐煖が人々の救済を求めているにもかかわらず、龐煖にはその無上の愛と言う物を感じられない」と李牧に問いかけます。

 

それに対して、李牧は求道者とはそのような情などは持ち合わせてはおらず、それを否定した存在なのだと答えます。

 

求道者には道があるのみで、それ以外には何も存在しない。

 

求道者である龐煖の道とは即ち、「武神」への道でした。

 

龐煖の左側面への激しい斬撃を王騎将軍より授かった矛で受け止める信。

 

衝撃を受け止められ切れず、はじき飛ばされる信に声を掛ける尾平(びへい)。

 

地面に横たわり、呻き、吐血する信。

 

龐煖が次なる一撃を加えんと構える中で、その様子を見た副官渕(えん)は必死に呼び掛け、李牧の幕僚は決着を迎えたと確信します。

 

充血した目から血を流すも、その瞳から光を失わない信。

 

そして、信は立ち上がり、龐煖に反撃を加えます。

 

見つめ合う両者の眼光は鋭く、信は吠えます。

 

李牧の本陣において、動揺するカイネと幕僚達。

 

ぶつかり合い、犇(ひし)めく龐煖の偃月刀(えんげつとう)と信の矛。

 

信は龐煖の絶大な力に押され、膝を屈しながらも必至に耐えています。

 

周囲の呼び声も虚しく、龐煖の偃月刀がじわじわと信の左頬に食い込んでいきます。

 

信は辛うじてそれを受け流し、龐煖の偃月刀が大地に飲めり込みました。

 

信がすぐさま態勢を整えるも、龐煖の斬撃の方が早い。

 

その一撃が真の腹部を直撃し、甲冑は音を立て、返り血が偃月刀に沁み込んでいく様子を周囲の者達は茫然として見守ることしか出来ません。

 

甲冑が砕かれ、血飛沫(ちしぶき)と共に後方へと飛ばされる信。

 

李牧の幕僚は龐煖の勝利を確信し、尾平は信の敗北を悟りますが……

 

見守るカイネと尾平は信じられない光景を目の当たりにします。

 

右手で矛を支えにして、立ち上がる信の姿を。

 

「馬鹿な」と驚愕を口にする李牧の幕僚。それと同じく、信じられない物を見たカイネは李牧に「信が何故に立ち向かっていけるのか? 武神にならんと欲し、圧倒的な武を見せつける龐煖に何故に何度も、何度でも立ち上がっていけるのか?」と質問します。

 

信の正体が掴むことが出来ないカイネに李牧は「信も、いや彼が率いる仲間達もまた人の代表なのだ」と答えるのです。

 

雄叫びを上げて、龐煖へと斬撃を繰り広げる信。

 

これは防戦一方だった信による一撃の中で、初めて信が攻勢に回る行為でした。

 

2人の刃と刃がぶつかり合う中で、信の一撃により徐々に押され始める龐煖。

 

この光景も周囲の者達には信じられぬものです。

 

徐々に押される刃先からゆっくりと視線を下ろした龐煖の目に映った者は宿敵であった王騎大将軍。

 

その姿を彷彿とさせる程までに信の表情には鬼気迫るものがあったのです。

 

龐煖は激昂(げきこう)と共に信の一撃を跳ね除け、更に甲冑が砕けた信の腹部へと蹴りを放ちます。

 

倒れ込んだ信に怒涛の連撃を加える龐煖。

 

信は矛で防ぐも、身体の至る所に傷を負っていきます。

 

我に返った飛信隊の隊員達は信と龐煖の間に入ろうとしますが、龐煖の眼光の前に不思議と足が止まり、馬が進みません。

 

李牧は「自分は龐煖を答えに導く者。信が龐煖の求める答えを持つ者」だとカイネに告げます。

 

信が龐煖の求める答えを持つことに疑問を抱くカイネ。

 

龐煖の一撃に必死に耐え、防ぐ信に龐煖は「何故に貴様らは自分に抗えることができるのだ。貴様らは一体何者なのか?」と信に問います。

 

信が「人の代表」であり、「人の答え」だと悟りつつあるカイネ。

 

そして、満身創痍の信は答えます。何度も……何度も……

 

『天下の大将軍だっつってんだろーが』

と。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム624話の感想と考察

今回の624話では激闘続く、信と龐煖の関係性を強く印象づける物でした。

 

普通に防戦一方で、龐煖の凄まじい斬撃、連撃を辛うじて防いでいる信は見ていてもボロ雑巾の如く扱われていました。

 

致命的な一撃を辛うじて防いでいる。その様な印象であり、致命的一撃を受けた筈なのに立ち上がって来る信。

 

不撓不屈(ふとうふくつ)の精神で何度も何度も立ち上がって来る様は鬼神の如く。

 

そして、王騎の思いを乗せた一撃が初めて龐煖に届かんとする場面が非常に良かったです。

 

やはり、秦の怪鳥である王騎大将軍は永遠に我々キングダムファンに熱い物をもたらして下さいます。

 

信を助けようと飛信隊の隊員達が駆け寄ろうとするも、不思議と足が止まり、馬が進まなくなる状況は「この戦闘が既に神域に達しているという暗示」なのかもしれないと考察することが出来ます。

 

信のしつこいまでのしぶとさに龐煖が思う「貴様らは何者なのだ?」と言う疑問。

 

これだけ矛を交えておいて気付けない龐煖は鈍過ぎると感じるのは私だけ?

 

それに対して、煩わしさを隠さず、何度も、何度でも「天下の大将軍」と言い放つ信が非常に格好良かったです。

 

王騎大将軍の矛を託され、王騎大将軍の思いを受け継ぐ信は正に天下の大将軍になりつつあることの証明と言えたでしょう。

 

このボロボロになりながらも、啖呵を切る信の姿が読者を引き付けるのですよ。

 

<< 前話 一覧 次話 >>
キングダム(映画)9tsuやmiomioで無料視聴は危ない?動画配信フルで見れる安全な方法!
映画『キングダム』のフル動画を安全に無料視聴する方法 映画『キングダム』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画をフルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられている上、登録時に...
キングダム1期(アニメ)anitubeやB9で無料視聴は危ない?動画配信フルで全話見れる安全な方法!
アニメ『キングダム1期』のフル動画を安全に無料視聴する方法 アニメ『キングダム1期』は、動画配信サービスU-NEXTなら安全に動画を全話フルで無料視聴することができます。 U-NEXTは、31日間の無料お試し期間が設けられて...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました