スポンサーリンク

アンダーニンジャ75話ネタバレ考察感想あらすじ!一喜一憂、気になる動画再生数!の巻

漫画ネタバレ

2022年6月20日発売の週刊ヤングマガジン2022年29号で、『アンダーニンジャ』第75話が掲載されました。

 

『アンダーニンジャ』第75話は、十郎ら下忍に、コンビニ強盗犯の捕縛等のわかりやすい善行の忍務を課したNINの狙いが描かれます。

 

十郎と鈴木は、金髪店員から昨日起きたタバコ屋の主人爆殺の様子が収められたデータ映像を見させられる。

 

「練魔新聞」の朝刊一面に、講談高校ガス爆発事故から実に36時間ぶりに倒壊した校舎から男子生徒が1名発見される!との記事が載った昨日のこと。

 

タバコ屋の主人は店内で一面の記事に目を通していると、なにやら外からラジコンヘリのような音が……

 

本記事では、『アンダーニンジャ』第75話[アピール大作戦]のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 74話 一覧 76話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

アンダーニンジャ75話のあらすじネタバレ

【コンビニ】

 

金髪店員が同じNINであり、仲間と知った以上、十郎に遠慮はありません。

 

半額シールのついた大盛ペペロンチーノを棚に戻し、冷やし中華を手に取りました。

 

そんな十郎の横にはいつ来たのか、松葉杖をついた鈴木の姿が。

 

金髪店員は、二人を店の奥にあるPCの前に連れて行き、昨日起きたある爆殺事件の映像を見せました。

 

 

【タバコ屋主人爆殺事件】

 

九郎は山田さんとの決闘直前に、NIN研のドローンを呼び寄せて刀を手にしました。

 

その時ドローンを呼び寄せた通信機のリングを手渡したのが街のタバコ屋の主人です。

 

その話しぶりから、主人の正体は九朗の一族と面識のある忍者であることが窺えました。

 

 

講談高校爆発事故の翌々日、「練魔新聞」朝刊の一面に生存者が一名確認されたとの報が載ります。

 

店を開け、一息ついてテレビを見ながら朝刊を読むのが日課であったタバコ屋の主人は、一面の記事を読んで生き残った生徒がいたことにビックリ。

 

同時に、生き残った男子に対し”よかったよかった”と心から思うのでした。

 

すると今度はテレビから速報が流れます。

 

生き残った生徒が交通事故で亡くなったとの速報でした。

 

この速報に驚くも、男子生徒がNINによって口封じのため殺されたことを確信。

 

生存者の有無すら民間に先を越され、事故処理ひとつ完璧に出来なくなっている組織のグタグタぶりを主人は嘆きます。

 

再び新聞に目を戻した時、店の外からラジコンヘリのような小型のプロペラ音が近づいてくるのが聞こえました。

 

近づくにつれて大きくなっていたプロペラ音はやがて一定の音量に。

 

目の前でホバー状態であることは明らかです。

 

スポンサーリンク

主人は新聞をわずかにずらして前を確認すると、そこには正方形の小型ドローンが一機ホバー状態で浮かんでいました。

 

瞬時にそのドローンが自分を狙って放たれたものであることを察します。

 

主人は退忍した身の自分にまで暗殺の手を仕向けたUNに半ば呆れるも、未だ忍者としての存在を認めてくれたことには感謝の思いを抱くのでありました。

 

主人が感謝の意を口にし、新聞から顔を出した次の瞬間。

 

ドオオオオオオオン!

 

 

正方形小型ドローンは自爆し、タバコ屋の建物は主人もろとも吹き飛び、辺り一面を爆炎が包むのでした……。

 

 

【再びコンビニ】

 

金髪店員がタバコ屋が爆破された映像を十郎と鈴木に見せたのは、NINの中忍以上を狙ったこうした爆発テロが多数起きていることを伝えるためでした。

 

上層部はUNによるテロを恐れて雲隠れ状態であることも併せて教えます。

 

鈴木はNIN上層部の状態はわかったとしながらも、では現在は誰が陣頭指揮にあたっているのかを尋ねました。

 

ハッキリ誰とは聞かされていなかった金髪店員は口を濁し、今の問題はそこではないと、また別の映像を二人に見せます。

 

映像は「講談高校ガス爆発事故の真相」のサムネイルと共にネットに大量に上がって拡散されているものでした。

 

内容はというと、爆発の瞬間、生徒が校舎から落ちたり、瓦礫に潰されたり、その場にいないと撮れないような凄惨なものばかり。

 

中には空撮でレーザーが校舎に落ちる瞬間の動画なんてものまである始末。

 

サムネイルが示すように、あれはガス爆発事故などではなく、まるでNINによる意図的な事件だと言わんばかりの映像群だったのです。

 

スポンサーリンク

映像拡散は明らかにNINに対する敵対行動といえました。

 

つまり、UNの仕業であると。

 

NINはこれら動画の撮影者は校舎の中にいた人物であると疑い、すでに生存者を内偵。

 

結果、金髪店員はあの現場の指揮官である加藤忍長が怪しいと読みますが、すでに加藤は捕捉されて極刑は免れない状態であることから、動画に関しての情報はこれ以上新しいものは見込めないのではないかと推測します。

 

金髪店員の話を横で聞きながら冷やし中華を黙々と食べていた十郎でしたが、撮影者は加藤ではないと、突然口を開きます。

 

動画全部ではないにしろ、カメラの目線が低い映像が殆どを占めていること、またカメラのブレ具合からも撮影者は人ではなく、おそらく猫だと話し、加藤ではない理由を説明しました。

 

金髪店員も鈴木も、あえて口には出しませんでしたが十郎の推察に納得。

 

金髪店員は撮影者が誰かよりも動画拡散の本質的な問題は別にあると話します。

 

これまでNINは国民の誰もが知っていて誰も存在を知らない「影」として、民衆の声なき声を代弁することで存在してきました。

 

言い換えれば存在を許されてきたとも言えます。

 

つまり、NINはこれまで民意を敵にしてはならないことに細心の注意を払いながら存続してきたのです。

 

拡散された動画には、これを見た民衆にNINへ対する不信感、猜疑心を与える狙いがありました。

 

NINはこれに対抗する手段として、これからは犯罪者に対して瞬殺せず、透明化もせずに手加減して倒し、NINが民衆の味方だとアピールすることを考案。

 

上層部からそう聞かされて指示された金髪店員は、対抗手段である民衆アピールのために今晩コンビニで強盗を待っていたことを二人に話して聞かせました。

 

すでに冷やし中華を食べ終え、総菜パンを食べ始めていた十郎はペットボトルの飲料水を口にしながら、NINのアピール作戦を忍務で目立ってもOKどころか推奨と解釈。

 

これからは面倒がなくて楽でいいやと思うのでありました……

 

スポンサーリンク

アンダーニンジャ75話の感想と考察

【誰が敵で誰が味方なのか?】

 

善の組織vs悪の組織といった単純に別の組織通しの争いであればだれが敵で味方かは判別しやすいのですが、いかんせん本作はそこんところが複雑です。

 

主人公にしても、九郎からその兄弟へと移動させた前例がすでにある以上、この先二転三転もあり得るでしょう。

 

普通でしたら主人公を軸に、誰が味方で敵かを推し量るものですが、その主人公が一族という複数人で、しかも移り変わり、尚且つ作中に登場するどの組織にも所属していてもおかしくないため、もう頭が混乱してしまいますね。

 

 

このまま既得権益にしがみついていたいNIN。

 

おそらくですが、他国の力を仰いででもNINを打倒して自分たちが立場を取って代わりたいUN。

 

ある意味、NINとUNのどちらにも消滅して欲しくないと考えている節が見え隠れする\工。

 

 

組織的な対立構図はこんな感じに詳細なことはわからずとも、ぼんやりとは認識しています。

 

ですがこれが登場人物個人の対立構図となると情報が限られているため、私的にハッキリとこうだ!って認識できていません。

 

連載開始からずっと読者にモヤモヤを感じさせ続けるという意味では、某海賊漫画も似たある意味称賛に値する作品だと思います。

 

とはいえ、あくまで個人的な感想ですが、今まさに本作を読み続けている読者は、モヤモヤからウンザリへと変わりかねない状態だと思うのですがいかがでしょうか花沢先生。

 

スポンサーリンク

【佐々魔と加藤と猫平】

 

ここにきて佐々魔の名前が作中をチラつくようになってきました。

 

やはり佐々魔はUN側の人間なのでしょうか。

 

それともUNを利用してNINでもない、新たな忍者の時代を造りたい維新の人間なのでしょうか。

 

佐々魔、龍馬、「ま」つながりってことでどうでしょか。

 

いずれにしても佐々魔がNINとUNの対立には両サイドから何かしら関係していそう。

 

加藤も猿田が発した今際の言葉をきっかけに佐々魔にまつわる何かを確信したに違いありません。

 

毒殺に処されないということは利用される可能性が高いです。

 

その結果、たとえ猫平の様にNIN研の手によって拷問以上の苦しみと屈辱を与えられたとしても、強靭な意志によって記憶を留め、加藤なりに鬼首の弔いを果たす行動に出るのではないでしょうか。

 

黒縁メガネに加藤という名字……

 

もしやNIN研にハゲ頭にされた挙句にアル中にもされ、とどめに抜けないわ剃れないわのチョビ髭を植え付けられ、カトちゃんペ、とか言わされちゃうんじゃ!?

 

今回作中に出てきた校舎倒壊動画は、猫平の目を通し記録されたものである可能性が高いです。

 

そうなると、猫平自身がUN側か、猫平を手術したNIN研内にUN側の人間か、NINを壊したい人間が紛れているということが考えられます。

 

忍者は破壊工作よりも諜報活動にその本質はあると考えますので、NINとUNのどちらにもスパイの存在はあるでしょう。

 

猫平があのアパートに住みついている理由はスパイ活動にあるのかもしれません。

 

なんだか川戸さんと純愛が絡んできそうですね。

 

<< 74話 一覧 76話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレアンダーニンジャ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました