スポンサーリンク

鬼滅の刃194話ネタバレ考察感想あらすじ!鬼殺隊の全てがそれぞれにできることを

漫画ネタバレ

2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプ2020年12号で、鬼滅の刃194話が掲載されました。

 

193話では、無惨が老化しているということが明らかになりました。

 

珠世さんとしのぶさんの手によって作られた薬は、鬼化を解く薬だけでなく、老化を進める薬も混ぜられていたのです。

 

だからこそ柱を殺すことも炭次郎一人を殺すこともままならなかったのです。

 

そして炭次郎はいよいよ十二個の型を繋ぎ、十三番目の型を完成させたのでした。

 

いよいよ日の出まで1時間を切ったころ、まだ戦いは続くのでした。

 

本記事では、鬼滅の刃194話「灼熱の傷」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 193話 一覧 195話 >>

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃194話のあらすじネタバレ

無惨に斬られて尚、じたばたと動いている猫がいます。

 

その猫は茶々丸という猫で、この猫も決戦直前に鬼にできたのだと兪史郎が言います。

 

そして茶々丸を見ている村田を含めた平隊士に対して、「何をボケっとみている、死にかけてるやつらの手当てをしろ」とキレ気味に言葉を発し、平隊士は慌ててその場で意識を失っている隊士達に鬼化を遅らせる血清や手当を施すのでした。

 

倒れ伏している伊之助に血清を飲ませ、、意識を失っているカナヲには一緒にいる隠の人に血清を渡し、残る善逸にも血清がいきわたるように動くのです。

 

兪史郎は悲鳴嶼のもとに駆け寄り、生きていることを確認するものの、足が失われていることに気付きます。

 

失血と平衡感覚の欠如によって戦うことは不可能だとしながらも、兪史郎は治癒の手を止めません。

 

まだ日の出まで50分以上ある現状で、最大の強みでもある悲鳴嶼を失うことは敗北に近いと兪史郎は焦ります。

 

そして亡き珠世が脳裏に浮かび、現在一人で戦っている炭次郎の身を守るようにその柔らかな笑顔に祈るのでした。

 

一方、炭次郎は二度目の型の周回に突入して無惨と対峙しています。

 

技は繋げばいいものではない、心臓と脳を正確に狙うことが大事になのだと体を動かします。

 

しかし集中をして透き通る世界に入ろうとするものの、酸欠で視界が曇ってしまいます。

 

匂いでとらえようと体を動かし「夜明けまでなんとかできる」と自らを奮い立たせますが、その足元が滑り、無惨の攻撃をまともに食らうかと思ったその時でした。

 

白い蛇が彼を守ったのでした。

 

無惨の攻撃で顔面を斬られ、目もまともに開かないような伊黒が炭次郎を守ったのでした。

 

それを見た炭次郎は「俺をかばったせいで」と言いかけますがそ、伊黒は瞬時に否定し、「お前は人のことばかりうるさい」と炭次郎を叱責するのでした。

 

そして援護して戦うという炭次郎に介添えなど必要ないと宣言し、蛇の鏑丸が視界代わりになると言います。

 

そして炭次郎を離した伊黒は単身で無惨を引き寄せ交戦するのでした。

 

自分の動きを的確に伊黒に伝える鏑丸に気付いた無惨は、畜生によって自分の行動を読まれていると老化薬の影響が彼の体力を奪っていたのです。

 

そして伊黒と炭次郎が2対1でも、と炭次郎が無惨の体を見ると、そこには傷跡があったのです。

 

それは過去に縁壱がつけたものであり、治癒することがかなわなかった傷跡でした。

 

縁壱さんが導いてくれる、そう気付けた炭次郎は

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃194話の感想と考察

扉絵にある「果たせ今すべきこと、今できること」という言葉の後ろにいる平隊士のメンバーがとても可愛らしく思いますが、こういった隊士のおかげで柱や炭次郎たちは戦えているのだと思います。

 

そして血清を飲んだ炭次郎の同期達の復帰が待たれます。

 

善逸や伊之助、そしてカナヲと共に、柱ではなく、彼らが倒すこともまた熱い展開だと思いました。

 

そして私が今一番危惧しているのが、現在の章における着地点です。

 

おそらくまだ拾い切れていない伏線が多くあるので、今回の章で連載終了となることは考えにくい、またあり得ないとみてよいでしょう。

 

しかし柱の大半、有力な戦力となる人間の八割方が戦闘不能、もしくは鬼化しているという事実があります。

 

悪鬼滅殺という言葉がある鬼殺隊において、鬼になった隊士達を許すことができるのでしょうか。

 

以前那多蜘蛛山編後に鬼の禰豆子に対して冷たい態度をとっていた柱たちも今では態度が緩くなっているとは言えども、自分達が鬼になったら、自害を選ぶのではないかと思います。

 

つまりこの話の着地点としては、鬼舞辻無惨の弱体化、鬼化したすべての隊士の粛清、なのではないでしょうか。

 

となると、血清を打ったとはいえほぼ現在の最有力の戦力がほぼすべて削がれることになります。

 

であれば、鬼滅の刃新章、で新しい鬼殺隊が編成されることとなります。

 

鬼殺隊が、どうなっていくのか、楽しみなようで悲しい結末にもなるようで苦しいような気がします。

 

次回195話以降の鬼滅の刃も楽しみですね。

 

<< 193話 一覧 195話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました