スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ254話ネタバレ考察感想あらすじ!未来視を現実化させないために動き出す!

漫画ネタバレ

2022年5月25日発売の週刊少年マガジン2022年26号で、『東京卍リベンジャーズ』254話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』254話は、未来視を現実化させないためにタケミチが行動を開始しますが、彼が取った行動が原因で一悶着起きました。

 

何が起きたのか?

 

その後、三途のもとにタケミチが到着しましたが、彼と一緒にある人物がいました。

 

そして、その人物がタケミチに提案をしました。

 

誰がどんな提案をしたのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ254話『Train wreck』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 253話 一覧 255話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ254話のあらすじネタバレ

列車が汽笛を鳴らしながら走っていました。

 

そして、急ブレーキをかけたことで原因で脱線してしまいます。

 

その結果、コンテナや鉄柱が崩れ落ちました。

 

関東卍會や東京卍會の隊員たちは崩れ落ちるコンテナから必死に逃げます。

 

そんな中、関東卍會の誰かが下敷きになってしまいまいした。

 

タケミチは三ツ谷の名前を叫んでの彼のもとに駆け寄りますが、反応がありません。

 

ちなみに、駆けつけた時にはすでに下半身がコンテナの下敷きになっていました。

 

続いて千冬と八戒にも声をかけますが、彼らも反応がありません。

 

この時、千冬はコンテナの下敷きになっており、八戒は電車の下敷きになっていました。

 

「全員まとめて殺してやった」

 

これは三途の仕業でした。

 

この騒動では関東卍會の隊員たちも被害を受けており、中に苦しそうな声をあげている人がいました。

 

目の周り無残な光景を目の当たりにしたタケミチは号泣。

 

そして、天に向かって大声で叫びました。

 

我に返ったタケミチは今まで自分が見ていたのが未来視ということに気づきました。

 

そして、レールを触ったことで未来視を見たので、三途が列車を使って皆殺しを企んでいると思いました。

 

未来視で見たものは大変なことなのですぐに立ち上がるとどこかにタケミチは向かいました。

 

「追ってくるな」

 

走り出したタケミチは鶴蝶にお願いをします。

 

しかし、逃げ出したと思ったので鶴蝶は追いかけました。

 

スポンサーリンク

走りながらタケミチは考え事をしていました。

 

未来視で見たものはとてもヤバいことだった。

 

そして、未来視は必ず起こるので三途を止めないといけない。

 

レールを触ったことで見ることができたのでこの先に三途がいる。

 

これらが考えていたこどです。

 

考え事をしながら走っていると鶴蝶が追ってきました。

 

そんな彼に対して、事情を説明をしないといけないけれども絶対に信じてもらうことができないと思ったので、タケミチは走り続けました。

 

しかし、追いつかれてしましました。

 

追いついた鶴蝶はタケミチの特攻服をを掴んで吹っ飛ばしました。

 

そして、なぜ逃げるのか説明を求めました。

 

「誰も死なせたくないんだ」

 

そう言って通してもらおうとしました。

 

その頃、三途は電車を動かそうとしていましたが悪戦苦闘していました。

 

ちなみに、彼は電車を動かすのは簡単なことだと思っていました。

 

その直後、装置を試しに押してみると起動音がしました。

 

このことから、動かせることがわかったので不気味な笑みを浮かべました。

 

「三途ぅ!!」

 

誰かが大声で自分のことを呼んだことに驚いた三途は外を確認しました。

 

そんな彼の目の前にはタケミチと鶴蝶いたので驚きました。

 

一方、鶴蝶はタケミチが言った通りにここに三途がいることに対して驚いていました。

 

タケミチは三途がやろうとしていることをわかっていので止めようとします。

 

そんな彼に対して、三途は苛立っていました。

 

「力を貸すぜ」

 

鶴蝶は三途をぶっ飛ばすまでという条件付きで共同戦線を提案してきたので、タケミチは同意をしました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ254話の感想と考察

前回タケミチが見た未来視は仲間が亡くなっている姿でしたが、今回はそこに至る経緯が詳しく描かれました。

 

どうやら、列車を脱線させてコンテナや鉄柱を崩し倒したことで下敷きになったようです。

 

しかも、敵味方関係なく皆殺しにしたようです。

 

三途が犯人というのは前回はっきりしましたが、面倒という理由だけで味方まで殺害するのはヤバすぎです。

 

ちなみに、東京卍會の主要メンバーで被害を受けた人がいるのは分かりましたが、関東卍會側の主要メンバーはどうだったのでしょうか?

 

ちょっと気になりますね。

 

未来視を見たことでタケミチは止めようとしますが、鶴蝶との戦闘中に逃走してしまいました。

 

いきなり逃走されたら鶴蝶が怒るのも当然ですね。

 

その後、タケミチは三途がいる列車にたどり着きましたが、鶴蝶もいました。

 

ちなみに、鶴蝶はタケミチからここに三途がいることを聞いていたようです。

 

捕まってからタケミチはちゃんと事情を説明したようですね。

 

次回はタケミチと鶴蝶がタッグを組んで三途を止めるためにバトルをするようです。

 

相手は三途だけのようなので止めることは可能だと思いますが、どうなるか気になりますね。

 

そして、三途とのバトルが終わったらタケミチと鶴蝶のバトルが再開すると思います。

 

こちらの決着も気になりますね。

 

<< 253話 一覧 255話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました