スポンサーリンク

パラレルパラダイス191話ネタバレ考察感想あらすじ!明かされる国母の真の姿

漫画ネタバレ

2022年5月30日発売の週刊ヤングマガジン2022年26号で、『パラレルパラダイス』191話が掲載されました。

 

パラレルパラダイス191話では、ナクタが何らかの手を使って国母の首を跳ねていました。

 

それによって封印されていた金城が復活しそうになっていて、自分に刺さっている剣を引き抜こうとしていたのです。

 

仁科は金城が完全に復活したら、即座に彼から剣を奪い取って戦って仕留めるように言うも、ヨータは絶対にそれは出来ないと言います。

 

それでもヨータなら大丈夫と言う仁科に勝算があるかと尋ねるヨータだが、彼女は無言でした。

 

果たして、何とかなるのでしょうか。

 

本記事では、パラレルパラダイス191話『おわりのはじまり』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 190話 一覧 192話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

パラレルパラダイス191話のあらすじネタバレ

ナクタが国母の首を斬り飛ばした事により、金城の封印が解除されようとしていました。

 

金城は唸り声を上げながら、自分に刺さっている神殺しの剣を力づくで引き抜こうとしていたのです。

 

危機感を覚えるルーミを尻目に仁科は、金城は確実に復活してくるからその時は彼から剣を奪い取って、確実に仕留めて、と言うのだがまだトラウマも克服しておらず、準備も出来ていない事からヨータは、急に言われても出来ない、と言いました。

 

仁科は、今の金城は不完全な状態だから、ヨータでも確実に仕留められる、と後押しするのだがヨータは、今の自分が金城に戦って勝てるって勝算はあるのか、と聞きます。

 

そうしたらあるのかないのか分からないのか、仁科は無表情で何も言わなかったのでヨータは、何か言ってくれ、と叫ぶのでした。

 

この間にも封印は解除されて言っていたので、リーメアリーは剣を抜き始めて備え始めます。

 

しかし、突如として炎が巻き起こると共に金城は握っていた剣から手を離し、再び意識を失う事になりました。

 

リーメアリーはこの状況に理解が追いついていない状態でしたが、仁科だけはこうなった理由を察していました。

 

一方、国母の首を斬ったナクタは、こう簡単に真実を言ってくれるとは想定していなかった、と言います。

 

スポンサーリンク

更に、国母が若さを維持するために罪なき者達を自分に始末させ、人々を助けようとしたヨータすらも手にかけさせようとしていたとは許せない、と憤怒の表情をしながら言い放っていたのです。

 

もう喋りたい事は無いか、と言う声がナクタの耳に入ると共に国母の姿が変化しようとしていました。

 

その姿は小型ながら翼を生やしたドラゴンのような姿でした。

 

国母の姿に呆気に取られていたナクタだったが、すぐに剣を構えて仕留めようとしていたが国母は何らかの呪文を唱え始めました。

 

それによってナクタの体に変化が起き始め、彼女は何が何だか分からない状況にただされるがままでした。

 

やがてナクタは人の言葉を喋らない人間の顔をした豚のような姿になり、国母は、自分に歯向かった者に相応しい姿になった、と言いつつ、ヨータを始めその協力者を消せ、と命じました。

 

一方、衛兵達は壊れた建物の再建に励む中、仁科は、国母が誰かに始末されたが完全に命を落としていなかったから金城の封印が解けたり、再度封印となったりした、と言います。

 

リーメアリーは驚きつつも、国母を手にかけた人物は誰なのだ、と仁科に聞くも流石の彼女も分かりませんでした。

 

リーメアリーは国母がやられて復活したと言う仁科の言葉を信じられず、取りあえず国母が無事だった事に安堵しながら、これから作戦を練る、とヨータに告げて去っていきました。

 

彼女が遠くへと行ったので仁科はヨータに、自分が前に言った事は分かっているよね、と言いつつ、リーメアリーには呪いがあるから国母の呪文で怪物に変わって必ずヨータの息の根を止めるから早めに仕留めて、と耳元で言うのでした。

 

パラレルパラダイス最新刊含め無料で全巻全部読める?lhsや漫画タウン以外で安全に読む方法を調査!
本記事では漫画『パラレルパラダイス』を無料で読むことができる方法を調べてみました。 もちろんLHScanや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできるサイトですので、最後までし...
スポンサーリンク

パラレルパラダイス191話の感想と考察

長い時を生きている国母が只者じゃないのは何となく察していましたが、本当に怪物だとは思いませんでした。

 

恐らく彼女もこれまで登場した魔女と同じように魔女なのでしょうね。

 

しかも戦う事無く呪文一つで相手を化け物に変えられるのですから、恐ろしいです。

 

しかし、仁科の話から呪いをかけられた者に呪文を唱えたら化け物になる可能性があり、それを踏まえるとヨータが怪物になる可能性は薄いでしょう。

 

どちらにせよ、リーメアリーをやらないといけなくなったヨータの心境は複雑でしょうね。

 

次回は綿密な作戦会議が開かれるのではないかと思います。

 

リーメアリーの主導で会議が開かれるでしょう。

 

国母がいる場所には敵がいるでしょうし、その周辺にも敵が沢山いて、中々侵入する事は出来ません。

 

作戦としては2つくらいあると思います。

 

1つ目は敵が来ない所を最短距離で城へと向かい、密かに入り込む事です。

 

2つ目はリーメアリーがヨータを捕縛した形にして、堂々と城へと入る事ではないでしょうか。

 

このどちらかになるとは思いますが、2つ目の方が確実性は高いと思います。

 

そうすれば面倒な戦いは極力避けられるし、国母にさえ翻意がバレる事が無ければスムーズに事が進むからです。

 

どんな策を取るのか、気になるところです。

 

<< 190話 一覧 192話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレパラレルパラダイス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました