スポンサーリンク

パラレルパラダイス197話ネタバレ考察感想あらすじ!城から生まれ出た最強の魔女

漫画ネタバレ

2022年7月25日発売の週刊ヤングマガジン2022年34号で、『パラレルパラダイス』197話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス197話では、ゴーレムのサーニャを送り届けたヨータに対し、オリジナルのサーニャは国母を始末する事は叶わないとはっきり言い放ちました。

 

その理由は彼女の傍にはとても強い戦士がいるからでした。

 

ヨータはその戦士は以前戦ったナクタだと思っていたので、彼女の事を伝えるとサーニャはナクタの事を知らず、彼女は人間の身で一番強いだけではないかと言います。

 

果たして、その言葉の意味はどういう事なのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス197話『魔女のとっておき』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 196話 一覧 198話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

パラレルパラダイス197話のあらすじネタバレ

ゴーレムのサーニャを届けたヨータ達に対し、オリジナルのサーニャは、国母を倒す事は100%出来ない、とはっきり言い放ちました。

 

ヨータが理由を聞くと、国母がいる城にはとても強い戦士が控えているから、と言います。

 

ヨータはその戦士はナクタの事だと思っていたので、彼女の事をサーニャに伝えると彼女はナクタの事を知らず、そのナクタは人としてはとても強いだけではないか、と言いました。

 

サーニャがそういう理由は、その強い戦士が魔女だからでした。

 

しかもとてもやばい存在故に、ヨータ達では撃破できない、と断言します。

 

ヨータは、仁科はその魔女の情報を言っていない、と言うとサーニャは怯えながら彼女がいるのではないかと周りをキョロキョロしました。

 

ヨータは、サーニャは以前自分に偽りの情報を伝えていた事は分かっている、と言いつつ、どうして仁科に怯えているんだ、と聞くも彼女は答えませんでした。

 

サーニャは、あの魔女は仁科が封印されている時に誕生した、と言うとヨータはその魔女の事を尋ねます。

 

対するサーニャは、これくらいなら大丈夫か、と呟きつつ、国母の傍にいる魔女は普通に戦闘力は高いが相手が隠している思いを弄ぶ能力がある、と伝えました。

 

何とも曖昧なのでヨータ達はあまりピンと来ませんでした。

 

サーニャは、人間は誰にも言いたくない事を心に閉まっているだろうし、魔女はその事を見破ってしまう、と言うもヨータ達はそれでもピンと来ませんでした。

 

その能力は一度味わってから分かるだろう、と言いつつ、強力な戦闘力と能力を持つ魔女を相手にした人間はろくな目に遭ってないし、ヨータ達も挑んだら人でいられないかもしれない、と言うサーニャ。

 

そして、そんな強い魔女であるヤールヤーは城から誕生した、と言うとヨータは驚くと共に思い出したかのように、男がいないこの世界でどんな方法で人間が生まれ出るんだ、と言います。

 

しかし、サーニャは仁科に言うなと言われているので、話しませんでした。

 

ヨータは悔しがりながら、ヤールヤーをどう撃破すればいいのか、と尋ねるもサーニャは、分からない、と言いながらも、その情報があるかないかではある程度有利になる筈、と言います。

 

因みにサーニャはガリアよりも強く、ゴーレムのサーニャと同じようにお尻から糸を出せる事が判明しました。

 

そして彼女達と別れ、無事に国母がいる城都へと到着しました。

 

ヨータは声が変わる飴を舐め、もう暗くなりそうなので城下町の宿で休むことになったのです。

 

宿では黒髪の女性と金髪の女性が出迎え、荷物を受け取りました。

 

やはりヨータとルーミはお尋ね者なので、宿の中でも指名手配書が貼られていたのです。

 

黒髪の女性は、男性と出会った事は、と尋ねるとヨータは気まずい顔をしながら、出会った事ないと答えます。

 

この町でもヨータの存在で盛り上がっていて、本来は命令で始末しなければいけないが、敢えて捕縛してから行為を楽しもうとしていたのです。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス197話の感想と考察

まさか国母の傍に魔女がいるとは思いませんでしたね。

 

これまで登場した魔女は独自に行動していて、自分の欲望に従って好き勝手にしているような者達ばかりでしたが、ヤールヤーと言う魔女は国母に従っているみたいです。

 

サーニャの口ぶりだと人間として国母に従っているのはナクタが強いけど、総合的に強いのはヤールヤーなのでしょうね。

 

ヨータ達はあまりピンと来ていませんが、精神を弄ぶ能力は厄介です。

 

相手に知ってほしくない事も明らかにしてしまうのでしょうし、そうなると攻撃に支障が出てしまうので厄介だなと思います。

 

そして城都に到着しましたが、女性達がヨータに興味津々とは思いませんでした。

 

国母のおひざ元だったので、国母の思考を植え付けられていると思っていました。

 

それ故にナクタやリーメアリーのような感じの女性が多いのかなと思いましたが、かなり俗っぽいですね。

 

やはりガーディアンのように国母に絶対的忠誠心を抱いているならまだしも、普通の人々はそうでもないのかなと思います。

 

それ故に行為がしたいと言う思いがあるのでしょう。

 

しかし、行為をしてしまったらたちまち居所がばれてしまう可能性があるので、どうするのか気になるところです。

 

<< 196話 一覧 198話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレパラレルパラダイス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました