スポンサーリンク

みなみけ383話ネタバレ考察感想あらすじ!漏れた本音はチョコより甘い

漫画ネタバレ

2020年2月17日発売の週刊ヤングマガジン2020年12号で、『みなみけ』383話が掲載されました。

 

『みなみけ』383話は久々に登場するカナのクラスメイト藤岡が、相変わらずカナに振り回されるお話です。

 

バレンタインのチョコに込められた気持ちがテーマのこの回。

 

ちょっと過ぎてしまいましたが、みなみけ流のバレンタイン回です。

 

本記事では、『みなみけ』383話『気持ち入り』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 382話 一覧 384話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

みなみけ383話のあらすじネタバレ

唐突にカナに声を掛けられ、バレンタインにあげたチョコ返してと言われる藤岡。

 

そもそも貰ってないと思ったものの、机の中に差出人不明のチョコが入っていた事を思い出します。

 

なんで返すのか聞いてみると、チョコにも義理や本命があって中身を間違えていないか確認したいと堂々とカナは言います。

 

納得した藤岡ですが、じゃあ誰かに本命を渡す可能性に頭を抱えます。

 

帰宅したカナは親戚のタケルが持って来ていた会社で貰った義理チョコに目を奪われます。

 

義理と一言で片づけるタケルに、チョコに込められた気持ちはグラデーションだと謎の力説を始めます。

 

そこへチアキがやって来ます。

 

義理と本命のフィフティフィフティと断言するドライな小学生。

 

しかし、箱を開けるまでは義理と本命が重ね合わさった状態であると解説し、遠回しに開けてみようぜとアピールします。

 

お上品なチョコに、このチョコに込められた気持ちを推理する二人……と思いきや即座に食べてみる事を提案するカナ。

 

そんな二人の様子を微笑ましくタケルは笑顔で見ています。

 

そこへハルカがテレビで見たお店の物だと言い、6個入りで三千円する事を告げると三人は驚きました。

 

チアキは2個食べ、カナは3つ食べたから二千分も食べたと算数が出来なくなるほど動揺するチアキ。

 

ハルカも残り一つの高級チョコを堪能しました。

 

翌日、言われた通りにチョコを持って来た藤岡は、カナに渡しました。

 

箱を見ただけではわからないから開けてみないと。

 

そして食べてみないと込められた気持ちがわからないと、意気揚々と食べようとするカナ。

 

藤岡は勿論阻止します。

 

騙し取る為にくれなかったのに上げたふりをしていると推理するも、カナはそんなひどいことするわけないだろと憤慨。

 

けれど、普段の行いや言動からそれがウソか本当か全くわからない藤岡は、自分へのチョコにどんな思いを込めたか尋ねます。

 

義理や本命では言い表せない言と言い、食べて確認する気満々です。

 

いい奴だけど一緒にいたくない、軽い話題だけ話したい、一生この関係を保とうなどビミョーな距離感を例えに出しながら、カナは口にチョコレートを詰め込まれます。

 

どんなことを言われても、きっとビミョーな距離感を言われるであろうと、覚悟を決められない焦った藤岡の行動でした。

 

昨日の高級チョコと比べてしまったカナは、藤岡にあげたチョコに込めた思いを安心する身近な存在と言います。

 

予想外の答えに、藤岡の驚きは隠せませんでした。

 

スポンサーリンク

みなみけ383話の感想と考察

この二人の話の前提として知っておかなければいけないのが、藤岡はカナが好きという事です。

 

これ相手が『恋愛』というものを全く意識していないカナだからこそ面白くなるのであって、最後のオチはイチャついているというか、恐らくこのあげたチョコより甘い雰囲気になりかねません。

 

それなのに全くそんな甘さは無く、藤岡の気持ちを思うと終始ニヤニヤしてしまいます。

 

ツンデレとかでもないんですよね、カナの言動や行動。

 

完全に無意識のうちに藤岡を振り回して良い所に落としている、天性の小悪魔気質です。

 

タケルのチョコを前にしたチアキとカナのやり取りも非常に良かったです。

 

じわりじわりと食べる方向に持って行こうとするチアキと、即断してしまうカナ。

 

一つ五百円のチョコに算数も出来なくなるほど動揺する小学生の姿が、面白かったです。

 

その高級チョコに込められた気持ちは義理ではないと思いますが、今後の伏線でもなんでもないのでしょう。

 

タケルの会社の規模はわかりませんが、義理チョコは同じくらいのものを数人に配るわけで、そんな高級品を何人にも配るだろうかと推測します。

 

バレンタインで思い出すのが、小学生の時に友達の内履きに入っていたチョコレートです。

 

知らずに靴を履き替えた友達が踏みつぶしてしまい、差出人も不明な事から結局捨てるしかなかったという事がありました。

 

そもそもバレンタインデーは女性から思いを伝える日というイベントなのに、差出人不明では思いなど一切届かず、友人にとっては誰かのくれたチョコを踏みつぶしてしまったというただ罪悪感と恐怖だけが残った日になっていました。

 

次回384話のみなみけは時期的にひな祭りネタでしょうか。

 

楽しみです。

 

<< 382話 一覧 384話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ みなみけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました