スポンサーリンク

カイジ423話ネタバレ考察感想あらすじ!ミココドライバーからついにあの言葉が消える

漫画ネタバレ

2022年5月16日発売の週刊ヤングマガジン2022年24号で、『賭博堕天録カイジ』423話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』423話は、事前確認の為にカイジの意見を無視してデパート前を通過したミココドライバーでしたが、それが幸いしてカイジが確認していた状況からの変化を見ることが出来ました。

 

次なる打開策をカイジは打ち立てる事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』423話『増員』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 422話 一覧 424話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

カイジ423話のあらすじネタバレ

ミココドライバーの暴走とも言える独断の状況観察を決行されたカイジ達でしたが、3つある入り口のどれもが増員されているという状況の変化に気付くことが出来ました。

 

どう見ても帝愛の見張りである人員の数に、ピックアップポイントで停まったクルマの中でカイジは頭を抱えることになりました。

 

ただ一言、ヤバいと発したカイジの言葉に、ひたすら身を隠していたチャンは見つかったのかと焦りますが、カイジの持った危機感はそんなことではありませんでした。

 

追ってくるものもおらず、見つかっていないことを確信すると、人員が増えていたことをチャンに告げました。

 

各出入り口1人2人だった見張りが、今は5人に増えていたと言うカイジに、チャンは驚きを隠せません。

 

新たに呼んだわけではなく店内の見張りを出入り口に配置替えしたと、帝愛の動きを読んだカイジですが、抱いた危機感は全く消えずうな垂れたまま顔を上げる事は出来ません。

 

そんな2人の会話を楽しげに聞いていたミココドライバーは、聞いていた話より大事だと言い、怪しげな連中がゾロゾロいたことを確認しており、ただのストーカーと言うより組織であると言い当てました。

 

それでも、1度請け負った仕事はきっちり遂行するとプロドライバーとしてのありかたを語りましたが、もう10万円報酬を上乗せすることになりました。

 

スポンサーリンク

腹が据わっているとカイジが誉めたものの、客の言うとおりに走っただけで通常業務とミココドライバーは言いました。

 

もしも追いかけて来た誰かが停まれと言った所で気がつかないから仕方無いものであり、目も耳も悪いと得意げに言いました。

 

声も聞こえずバックミラーに映る小さい人間に気付くわけもなく、けれどそういう道理が通じず締め上げてくるようなことがあれば、死んだふりをするとドライバーは言いました。

 

相手も死なれちゃ困るだろ? と笑いながら言うと、カイジは大いに同意しました。

 

だから自分はダイジョビと言ったものの、帝愛のあの布陣はダイジョビじゃないとついに言いました。

 

店から出て来たマリオを追尾するような布陣ではなく、出た瞬間に捕まえようとする布陣だと言います。

 

出て二歩三歩のところで捕まえる気であり、このクルマまで辿り着けない可能性が高いと言うと、カイジもその見立てには同意するしかありませんでした。

 

マリオが帝愛の包囲に気付いていると確信し、もう泳がせる気も無く間髪入れず確保すると決断したとカイジはまたも読みを的中させました。

 

打開策を求めるチャンですが、カイジはこのマズい状況を突破する策を必死に思案しました。

 

スポンサーリンク

カイジ423話の感想と考察

今週も勝負が始まらず次週に持ち越しとなりましたが、修羅場をくぐり抜けてきたミココドライバーとカイジの見立て通り、マリオがタクシーまで辿り着くのは不可能に思えます。

 

やはり、マリオが母へのプレゼント用に買った服や帽子、ファッショングラスと言ったものを利用し、変装するしか手が無いかもしれません。

 

親孝行は出来なくなってしまいますが、ここで捕まってしまえば全てが終わりなので、それも仕方ないことです。

 

あるいは、出入り口の真っ正面までクルマを横付けさせてマリオを回収して走り去るというとんでもない手段を、このドライバーなら思いつきそうでもあります。

 

今回の打開策はカイジが閃くと言うよりも、このドライバーが鍵を握っているように思えるので、どんな突飛なアイデアが出てくるのか楽しみです。

 

そこから始まる帝愛の追尾班とのカーチェイスには、勿論遠藤も加わり更に勝負はヒートアップしていく展開も期待出来ますが、このミココドライバーがどれほどの走りを見せるかが勝負所となるはずです。

 

ナンバープレートも隠していないので、後に指名手配リストに載ってしまいそうですが、そこは得意の死んだふりできっと乗り越えるはずです。

 

あまりの話の進まなさに、もしかしたら作者もここからどうやってマリオを救出すれば良いかわからなくなった説も自分の中にありますが、きっと上手い展開を見せてくれるだろうと3話先くらいを期待して待ちましょう。

 

<< 422話 一覧 424話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレカイジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました