スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい166話ネタバレ考察感想あらすじ!クラスマッチに向けての猛特訓!

漫画ネタバレ

2020年1月30日発売の週刊ヤングジャンプ2020年9号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』166話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜166話は、翌日行われるクラスマッチに向けてバレーボールの練習を放課後に行う石上。

 

その理由は自由登校になっている3年生のつばめに、良いところを見せたかったのです。

 

かぐやによる猛特訓を受けた石上はクラスマッチに臨みますが、果たして特訓の成果は出てかつつばめに良いところを見せつけることが出来るのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜166話『石上優は見せつけたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい166話のあらすじネタバレ

ある日の体育館では、石上が一人でバレーボールの練習をしていました。

 

秀知院の体育では科目の後半にクラス合同のトーナメントが行われ、決勝戦となると放課後までずれ込みますので石上が練習している時間帯には多くの人が来るのです。

 

石上は自由登校になっているつばめが来るイベントと言えばこれしかなく、ここで良いところを見せようとしていました。

 

そしたら突然千花が現れたので、驚く石上。

 

彼女は忘れ物をしたから体育館に来たのですが、同時に何らかのデジャヴを感じていました。

 

石上の事情を知った千花は協力しようとしますが、急にトラウマを思い出してしまうのでした。

 

そのトラウマは以前白銀との練習の際に植え付けられたもので、彼女はそれを振り切るために自らの自己暗示をかけて何とかなりました。

 

そして人間の瞳が前にあるのは未来を見るためにあると、人間が生きるのは弱かった自分を乗り越えるためだと名言を言って立ち上がったのです。

 

石上が苦手なのはジャンプサーブであり、中々安定して打つ事が出来ません。

 

その事を聞いて再びトラウマが呼び起こされそうになる千花だったが、何とか立ち直ると白銀の時の事を思い出して目を開けたままジャンプする練習をしようと言ったのです。

 

しかし、石上は目を開けたまま普通にジャンプ出来ていたので、天才かと言いました。

 

そしてこれくらい誰でも出来ると言ってジャンプ無しのサーブを打って決める事で、千花を驚かせたのです。

 

石上が白銀程下手糞では無かったので千花はする事が無くなってしまい、石上のためにボールを持ってこようとして倉庫へと向かいます。

 

入れ替わるように白銀がやって来て、事情を知るとあの時の自分と同じかと感慨深い表情をすると、どや顔をしながら教えてやると言ってきたのです。

 

しかし、石上はそれを断り、それでも教えたい白銀は頼み込みますが石上は断り続けました。

 

それでも笑いながらコツを掴めば簡単だと、最初は余り得意じゃなかったが少し練習すれば上手くなったと、自分は2年のクラスマッチで優勝に導いたと豪語する白銀。

 

その後ろで戻ってきた千花が死んだ目をしながら聞いていました。

 

一通り話が終わったので千花は白銀に話しかけ、全部自分の手柄みたいに言うんですねと辛辣な言葉を述べたのです。

 

これに対して白銀は自分は与えられるのではなく、与えたいのだと反論します。

 

そして口論になってしまったので、石上は揉めるのなら別の場所でしてほしいと言い、千花は白銀を連れて何処かへと行ったのでした。

 

同時に日没に男子と会うような女子と思われたくないという理由でステージの裏に隠れていたかぐやが出てきました。

 

かぐやは石上にもうつばめに連絡したからもう後には引けないと、自分はスパルタしかやり方を知らないと言って彼を鍛えたのでした。

 

クラスマッチ当日、石上はかぐやの特訓の成果を発揮して勝ち進んでいきます。

 

そして試合を見に来ていたつばめに勝ったらデートしてくれと頼み、彼女は了承したのです。

 

そのおかげか、石上のチームは無事に優勝しました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい166話の感想と考察

正直、私も千花と同じように石上が普通に出来ている事には驚きましたね。

 

石上は正直言って地味ですし、根が暗そうですし、ゲームとかが好きなので運動は不向きな感じだと思っていたのです。

 

それは千花も今回の話からそう思っていたはずですが、普通に上手かったので驚きました。

 

そして白銀が来て、石上に教えようとしているのを見ていた千花はどの口が言っているんだと、何様のつもりなんだと思っていたのではないでしょうかね。

 

石上よりも下手糞だったから教えたのに自分一人で頑張って上手くなったみたいに白銀は言っていたので、千花が怒っても無理ないですね。

 

そんなこんなで試合を迎えて無事に勝利しましたが、ワンシーンワンシーンで基本的なプレーも上手かったように見えましたので、ここら辺もかぐやに鍛えられたのだと思いましたね。

 

次回は石上とつばめのデート回になるのではないでしょうか。

 

今回の話で石上は彼女に試合に勝利出来たら付き合ってほしいと頼み込んでおり、彼女も話を聞いて了承しました。

 

勝てばデートだと燃えたであろう石上が活躍してチームは優勝出来ましたので、約束を果たした事になるのです。

 

それ故に休日の日にデートするのではないかと思います。

 

その裏で千花達が尾行するのではないでしょうか。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました