スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ259話ネタバレ考察感想あらすじ!大寿は何のために戦う?

漫画ネタバレ

2022年6月29日発売の週刊少年マガジン2022年31号で、『東京卍リベンジャーズ』259話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』259話は、大寿が東京卍會に加入した理由に対して誰もが驚きますが、彼の性格を踏まえてココがあることに驚いていました。

 

何に驚いたのか?

 

そして、その理由のために大寿は戦いますが、彼の前に2人が立ちはだかりました。

 

誰が立ちはだかったのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ259話『Like a something demoniac』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 258話 一覧 260話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ259話のあらすじネタバレ

「オマエの力を借りたいんだ」

 

三ツ谷は関東卍會との戦争の前日に誰かと会っており、その人物の力を借りたいと思っていました。

 

なぜなら、その戦争は苦戦をしいられると思ってたからです。

 

その話を聞いていた人物こそ大寿でした。

 

三ツ谷の話を聞いた大寿は自分にメリットがあるのか聞きますが、メリットは全くありません。

 

しかし、三ツ谷はタケミチがマイキーに勝つところを見ることができるかもしれないと思っていました。

 

「二代目東京卍會陸番隊隊柴大寿だ!!!」

 

独特な笑い声をあげてから名乗った大寿。

 

彼はマイキーをタケミチが倒すところを特等席で見たいと思っていると打ち明けました。

 

彼の到着を三ツ谷は待っていました。

 

一方、兄である大寿が東京卍會に入ったことに対して八戒は口や目を大きく開くほど驚いていました。

 

また、大寿の加入に対して千冬や青宗、さらにはココも驚いていました。

 

ちなみに、ココはこの現実を受け入れることができないようでした。

 

なぜなら、大寿が人の下につくような人物ではないことを知っていたからです。

 

大寿は聖夜決戦でタケミチと戦った時のことを踏まえて確信していることがありました。

 

「オマエだけだ」

 

それはタケミチこそがマイキーを倒すことができる唯一の人物だということです。

 

そこで、大寿はタケミチのためにマイキーまでの道を作ろうとしていました。

 

そして、自分についてくるよう指示をしました。

 

大寿とタケミチは関東卍會の集団に向かって走り出しました。

 

そんな彼らに対して関東卍會の隊員たちは驚いていました。

 

スポンサーリンク

そして、大寿は集団の中に入ると次々と隊員たちを蹴散らしました。

 

他人(タケミチ)のために戦う姿を目の当たりにした八戒はこの状況を信じることができていません。

 

彼はタケミチに惚れていて、柴家を救った男なので借りを返したいと思っていたに違いない。

 

大寿がタケミチのために戦っている理由は三ツ谷はこのように考えていました。

 

大寿が次々と関東卍會の隊員たちを蹴散らす姿を見てタケミチはすごいと思っていました。

 

そして、味方になると頼もしい人物だと思いました。

 

一方、ココは彼の喧嘩をする姿を見ましたが、ヤバいと思っていました。

 

また、青宗は彼の強さが鬼神のようだと思っていました。

 

隊員たちが次々と倒される中、まだ無事な隊員たちは大寿一人で形成逆転されてしまったと思い怯えていました。

 

「さすがに強ぇーな」

 

大寿の強さに感心して誰かが声をかけました。

 

その人物はベンケイで、彼はマイキーの元に大寿を行かせるのを阻止しようとしていました。

 

ちなみに、ベンケイの隣にはワカがいました。

 

ワカとベンケイが立ちはだかったことに対してタケミチはまずいと思っていました。

 

「オレ様に勝てると思ってんか⁉︎」

 

ワカとベンケイを年寄りと馬鹿にした大寿は2人相手に戦おうとしていました。

 

そんな彼に対して、ベンケイは威勢だけでは勝てないと忠告をしました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ259話の感想と考察

関東卍會との決戦前日に三ツ谷が大寿と会っていたことが判明しました。

 

決戦が9月9日なのでこれは8日の出来事のようです。

 

そして、陸番隊隊長と名乗っているにも関わらず8月31日の東京卍會の集会に大寿が参加していなかったのは、その時点でまだ彼を勧誘していなかったからでした。

 

三ツ谷が集会後に勧誘したのは、少しでも勝利できる可能性を高くするために適任の人物を考えた際に大寿が思いついたのかもしれないですね。

 

しかし、大寿は自分へのメリットがあるのかを聞いていたので参加には否定的だったようです。

 

そこで、マイキーを倒す可能性がタケミチにはあるというような話したら加入してしまいました。

 

マイキーという史上最強の人物をケンカのスキルが低いタケミチが倒すという奇跡の瞬間は誰もが見たいですよね。

 

しかも、そのために協力すると言っています。

 

大寿と言えば俺様キャラで自分より格下には絶対従わないはずの人。

 

それにも関わらず、彼を従わせたタケミチ。

 

凄すぎです。

 

そして、大寿一人で関東卍會を圧倒しますが、それを防ぐためにワカとベンケイが立ちはだかりました。

 

次回は大寿とワカ・ベンケイのバトル回になるようです。

 

ここで大寿が勝ったとしても、まだほぼ無傷の半間が残っています。

 

そうなると、次に半間が立ちはだかる可能性がありそうです。

 

大寿が無事マイキーのもとにタケミチを連れて行くことができるのかどうか気になりますね。

 

<< 258話 一覧 260話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました