スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ253話ネタバレ考察感想あらすじ!絶望的状況に追い打ちをかける絶望

漫画ネタバレ

2022年5月18日発売の週刊少年マガジン2022年25号で、『東京卍リベンジャーズ』253話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』253話は、まず東京卍會の主要メンバーたちの戦いに次々と決着がつきますが、その結果はタケミチが鶴蝶との戦いに集中できなくなるほどのものでした。

 

果たして、どうなったのか?

 

それにより大ピンチを迎えますが、その状況に追い打ちをかけるある出来事がありました。

 

それは一体何なのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ253話『The worst come』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 252話 一覧 254話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ253話のあらすじネタバレ

ボロボロの千冬は半間に殴りかかろうとします。

 

しかし、半間の攻撃の方が早かったので顔面にパンチを喰らって吹っ飛ばされてしまいました。

 

前回すでにアッくんと八戒はダウンしていましたが、千冬がやられる前に三ツ谷もダウンしていました。

 

マイキーと戦ったパーちんや半間と戦っていた三谷たち4人がやられたことを知ったタケミチは動揺を隠せません。

 

そんな彼は、残っている戦力のことを考えているとよそ見をしてしまいます。

 

なので、よそ見をしていることを警告した鶴蝶のパンチを顔面に喰らってしまいました。

 

「マイキー!!!」

 

ペーやんがコンテナの上にいるマイキーを呼びました。

 

呼ばれたマイキーが見下ろすと、ペーやんと河田兄弟がいました。

 

なぜなら、3人がマイキーの相手をしようとしたからでした。

 

一方、青宗はベンケイのパンチを腹に受けて悶絶していました。

 

「よく耐えたよ」

 

ココに近づいたワカは自分たちと戦ったことに対してそう言いながら彼の肩に手を当てました。

 

そして、ココから離れると彼は膝から崩れ落ちてダウンしてしまいました。

 

ワカ・ベンケイの『生ける伝説』コンビの勝利に関東卍會の隊員たちは大盛り上がり!

 

そんな中、タこの状況をどうしたらいいか悩みながら鶴蝶と戦っていたので、タケミチは攻撃を防ぐので精一杯でした。

 

その頃、ボロボロになったナホヤがマイキーに殴りかかろうとしていました。

 

スポンサーリンク

しかし、マイキーの回し蹴りを頭に受けてぶっ飛ばされるとその場でダウンしてしまいます。

 

ちなみに、この時点でペーやんは白目を剥いてダウンしていました。

 

「お前で終わりだ」

 

涙目のソウヤに対してマイキーが言いました。

 

そして、何か大きな物音がしました。

 

その音を聞いたタケミチは聞こえた方を剥いて驚愕しますが、それに対して激怒した鶴蝶の攻撃を受けて吹っ飛ばされてしまいました。

 

吹っ飛ばされたタケミチは、この戦いは無謀なもので自分のせいで東京卍會が敗北してしまうのではないかと考えて涙目になってしまいます。

 

そして、立ちあがろうとするために線路に手を伸ばして掴んだ瞬間、脳裏に映像が浮かびました。

 

汽笛を鳴らしながら迫る電車。

 

そして、血だらけの仲間たち。

 

コンテナに下半身を押し潰されて血だらけの千冬や血だらけの青宗

 

ちなみに、千冬には関東卍會の特攻服を着た人が全身をコンテナに押し潰されていました。

電車にはねられたからであろう八戒。

 

口から血を流して倒れるソウヤに鉄柱に押し潰されたナホヤ。

 

そして、コンテナに押し潰されて血だらけの三ツ谷。

 

そんな仲間の無残な姿を目の当たりにしたタケミチは泣いていました。

 

「全員まとめて殺してやった」

 

最後に三途は面倒なのでそうした言っていました。

 

その映像に対して、自分が今見た映像は未来視ではないかと思ったタケミチ。

 

彼はその映像の内容を踏まえて、三途が皆殺しを企んでいるのではないかと考えました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ253話の感想と考察

まず、前回で半間が本格参戦しましたがその際に八戒とアッくんが戦闘不能状態でした。

 

しかし、今回でさらに三ツ谷が戦闘不能になっていて千冬もやられてしまいました。

 

すでにボロボロの状態だったので三ツ谷・千冬も戦闘不能になるとは思っていましたが、思っていた以上にあっさり終わってしまったと思いました。

 

さらに、青宗・ココ対ワカ・ベンケイやペーやん・河田兄弟対マイキーもあっさり勝負がついてしまっていました。

 

展開が早すぎるのでどうなると思いましたが、後半で久しぶりにタケミチの未来視が発動しました。

 

それによると、三途が東京卍會全滅を企てており、電車を使ったりコンテナなどを利用して殺害してるようです。

 

しかし、そんなことができるのでしょうか?

 

今回の戦いの場は旧湾岸貨物操車場というように『旧』がついているのですでに使用していない場所だと思っていました。

 

なので電車が来るはずないと思っていました。

 

しかも、コンテナや鉄柱の下敷きになっている東京卍會のメンバーがいますが、これをどうやるのかも謎です。

 

そして、タケミチにとって関東卍會を倒すだけではなくみんなを死から救う戦いになりますが、両方とも成功して完全勝利を収めることができるのか?

 

今後の展開がとても楽しみです。

 

<< 252話 一覧 254話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました