スポンサーリンク

ダイヤのA act2 299話ネタバレ考察感想あらすじ!更なる進化を遂げる成宮

漫画ネタバレ

2022年8月3日発売の週刊少年マガジン2022年36・37合併号で、『ダイヤのA act2』299話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』299話では、ツーアウト2塁の状況で結城将司が金丸の代打として出場しました。

 

成宮が投げてきた球を空振りしてしまうが、恐ろしいバットスイングを見た多田野は警戒心を高めます。

 

一方で成宮は最初に投げた球が良かったのか、何かしらのコツを得た感触を感じていたのです。

 

次は外角にストレートを投げ込むも、思っていた以上に曲がったので何かを試そうと多田野のリードに首を振りました。

 

果たして、何を掴んだのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』299話『深化』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 298話 一覧 300話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ダイヤのA act2 299話のあらすじネタバレ

チャンスを作るもツーアウトまで追い詰められてしまった青道高校。

 

ここで確実に点を取るために片岡監督は金丸の代打として結城将司を送り込んだのです。

 

結城将司はバッターボックスに入ると、成宮が投げてきた変化球に対して思い切りフルスイングするも空振りに終わってしまいます。

 

空振りをしてしまったとはいえ、成宮相手でもフルスイングを貫いているところに観客は驚いていたのです。

 

多田野も心の中で、1年生なのにあんなスイングをするのか、と思い、警戒心を強めます。

 

対する成宮は全く怖がっておらず、むしろ先程の変化球を投げた感触から、何らかのコツを得る寸前に至っていたので、むしろ燃えているように感じていました。

 

そんな彼の様子を沢村と御幸は気づいていたのです。

 

そして成宮は外角にストレートを投げ込んできて、結城将司は手を出しませんでした。

 

成宮が投げたボールとなりましたがシュート気味に変化しました。

 

成宮は、想定以上に変化したな、と心の中で思うと多田野は先程と同じ球を同じコースに投げさせようと構えます。

 

多田野の意図を感じ取った成宮は首を横に振ると多田野は心の中で、だったらこうか、と思いながらサインを送ると成宮は頷いたのです。

 

そして成宮は二塁にいる前園を牽制しながら同じコースにボールを投げ込みました。

 

投げて来たのはカーブで、しかも早めにリリースしてきたのです。

 

結城将司はフルスイングするも、掠るのが精一杯でファールとなってしまいました。

 

スポンサーリンク

完全に追い詰められてしまった結城将司だが、ちゃんと対応できている事に手ごたえを感じていたのです。

 

多田野は心の中で、今のままだとミートしなくてもヒットになる可能性がある、と思いながら成宮に対し、ここは慎重に攻めて確実にアウトを取ろう、と言います。

 

成宮は了承すると共に、先程掴んだ感触を忘れないようにしようとしていたのです。

 

観客席で試合を見ていた天久は心の中で、練習で積み重ねても試合でしか身につかないものがあり、それは自分自身でしか得られない、と思うと共に悔し気な表情を浮かべます。

 

その理由は成宮がまだまだ成長を遂げようとするからでした。

 

ネクストバッターサークルで待機している沢村はストレートを、ベンチにいる御幸はチェンジアップを投げると予想していました。

 

成宮は、ミートに徹する選手にはカットボールを、フルスイングする選手には低めの変化球を投げる、と思いながらボールを投げたのです。

 

結城将司は成宮が投げてきた球を見て、ストレートだと感じてフルスイングします。

 

しかし、ボールはストレートではなくスライダーであり、完全に騙されてしまった結城将司は空振り三振に終わってしまいました。

 

空振り三振した結城将司は悔し気な表情を浮かべていて、この窮地を切り抜けた成宮は雄たけびを上げていたのです。

 

ボールを受けた多田野も心の中で、この試合で投げてきたボールの中ではとても素晴らしいボールだった、と思いながら抑えた事にガッツポーズしました。

 

継投で来た青道高校と違って、成宮はここまで一人で投げて来たのもあって観客は拍手でベンチで戻る彼を出迎えます。

 

成宮はまだ試合を捨てておらず、沢村もまた燃えていたのです。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 299話の感想と考察

球威もあって、コントロールもいい成宮が相手ですから、結城将司の凡退は想定内でしたが、成宮がこの勝負で自分の進化の事だけを考えていたのが凄いなと思います。

 

普通だったら結城将司のフルスイングを見ていると、1年生の癖に凄いスイングをしてくるなと多田野と同じ思いを抱くはずです。

 

しかし、成宮は進化できるかもしれないと感じて、その事を考えながら投げていました。

 

この事から結城将司に初球を投げてから、彼の事は警戒しながらも抑えられると思っていたのでしょう。

 

そうじゃないと進化の事なんて考えられなかったと思います。

 

試合の中で進化しようとしている光景を見ていた天久は悔し気な表情を浮かべていましたが、これは決勝の舞台で戦えなかった事なのでしょう。

 

天久も素晴らしい選手ですし、彼の性格や実力から決勝で投げれば成宮同様に投手として高みへと昇れたはずです。

 

それが準決勝で敗れ、決勝戦は観戦する事しか出来ず、成宮の進化を口を咥えてみる事しか出来ないのでそれが悔しくて、腹立たしいのかもしれません。

 

次回は沢村がマウンドに上がると思います。

 

普通だったら沢村がマウンドに上がるのは順当ではありますね。

 

しかし、奥村との会話の際にペットボトルを落としてしまったので、何かしらの異常がある可能性があります。

 

ただ稲城実業が相手だから精神的に疲弊していたのかもしれませんが、どうなのかが分かりません。

 

それ故に次回で異常があるのか、無いのかが分かると思います。

 

<< 298話 一覧 300話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました