スポンサーリンク

なれの果ての僕ら6話ネタバレ考察感想あらすじ!道徳が少しずつ崩壊していく

漫画ネタバレ

2020年2月19日発売の週刊少年マガジン2020年12号で、『なれの果ての僕ら』6話が掲載されました。

 

なれの果ての僕ら6話は、相沢が毒で命を落とし、毒の瓶を未来が持っていた事で彼女が犯人されようとしていました。

 

しかし、彼女が持っていた瓶には毒が残っていたので疑いは晴れ、未来はみきおを隙を見て始末するために持っていたと言ったのです。

 

そして残った毒は水道口に入れることで処分しました。

 

そんな中、しょーやんがスマホで山口が相沢のコップに毒を入れているのを録画しており、山口を空き教室に連れていってこの事を暴露したくなければ行為をするように迫ったのです。

 

本記事では、なれの果ての僕ら6話『羅生門』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 5話 一覧 7話 >>

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら6話のあらすじネタバレ

相沢が毒入りのカレーを食べた事で命を落とし、犯人探しに躍起になっている中、未来が毒入りの瓶を持っていた事が判明しました。

 

まさかの事態に驚きを隠しきれないネズ。

 

水野は彼女の顎を掴んで、意外だったと口にします。

 

教室内では未来を擁護する声と、瓶を持っていたから犯人だという声が上がっていたのです。

 

倉本は何で相沢を始末したのかと詰めより、未来は必死に否定します。

 

そんな中、瓶を見たネズは未来は犯人ではないと言ったのです。

 

その理由は未来が持っている瓶にはまだ毒があり、もし使用したのなら既に無くなっているからでありました。

 

この事から未来が犯人ではない空気になりつつあり、もう一本持っている可能性があるから倉本は身体チェックをするも何も出ませんでした。

 

水野は疑いは晴れたと言いつつ、毒入りの瓶を持っていたという事は誰かを始末しようとしていたのではないかと詰め寄ります。

 

ネズは未来がそれを持っているという事はと、何故彼女がこの行動をとったのかを察したのです。

 

未来は毒入りの瓶を持っていた理由はみきおを始末する事だと言い、やはりと思ったのかネズは苦い表情をしました。

 

その理由はみきおの言いなりになっていたら死の連鎖は止まらないから、隙を見て毒を仕込もうとしていたからでした。

 

その理由を聞いた桜庭は正当防衛でも人を始末したらその罪を背負わないといけないと言って諭します。

 

しかし、溝口はこのままやられたら元も子もないから未来のやり方に賛成し、何なら自分がやるとまで言い出したのです。

 

未来を焚きつけようとする者、既にみきおに気づかれていると言う者がいる中、早乙女はネズにどうするんだと聞きます。

 

ネズは未来の顔を見ると、みきおは友達だからという理由で始末したくないと言ったのです。

 

未来はネズに謝るも、目はまだ諦めていないようでした。

 

そんな中、シャワーを浴びていた山口が戻ってきて、状況を皆から聞いた彼女は身体チェックしてみればと言います。

 

水野は教室を出ていたのだから証拠を隠せると言いつつ、教室から出ていたネズと山口が怪しいと言い出したのです。

 

そんな中、雨宮は今ここで犯人を探そうとしても無駄だと言いました。

 

その理由は身体チェックをしたのはネズがみきおから毒が無くなったのを聞いて相沢のカレーに毒が盛られていたのが分かってからであり、騒ぎが起こる前なら誰だって処分出来るからでした。

 

溝口は相沢を狙ったものかどうか分からないし、この後解散して寝ている間に寝首を掻かれたくないと言って犯人探しをやめるのを反対します。

 

水野は犯人は必ず見つけると言って、未来が持っていた毒を水道口に流して処分する事で溝口が言う寝首を掻く行為を無くしたのです。

 

そしてみきおがやって来て、自分は何もしてないと言いつつ、相沢を始末した犯人が見つかったらどうするのと尋ねます。

 

その頃、山口はしょーやんによって空き教室に引きずり込まれたのです。

 

しょーやんはユーチューバーであり、何かあれば動画に録画する癖がありました。

 

そのおかげなのか、山口が相沢のコップに毒を入れていた動画を撮っていたのです。

 

しょーやんは交換条件として山口に行為を迫りました。

 

その頃、みきおの問いに水野は犯人は始末すると言い放ったのです。

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら6話の感想と考察

未来はみきおを毒で始末しようとしている事が明らかになりましたが、ネズは何となく察していたようですね。

 

それに未来はネズがみきおを始末しないと言っていた際、まだ諦めていないようなのが気になりましたね。

 

どの道、このままじゃ誰かが命を落としていく一方となり、ネズではみきおを始末できないので自分が汚名を被ろうとしているのでしょうね。

 

気になると言えば、水野の異常すぎるくらいの犯人への殺意も気になりますね。

 

寝首を掻かれたくないとか、正義感から許せないと言う思いがあると思いますがそれにしても強すぎるので過去に何かあったのかなと思いましたね。

 

次回7話は殺人者の告白と言うタイトルですので、相沢を始末した山口の独白が明らかになるのではないでしょうか。

 

今回の話で相沢を始末したのは山口なのが明らかになりました。

 

告白となっていますので、もしかしたらこの事件を生き残った可能性があると言えるでしょう。

 

そして警察の事情聴取で、何故始末しようとしたのを喋るのだと思います。

 

もしくは次回の話で相沢のコップに毒を山口が入れていたという決定的な証拠が出てきましたので、彼女を引っ張り出して告白させようとする可能性もあるかもしれないですね。

 

<< 5話 一覧 7話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました