スポンサーリンク

サタノファニ206話ネタバレ考察感想あらすじ!罪悪感を覚えている吾妻

漫画ネタバレ

2022年6月13日発売の週刊ヤングマガジン2022年28号で、『サタノファニ』206話が掲載されました。

 

サタノファニ206話では、西が記憶を消す事が出来る機械であるシナプス・リボジショナーによって、記憶を何回も消去されていた事を知る道隆。

 

西は道隆と出会った後に終わった実験後、捕まって女医の命令で吾妻の手によって記憶を消されてしまっていたのです。

 

道隆はそれが事実ならどうして今は記憶を保持しているんだと言い、西は何らかの不具合が起こったか、敢えて消さずに済んだのではないかと持論を語ります。

 

果たして、何が事実なのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ206話『吾妻』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 205話 一覧 207話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

サタノファニ206話のあらすじネタバレ

西からシナプス・リボジショナーによって記憶を何回も消去されていた事を知った道隆。

 

道隆は、あれは道隆と知り合った日に起こった実験後の事だ、と言ってあの時の事を語ります。

 

実験後、捕まった西は女医の命令を受けた吾妻によって記憶を消去されようとしていました。

 

この事に非常に憤っている西に対し、吾妻は、既に何度も記憶を消去されている、と嘲笑しながら言って彼の記憶を消したのです。

 

その事を知った道隆は、もしそれが本当だったら何故記憶を保持したままになっているんだ、と聞くと西は、自分にもどうしてなのかは不明だが、機械が誤作動を起こしたから、敢えて消されなかったのだろう、と述べました。

 

その頃、吾妻はトイレに向かって吐しゃ物を出していたのです。

 

その理由は間久部のモノをしゃぶっていた際に出された液体を取り込まずに吐き出すためでした。

 

あのような男の液体なんて取り込みたくない、と思いながら自室へと向かいます。

 

そこには命を落としたメデューサ達の巨大人形があり、その一人である詩音に対して女医の指示で命を奪っていたのです。

 

吾妻は盗みを働いた事で逮捕され、五菱が運営する民間矯正施設へと移された時にジャバに出られる時間を短めにする事を条件に他の者達と共に様々な実験を施されたのです。

 

五菱は様々な技術を手に入れたが、それも全て彼女達を実験台として利用した結果でありました。

 

スポンサーリンク

吾妻は殺人鬼のマーダーモデルとして特に害はないエド・ゲインの記憶を宿らせられたのです。

 

エド・ゲインは殺人鬼としては有名人ではあったが、手にかけた人数は2人ほどとなっています。

 

彼は始末した2人と墓から掘り起こした遺体を使って、様々な道具を生み出した事で知られているのです。

 

彼は母親の教育によって、彼女以外に人々と関わりを持つ事が出来ず、彼女が命を落とした後は母親の人皮を纏うようになり、手にかけた2人も母親に似ていたからでした。

 

吾妻はちゃんとした女性の体を好んでいて、詩音を手にかけた自分や千歌達を始末した女医の事を許せず、西に全てを託していたのです。

 

その頃、西と道隆は話をしていたが、何者かが敢えて記憶を消去しなかった事に関しては一旦棚上げする事にしました。

 

西はシナプス・リボジショナーの居所を掴んでいて、もしもの時は必ず入手する、と道隆に伝えながら、女医達が何を考えているか分からない、とも言います。

 

西は、今行っているような実験が世間が知れば、大騒動になるだろうし、世間から批判されるのを覚悟の上で行っているように感じる、と道隆に伝えました。

 

道隆も龍野と会っていた際に彼が、桐生がメデューサ達のデータを基に超人を生み出すつもりではないか、と言っていたのでもしかしたらと思い始めます。

 

その頃、桐生はある建物で何らかの実験を施された女性を目の前にして、すぐさま跪くと、この日を待ち望んでいた、と述べるのでした。

 

その女性は黒髪のロングヘアーで黒色を基準としたワンピースを身に着けていました。

 

スポンサーリンク

サタノファニ206話の感想と考察

今回の話から吾妻は密かに反旗を翻していた事が分かりましたね。

 

エド・ゲインが母親の事を好んでいた事から、吾妻は女性の事を普通に好んでいたのだと思います。

 

それ故に女医の指示で詩音を仕留めた事が、表向きは命令でした事とは言え、不満があったのでしょうね。

 

しかし、同時に彼女達の恐ろしさを理解しているので、表立って動く事が出来なかったのだと思います。

 

そこで正義心がある西を使って、羽黒刑務所をぶっ壊してもらいたいのでしょう。

 

その日が来るまで屈辱にも耐えながら待つ事だと思います。

 

そして桐生の目的が超人を生み出す事かもしれない事が明らかになりました。

 

超人を生み出すのはかなり大変なので、その前哨戦として女医達に命じて千歌達のメデューサ達のデータとかを集めていたのでしょう。

 

そして彼女達が命を落としたところまでのデータを得て、新たに生み出したメデューサ達のデータも含めて今回登場した女性に注入したのかなと思いますね。

 

その女性はもしかしたら桐生の娘である瑠璃子かもしれませんね。

 

瑠璃子の事はかなり可愛がっていますが彼の性格上、娘でも目的のために利用しそうな感じがあります。

 

今のところは憶測でしかありませんが、女性の正体が誰なのか知りたいところですね。

 

<< 205話 一覧 207話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレサタノファニ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました