スポンサーリンク

ダイヤのA act2 202話ネタバレ考察感想あらすじ!より強敵となった市大三高!

漫画ネタバレ

2020年2月19日発売の週刊少年マガジン2020年12号で、『ダイヤのA act2』202話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』202話は、市大三高の5番の佐々木がスリーランホームランを打ったのを皮切りに、市大打線は少しずつ点を取っていき、6対3にしていました。

 

更に1番の千丸もタイムリーヒットを打って7点目を取り、この試合を見ていた者達はチャンスをものにする打線とエースの天久を擁する今の市大は歴代最強のチームだと評していたのです。

 

結果、市大が勝利し、青道高校では次の試合で投げる降谷が最後の調整としてブルペンで投げていました。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』202話『成長の糧』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 201話 一覧 203話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ダイヤのA act2 202話のあらすじネタバレ

市大三高の5番である佐々木がスリーランホームランを打った後、両チームはこの後の作戦を話し合っていました。

 

そして回は進み、市大打線が火を噴いて得点圏にランナー進める事に成功していたのです。

 

回は8回にまで進み、市大は逆転した後も効率よく得点を重ねていき、6対3とリードしていました。

 

打席には1番の千丸が立っており、真木はまだ3点差だからここをしのげばまだチャンスはあると思いながら投げるとランナーが走りだし、千丸はバットを短く持って当てたのです。

 

それによって打球はセカンドの頭上を越えたセンター前ヒットになり、7点目が追加されました。

 

観客席で見ていた奥村は真木はカーブを見せ球にストレートで勝負しようとしていたが、千丸にコンパクトに振りぬかれたと呟いたのです。

 

渡辺も得点圏にランナーを置いてからの勝負強さが際立っていると、上位打線も下位打線もバットを短く持って力強い打球を飛ばすと言います。

 

同じく試合を見ていた峰もここ最近は薬師に負け、稲実や青道に差をつけられたがこの打線と天久を擁した市大は歴代最強のチームになりつつあると評したのです。

 

そして沢村は何も言わずに真剣な表情をしながら試合を観戦していました。

 

追加点を取られながらも真木は粘り強く投げることで、この回を1点のみで抑えるとグローブに手を叩いてまだ終わっていない事を野手の皆に示したのです。

 

その様子を見ていた鵜飼監督は拍手し、真木に最後の球は良かったと、エースとしてよくここまで投げ抜いてくれたと言います。

 

この後、1年生の照井が抑えて市大が勝利を収めたのです。

 

試合を見ていた観客は照井の事をふてぶてしくて肝が据わっていると評していました。

 

そして渡辺は天久を温存しての勝利だから勢いがつくと思っており、奥村も春大よりも打線が手強くなっていると言ったのです。

 

そんな中、沢村は打線は脅威だけどしっかり芯を外させればと、当てさせるんじゃなくて当てさせるようにすればと言ったので2人は驚きます。

 

そこから沢村と奥村は話し合い始め、その様子を見ていた渡辺は頼もしいと思いつつ、まずは明日の試合からだと思って球場を後にしたのです。

 

その頃、青道高校では創聖に先発する予定になっている降谷はブルペンに入っていて、片岡監督や落合コーチ、由井が見守る中、正捕手の御幸目掛けてボールを投げていました。

 

沢山投げる中、基本的にはコントロールが乱れず悪くなかったので御幸はいい感じだと言ったのです。

 

試合も近いので片岡監督はもういいと言い、落合コーチは悪くないと呟き、由井もお疲れ様でしたと言います。

 

そんな彼らの声が聞こえたのか降谷ははいと言って、投球練習をやめたのです。

 

そして御幸は降谷に次はお前の番だと言った事を思い出し、今日は試合が近いせいなのか分かりやすく気合が入っていたのが球を受けていて分かったと思うと共にこれが明日の試合でどのような影響が出る事になるのかと思っていました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 202話の感想と考察

蓋を開けてみれば市大が余裕で勝っていましたね。

 

余裕ではないでしょうけど、それでも小気味よく点を取っていたので結果的には余裕だったのでしょう。

 

それにしても上位打線から下位打線がただ繋ぐ事だけを考えて打っていくのはかなり危険な打線と言えると思います。

 

大振りしてくれればやりやすいのに、繋いでいってしまえばこれ程やりづらいものは無いと言えるでしょう。

 

しかも強豪校がそれをやって来るのはかなりきついので、そんな市大相手に投げる沢村は苦労しそうだなと思いましたね。

 

まずは目の前の試合が大事ですので、先発の降谷には頑張ってほしいです。

 

次回203話はミーティングをする事になるのではないでしょうか。

 

降谷を始めとした野手陣や投手陣が明日の試合に備えて練習をしている中、沢村、奥村、渡辺は稲実と成孔、市大と仙泉の試合を偵察しに行きました。

 

それ故にそれらの試合で見た事の全てを皆に伝えることのではないかと思われるでしょう。

 

主に勝った稲実と市大の事を話すと思いますが、稲実とはまだまだ先の話ですので次の試合で対戦する事になるであろう市大の事がメインの話になるのではないかと思います。

 

そして沢村は御幸や片岡監督に見に行ってどうだったかを聞く展開もあるかもしれませんね。

 

<< 201話 一覧 203話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ ダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました