スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ258話ネタバレ考察感想あらすじ!誰もが驚くアイツが緊急参戦!

漫画ネタバレ

2022年6月22日発売の週刊少年マガジン2022年30号で、『東京卍リベンジャーズ』258話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』258話は、列車を止めることに成功するものの鶴蝶の反応がないことに対して号泣するタケミチにピンチが訪れます。

 

何が起きたのか?

 

そんな彼に誰もが驚く人物が助けに入りました。

 

その人物とは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ258話『Strange bedfellows』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 257話 一覧 259話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ258話のあらすじネタバレ

列車が止まったことに対して一同は驚いていました。

 

そんな中、列車の暴走は三途の仕業と思ったマイキーはボーッとしている隊員たちに喝を入れました。

 

そして、東京卍會を完膚なきまで潰せと指示をしました。

 

ちなみに、今の東京卍會は虫の息同然の状態とマイキーは思っていました。

 

その指示を受けて関東卍會の隊員たちは大声を出したり腕を天高くあげました。

 

関東卍會の隊員たちの士気が復活しますが、ペーやん・河田兄弟は東京卍會は関東卍會のように復活するのは難しいと思っていました。

 

その頃、タケミチは鶴蝶のもとに駆け寄りますが、列車の中で鶴蝶は目を閉じて座り込んでいました。

 

「死んじゃダメだ!!!」

 

タケミチは鶴蝶には死んでほしくないと思っていました。

 

なぜなら、自分を助けてくれたことやみんなを救ったことへの感謝をちゃんと伝えていないからです。

 

しかし、声をかけても鶴蝶からの反応はありません。

 

なので、その場で号泣し出してしまいました。

 

この時列車の先頭車両に誰かが向かっており、砂利の音が響きました。

 

そんな中、タケミチは鶴蝶に声をかけても反応がないことを悔やんでいました。

 

「タケミっち!!後ろ!!!」

 

三ツ谷は三途がタケミチに接近していることに気付いたので呼びかけました。

 

三途はタケミチのせいで皆殺しにするという計画を潰されたことに対して怒りを露わにします。

 

そして、ずっと持っている日本刀でタケミチを殺害することを決意しました。

 

三途が目の前にいることに気づいたタケミチは大声をあげて彼に襲い掛かろうとしますが、蹴り飛ばされてしまいました。

 

スポンサーリンク

蹴り飛ばされたタケミチに向けて三途は刀を振り下ろそうとするために構えますが、すぐには攻撃をせずに思っていることをぶつけました。

 

勝ち目がないにも関わらずなぜ立ち向かうのか?

 

修羅に生きられないのであればマイキーに勝つことは絶対に無理。。

 

そう言うと、刀を振り下ろそうとします。

 

「どうした花垣!!!それで終わりか‼︎?」

 

突然バイクに乗って現れた人物がタケミチにそう叫びました。

 

その直後、三途は目を見開くほど驚きました。

 

なぜなら、現れた人物がバイクから手を離したことでバイクだけが突っ込んできたからです。

 

その結果、三途はバイクの直撃を受けて列車に叩きつけられてしまいました。

 

突然現れた人物を見てタケミチは驚きました。

 

一方、現れた人物は大笑いをしてから三ツ谷に対して特攻服に対してクレームを言いました。

 

なぜなら、特攻服が思っていたよりも小さいからです。

 

現れた人物が来てくれたことに三ツ谷が安堵する一方、八戒はすごく驚いていました。

 

また、青宗やココも彼の登場に驚いていました。

 

特にココは現れた人物を動かすほどのタケミチの影響力に驚いていました。

 

「大寿君‼︎?」

 

タケミチたちの前に現れたのは柴大寿です。

 

彼は元10代目黒龍の総長ですが、現在は東京卍會の陸(ろく)番隊の隊長になっていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ258話の感想と考察

まず、列車が止まった際にマイキーが三途の名前を呟いていました。

 

作戦を知っていたら「三途め・・・」となると思いますが、今回の語尾は「か・・・」でした。

 

この反応を踏まえると、彼の作戦は知らなかったけれどもこんなことをやるのは三途だけと思った可能性がありそうです。

 

続いて、タケミチは鶴蝶のもとに駆け寄りましたが反応がありません。

 

生死は不明ですが、関東事変で撃たれて重症を負っても復活した彼の生命力を考慮して生きていることを信じたいと思います。

 

そして、作戦を失敗させられた怒りで三途はタケミチを殺害しようとしますが、彼を救うような形で大寿が現れました。

 

誰かが現れるとしたら武臣だと思っていたのでこれは予想外でした。

 

ちなみに、大寿の登場に対して彼と深い関わりがあるメンバーの反応がわかるシーンがありました。

 

まず、驚くメンバーがいますが、特に八戒の驚きがすごかったです。

 

聖夜決戦後に大寿は家を出ていますが、八戒の反応を踏まえるとそれから今まで一度もあっていない可能性がありそうですね。

 

ちなみに、総長にも関わらず大寿が東京卍會にいることを知らないような反応をタケミチはしていました。

 

しかし、三ツ谷だけが彼が来ることを期待しており特攻服を渡していました。

 

三ツ谷は東京卍會のメンバーを集めていましたがその中で大寿にも声をかけていたようですね。

 

しかし、反応を踏まえてタケミチに内緒にしていたはなぜでしょうか?

 

それも気になりますが、大寿の参戦でこの戦いの流れがどうなるかも楽しみです。

 

<< 257話 一覧 259話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました