スポンサーリンク

推しの子84話ネタバレ考察感想あらすじ!アクアの知らない所で戦略的に動くルビー

漫画ネタバレ

2022年6月16日発売の週刊ヤングジャンプ2022年29号で、『推しの子』84話が掲載されました。

 

アクアは順調に、ネットTVのバラエティ番組に出演していました。

 

ある日の番組収録で、アクアが驚愕することに・・・。

 

本記事では、『推しの子』84話『売り込み』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 83話 一覧 85話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

推しの子84話のあらすじネタバレ

アクアは、レギュラーの座を掴んだ、ネットTVのバラエティ番組で、活躍を続けていました。

 

その番組を見ている、ルビーのクラスメイト、不知火は、アクアの出ている『深堀れワンチャン』のバラエティ番組が面白いとルビーに言います。

 

同じクラスメイトのみなみも、友達もその番組を見てるって言ってたと言います。

 

不知火は、毎回深堀りしていく対象のチョイスが、ギリギリで良いと言います。

 

さらに不知火は、アクアのツッコミがクールで、人の心を感じなくて最高だと言うと、ルビーはいつもアクアはそんな感じだと言いました。

 

不知火はアクアは良いわと言うと、ルビーは可愛い彼女がいるからダメだと焦って言います。

 

すると不知火は、センスが好みなだけだと言い、推しとは一定の距離を保つのが一番だ、と言いました。

 

不知火は、このまま売れていけば、いずれ共演するだろうし、アクアだけでなく、ルビーもみなみも売れてきてるし、私たちが共演するのもそう遠い話じゃないと思うと言います。

 

そしてみなみは、アクアとルビーは双子だから、共演しそうだと言うと、ルビーは不敵な笑みを見せて「それがね」と言いました。

スポンサーリンク

「この度、深堀りリポーターに任命された星野ルビー、アクアの双子の妹でーす」と笑顔で言うルビー。

 

ルビーはアクアの出演する番組のリポーターをしていたのでした。

 

ルビーのVTRを見て、「マジかよ」とつぶやき、うつむくアクア。

 

アクアが鏑木Pを睨みつけるも、鏑木は知らないといったそぶりをします。

 

ルビーの天真爛漫な性格で、しっかりとリポーターをこなすも、アクアの顔色は青ざめていくばかり。

 

ルビーの明るくて元気なリポートと、対照的なアクアの表情に、共演者たちは大爆笑していました。

 

収録が終わり、アクアは鏑木の元へ行き、言いました。

 

「やってくれましたね」

 

鏑木は、ドッキリのつもりはなかったんだけど、良いリアクションだったよと言います。

 

そして鏑木は、アクアは素が見えないところがあるから、家族の前なら普段のアクアが見えて、視聴者も親しみやすさを覚えるし、双子キャラで売っていくのはいいと思うと言いました。

 

さらに鏑木は「君の妹は戦略的だ」と言うと、アクアはすぐに鏑木の仕込みじゃないのかと尋ねます。

 

すると、これはルビーの持ち込み企画だと言い、アクアは驚きました。

 

B小町のライブに呼んでもらった時に、ルビーが企画書を持参してきた、こういうことが出来る子は強い、ルビーを使ったのは企画が良かったからだ、と言います。

 

鏑木は、以前ルビーに会った時は、こういうことができる子には見えなかったが、苺プロに良いブレーンでも付いたのかな?と言いました。

 

その頃、ルビーはとある釣堀場へ行っていました。

 

そして静かに釣りをする、男性のところへ近づき、声をかけます。

 

「釣れてますか、壱護さん」

 

その男性は、斎藤壱護、苺プロの元社長でした。

 

壱護は「また来たのか、俺はもう社長でもなんでもない」と言うも、ルビーは、娘のように思ってたアイの娘が、会いにきてくれて本当は嬉しいでしょ」と言い、壱護の横に座ります。

 

「俺に関わるな」と壱護が言うも、ルビーは言いました。

 

一番真相に近いのはママの一番近くにいたあなただと。

 

「ママを殺した男を見つけ出すまで、絶対逃がしたりしないから」

 

スポンサーリンク

推しの子84話の感想と考察

今までルビーは素直でまっすぐな印象だったのが、今回のルビーはまるで別人のような、これまでにないルビーの一面を見た気がします。

 

積極的に自分を売り込むなんて、今までしたことがなかったのに、やはり復讐心に燃えてから、性格も変わってしまったのですね。

 

ルビーがアクアの番組に自分を売り込んだのは、きっとアクアがどういう人と今つながっているのか、アイを殺した人をアクアは見つけたのかを、探りにいったのが目的じゃないかと私は思います。

 

アクアが芸能界に固執する理由はきっと、犯人を捜しているからだと、ルビーは考えているからこそ、同じ現場へと、つながるきっかけを作ろうとしているのかなと思いました。

 

そしてそれと同時に驚いたのが、斎藤壱護をルビーが見つけていたことにびっくりです。

 

アイが死んでから、壱護は行方不明になっているので、もうかれこれ14年くらいは会ってなかったはずなのに、どうやって見つけたのですかね。

 

それと、ルビーが言った「絶対逃がしたりしない」と壱護に言った時、壱護が汗をかいて難しい表情をしていたのが気になります。

 

もしかしたら、壱護はアイを殺した本当の犯人を知っているのかもしれませんよね。

 

アイの一番近くにいたから、犯人の情報を知っていて、それを言えなくて、失踪したということも考えられます。

 

久しぶりの壱護の登場に、何か新しい展開が起きそうな予感がします。

 

<< 83話 一覧 85話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました