スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい254話ネタバレ考察感想あらすじ!かぐやが呼びたい白銀の呼び方とは?

漫画ネタバレ

2022年5月26日発売の週刊ヤングジャンプ2022年26号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』254話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜254話では、学園生活で白銀はかぐやに対し、四宮と呼んでいるが彼女を四宮家から助ける時はかぐやと言っていました。

 

今もたまにそう言ってしまっていて、下手すれば他の生徒達に弄られるのを恐れていたのです。

 

一方のかぐやは偶にとは言え、白銀が下の名前で呼ばれるのが嬉しく、自分はどう言うか悩んでいました。

 

果たして、彼の事を何と呼ぶつもりなのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜254話『かぐや様は呼ばれたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 253話 一覧 255話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

かぐや様は告らせたい254話のあらすじネタバレ

学園生活で白銀はかぐやの事を苗字で呼んでいたのだが、不意に下の名前で言ってしまっていたので、慌てて訂正します。

 

白銀は心の中で、かぐやを四宮家から助ける時に名前で呼んでいたけど、完全に癖になっていて不意に言ってしまう、と思っていました。

 

同時に、このまま名前で呼んでもいいんだけど、他の生徒達から揶揄われるから四宮と呼ばないといけない、と思う白銀。

 

そして生徒会室へと戻り、かぐやはソファーに座ると白銀がかぐやと呼んでくれることを内心では嬉しく思っていたのです。

 

心の中で、自分も名前で言った方がいいだろうか、と考えます。

 

名前で呼んだら冷たいと感じてしまうだろうし、君付けにした方がいいだろうか、と考えるかぐや。

 

しかし、君付けだったら友人関係止まりになっているように見えるから、さん付けがいいだろう、と確信するかぐや。

 

かぐやからすれば、さん付けにすれば、ちゃんと仲がいい感じに見せつつ、大人っぽく見せる事も出来るし、付き合いの深いカップルらしい呼び方にも見える、と思っていました。

 

そう決断した際、白銀の妹の圭が入って来て、千花が彼女の事をちゃん付けで呼びます。

 

それを耳にしたかぐやは心の中で、想定していなかったけど、ちゃん付けもありかもしれない、と思っていたのです。

 

独り言のように呟くとかなり気に入り、仲が良い感じに聞こえるし、下の名前ともフィットする、と思っていました。

 

スポンサーリンク

それ故に、ここに白銀がやってきたら下の名前でちゃん付けしよう、と笑顔で決断するかぐや。

 

普段千花はさん付け、圭は下の名前で呼んでいたかぐやだが、早く白銀にちゃん付けで呼びたいせいか、とても嬉しそうにしていました。

 

それ故に小さい事を気にしなくなっていて、笑顔のかぐやに気づいた圭が声をかけてきた際に彼女の事をちゃん付けで呼んだので、圭はかぐやにそう呼ばれた事に驚きながらも照れます。

 

そうしたら千歌は自分もそう呼んでアピールをするも、かぐやは生気が無い目で何時も通りに呼んだのでショックを受けました。

 

そこへ白銀がやって来て、圭が彼に生徒会の引継ぎの話をしようとして来たので、白銀はかぐやと話し合おうとしていたのです。

 

かぐやは下の名前かつちゃん付けで呼ぼうとするも、本人を目の前にして恥ずかしく感じているのか、中々喋れませんでした。

 

圭はかぐやの様子からその事を察すると共に恐怖を感じていました。

 

その理由は白銀の名前は御行なので、それにちゃん付けすると女子っぽく聞こえる為で、実際男子がそれで揶揄った際にはブチギレたのです。

 

それを目の前で見ていた圭は白銀に対し、辛辣な態度や言動をしてきたがそれだけは絶対にしなかったのです。

 

そして遂にかぐやは白銀の事を、御行ちゃん、と呼んだら怒る事無く寧ろデレデレしていました。

 

圭は、何故ブチギレしないのか、と言うと白銀は、キレていたのは昔の事だし、彼女が呼ぶ分には問題ない、と言うのでした。

 

千花は、自分も呼んでいい、と聞くと白銀はブチギレするのでした。

 

そしてスタンフォード大学に行くまで、残り2日となりました。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい254話の感想と考察

白銀はかぐやの事を時折下の名前で間違って言っていましたが、もうそう呼んでもいいんじゃないかなと思いましたね。

 

時折そう呼ぶと言う事は、他の生徒の近くでもそう呼んでいた可能性があります。

 

それ故にかぐやのように気づいている生徒もいると思いますし、それにもうすぐ学園から去ってしまうのだからもう解禁しても問題ないんじゃないでしょうか。

 

そしてかぐやの方は試行錯誤の末に、ちゃん付けに決めました。

 

カップルの中には男性の事をそう呼ぶ人はそれなりにいると思いますが、どちらかと言えば少なめだと思います。

 

それでも白銀が許容してくれるのならば、それでいいのだと思いますね。

 

そして白銀は昔ちゃん付けで呼ばれていた時はキレていましたが、子供時代は少なからず誰にでもあるでしょう。

 

それが年齢を重ねて、ある程度許容できるようになり、彼女であるかぐやがそう呼びたいならと言う考えに至ったのだと思います。

 

千花には駄目なのは、過去にちゃん付けして揶揄っていた者達と同じ匂いを感じたからなのでしょう。

 

彼女の普段の行いの所為なのもありますし、彼女が普段からちゃんとしていれば許容してくれたんじゃないかなと思いましたね。

 

残り2日間、どうするのか気になりますね。

 

<< 253話 一覧 255話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました