スポンサーリンク

五等分の花嫁122話最終話ネタバレ考察感想あらすじ!結末は?最後の五つ子ゲーム

漫画ネタバレ

2020年2月19日発売の週刊少年マガジン2020年12号で、五等分の花嫁122話(最終話)が掲載されました。

 

五等分の花嫁122話では、カーテンの向こうには、同じ姿をした五つ子の姿がありました。

 

最後の五つ子ゲーム、上杉は四葉を見分けられるのでしょうか。

 

ついに最終回です。

 

本記事では、五等分の花嫁122話「五等分の花嫁」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

五等分の花嫁122話のあらすじネタバレ

披露宴が始まり、上杉は来場してくれた方々への、挨拶をしています。

 

会場には前田と、写真を撮っているらいはの姿がありました。

 

上杉はプロポーズをした五年前から、長い道のりだったと話し始めます。

 

 

披露宴前、同じドレス、同じ髪形で現れた五つ子たちから、最後の五つ子ゲームと言われた上杉。

 

上杉は、四葉以外の四人に、こんなお遊びでウエディングドレスを着るんじゃない、と怒ります。

 

五つ子たちは、確かにそうだが、思いついてしまったからと言い、これはお遊びではない、これでも花嫁の親族だと言います。

 

それは嘘だけどと冗談だと言い、五つ子それぞれが、私が花嫁だと主張し始めました。

 

上杉なら分かるよね?と聞くと、上杉は頭を抱えます。

 

少しは分別の付く大人になったかと思えば、相変わらずのようで安心したと、自信満々で一人を指差しました。

 

 

披露宴では、ウエディングケーキを食べたり、友人代表として前田が挨拶したり、らいはが四葉に花冠を渡したりと、順調に進んでいました。

 

最後、新婦からお父さんに向けての挨拶です。

 

四葉は、お父さんと天国のお母さんへと、手紙を読み始めます。

 

お母さんへは、その教えと愛は、いつまでも自分の中に残っていると言います。

 

お父さんへは、反抗してしまうときもあり申し訳なかったが、お父さんになってくれてありがとうと言います。

 

お母さん、お父さん、そして姉妹たち、今日の自分があるのは、皆のおかげだと感謝を伝えます。

 

 

上杉から指をさされ、え?と青ざめますが、上杉は、お前は一花だと言います。

 

四葉は披露宴で一花のことを、個性豊かな自分たちをまとめてくれるお姉さんで、憧れの存在だと話していました。

 

一花は髪をほどき、なんだびっくりしたよ、正解と言います。

 

上杉は一花に、ずいぶんと手を焼かされ、世間ではクールビューティーなんて言われているが、俺は騙されないと言います。

 

自堕落、鈍間、惰眠を貪る、怠惰だと言い、それでも強くあろうとする姿が、自分には眩しく見えた、大した長女だと言います。

 

一花は嬉しそうな顔をした後、急にどうした?とからかいますが、上杉はせっかくだから、言いたいことを言わせてもらうと言います。

 

次はお前だ、二乃、と言う上杉。

 

四葉は二乃のことを、少し怒りん坊だが、強くて厳しくて、自分達の背中を押してくれるお姉さんで、女子力抜群なとこを、見習わなくてはいけないと話していました。

 

上杉に当てられた二乃は、髪を結びなおし、はいはい良かったわね、次にいって、と強がりますが、二乃の目には涙が溢れます。

 

二乃は、何でこんな時に、四葉だけ当てればいいのよと言います。

 

上杉は、二乃の強さはその人一倍の弱さの裏返し、厳しさもそれだけ大きな愛情があるからなんだろうと言います。

 

あの頃の自分は、その答えを見つけることが出来なかった、と謝る上杉。

 

二乃は、後悔していないと涙を拭います。

 

上杉は三玖だなと、三玖の前に立ちます。

 

四葉は三玖のことを、お姉さんと言うより、同じ立場で接してきた、親友に近いかもしれない、だからこそ、自分の夢を叶えた三玖を、尊敬していると話していました。

 

髪を下ろし、上杉に抱き着く三玖。

 

自分が上手くやれているか、たまに不安になると言います。

 

上杉は、三玖は常に自分の不安と戦ってきた、そうして勝ち得た結果は間違いなく三玖の戦果だと言います。

 

自分を信じろ、お前は昔から出来るやつだ、と三玖の肩に手を置く上杉。

 

三玖は、そういってくれると思ったと、笑顔でありがとうと言います。

 

残るはお前だ五月、と上杉が言うと、えっ、と驚かれ、上杉も固まります。

 

私が四葉だけど、と二人で汗を流します。

 

四葉は五月のことを、唯一お姉さんをできる妹だが、自分よりちゃんとしており、悩んでいるときに背中を押してくれたのも、五月だったと話していました。

 

五月は髪をほどき、五月でした、上手くなったでしょ?と笑います。

 

上杉は焦らせやがってと言い、この際だから言わせてもらうが、俺の人生が狂い始めたのは、お前に会ってからだと大きな声で言います。

 

諸悪の根源、妖怪カレー喰い女!と上杉から言われた五月は、頭にきて言い返します。

 

あなたと出会うまで、こんなにデリカシーのない人が居るとは思わなかった、あたまでっかち、天然キス魔!と反論する五月。

 

五月が昔の喋り方に戻っている、上杉相手だと仕方ないね、と他の姉妹たちは話しています。

 

最後に余ったのが四葉、全問正解だ、と最後はあっさりしている上杉に、驚く四葉。

 

四葉は披露宴で、姉妹たちが居なければ、自分の人生は全く別のものになっていたと話します。

 

五つ子ということが、負い目に感じたこともあったが、その何倍、何百倍も楽しかった記憶が残っていると言います。

 

皆と五つ子の姉妹として、生まれることが出来て幸せだったと、目に涙を溜める四葉。

 

他の家とは少し違って、人から見たら奇妙なのかもしれないが、そんな家族が大好きだと四葉は言います。

 

五つ子ゲームをクリアした上杉は、これだけ長く付き合っていれば嫌でも覚える、自分は家庭教師だったが、お前たちからも、多くのことを教わったと言います。

 

お前たち五つ子に出会えたこと、数少ない俺の自慢だという上杉。

 

 

あー、疲れたと披露宴を終え、控室のソファーに座る上杉。

 

らいははスーツ返してくるねと言い、しっかり旦那さんしなきゃだめだよ、と上杉に言います。

 

上杉は、五年か、これでようやくひと段落ついたなと言います。

 

四葉も緊張の糸が解けて、一気に疲れたと言い、上杉は、やっぱりお前も緊張してたんじゃないかと言います。

 

四葉は上杉ほどじゃないと言い、誓いのキスの時、手がブルブルだったと笑います。

 

上杉は、あれは仕方ない、みんな見ていたし、四葉とも、と何かを考えます。

 

上杉は四葉に、五年前を思い出せって言ったよな、と聞きます。

 

パニクって記憶が不確かだが、お前に言われてはっきり思い出した、五年前の春の旅行、あの鐘がある、見晴らしのいい丘でのこと、と話します。

 

 

五年前の、春の旅行の時の帰りのことです。

 

丘から降りるとき、上杉が付いて来ていないと気づいた四葉。

 

五月も四葉に言われて気づき、四葉が呼びに行こうとしましたが、五月の格好のままではややこしいよねと言います。

 

五月は大丈夫ですよ、きっと上杉は気づいてくれると言います。

 

四葉は、上杉を呼びに行きます。

 

 

上杉は、もしかしてあの時、と四葉に聞こうとしますが、スタッフの人が、四葉に忘れものをしていると駆け寄ってきます。

 

四葉はお礼を言いますが、やっぱり要らないので捨ててくださいと頼みます。

 

上杉は、いいのか、トレードマークだろ、と言います。

 

捨ててと頼んだのは、四葉のリボンでした。

 

四葉は、いいんだよ、どんなにそっくりでも、私に気づいてくれる人がいるからと微笑みます。

 

上杉は、頬を赤くし、どうしてもっと早く言わなかった、と四葉に言います。

 

四葉は、ごめんねと謝り、上杉には伝えたいことが、もっとたくさんあると言います。

 

上杉が何だよと言うと、四葉はそれはね、と笑います。

 

 

階段を降りると、姉妹たちが机を囲んで座っており、上杉は何をしているんだ、と声を掛けます。

 

一花が、ご苦労様、いい式だったよと言います。

 

二乃は、何って決まっている、式が終わればやることは一つ、新婚旅行よ!と言います。

 

上杉は青ざめ、付いてくるつもりか、と慌てています。

 

当然、その行先に悩んでいると言われ、めちゃくちゃだ、と肩を落とす上杉。

 

四葉は、みんな一緒の方が、もっと楽しいよと笑います。

 

姉妹たちは、行きたいところを指さそう、と話を進め、前にも同じことをして、揉めなかった?と話しています。

 

せーのと行き先を決めている、その光景を見ていた上杉は、高校の時のことを思い出します。

 

 

姉妹たちの家のソファーで寝てしまっていた上杉は、皆に起こされます。

 

おはようございますと元気な四葉。

 

上杉を見ていたら、自分も眠くなってきたという一花。

 

風邪を引くよ、と心配してくれる三玖。

 

そんなとこで寝てないで、早く起きなさい、と急かす二乃。

 

微笑むように見ている五月。

 

上杉は、結婚式は、と寝ぼけています。

 

姉妹たちは気が早いよ、と驚きます。

 

二乃は、寝ぼけてないで、さっさと決めるわよと言い、上杉は何を?と聞きます。

 

三玖が、卒業旅行、上杉が提案してくれたでしょと答えます。

 

四葉は、とりあえず五人で指差ししよっか、と提案しますが、上杉が、俺の意見は?とつっこみます。

 

結果は知れてるけどねと言う一花に、上杉もやめた方がいいと同意します。

 

そんなことはお構いなしに、五月はいきますよ、せーのと掛け声を掛けます。

 

 

高校の時のことを思い出した上杉は、そうだ、あの時も同じことを思ったんだと、笑っている五つ子を見ます。

 

五つ子ってめんどくせー、と笑う上杉。

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁122話の感想と考察

とうとう最終回でした。

 

五つ子ゲーム、余裕の全問正解でしたね。

 

一人一人に思いを伝えていくとこは、とてもグッときました。

 

ちゃんと一人一人を見てきた上杉に、成長したなと感じました。

 

一花はやはり、どれだけだらしなくても、五つ子のお姉さんなんだなと思えました。

 

最初から最後まで、皆を支えるような立ち位置だったなと思います。

 

二乃は、泣いてしまったところが、かなりグッときて、強がった二乃が可愛かったです。

 

上杉が、二乃の強さと厳しさの意味をきちんと分かってくれていて、とても嬉しかったです。

 

三玖は、上杉に心開いてから、一番素直で可愛かったと思います。

 

皆の気持ちを汲み取るのもうまく、ある意味、一番成長したんではないかと思います。

 

四葉は、過去のことをずっと引きずり、なかなか本当の心を見せてくれないような印象でしたが、姉妹たちと上杉のおかげで、過去から抜け出し、ずっと想ってきた気持ちも伝えられ、良かったと安心しました。

 

五月は、高校で上杉と最初に会いましたが、ずっと言い合いをしていましたね。

 

それでもお互い、相手のことをよく理解しており、信頼していたと思います。

 

そして上杉ですが、最初の周りに関心のない頃とは、かなり変わったと思います。

 

上杉という、本質的なとこは変わっていませんが、人との交流のしかた、勉強以外にも目を向けられた上杉の成長に、嬉しく思います。

 

ずっとそのままでいて欲しいです。

 

五つ子でも、それぞれの個性があり、それぞれの思いがあり、上杉も含め、成長し合える関係というのを感じられた漫画でした。

 

最後の方は、かなり飛ばして話が進んでしまった気がするので、もう少し詳しく知りたいとこもありましたが、無事最終回を終え、とても面白く、良い漫画でした。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 五等分の花嫁
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました