スポンサーリンク

大好きな妻だったネタバレ感想!結末が泣ける!末期がんの妻がついた最期の嘘

漫画ネタバレ

漫画『大好きな妻だった』は武田登竜門先生が描く青年漫画です。

 

業界注目の武田登竜門先生の商業デビュー作品で、1話完結漫画になっています。

 

とても仲の良い夫婦の、昴と千香。

 

そんな中、妻の千香に突然の余命宣告が・・・。

 

二人はいったいどうなってしまうのでしょうか。

 

本記事では、『大好きな妻だった』のネタバレと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

『大好きな妻だった』のあらすじネタバレ

帰宅した昴に千香が言います。

 

「明日あんたの誕生日?忘れてたわ」

 

もう祝うような歳じゃないでしょと追い打ちをかけて冷たい言葉を放つ千香。

 

昴は無言のまま、千香の顔を見ると、ぎこちない表情に違和感を覚えます。

 

「そりゃ残念だなぁ」

 

昴は料理をしている千香の後ろに立ち、千香を抱きしめました。

 

冷たい態度を取る千香でしたが、実は、昴のお誕生日プレゼントにワインと財布が用意していたのでした。

 

夫の誕生日を祝う為に用意されたプレゼント、そして装飾された部屋、机の上にはキレイなお花と、手料理。

 

いつも僕を喜ばせようとしてくれる大好きな妻。

 

そんな千香にまさかガンが見つかるなんて・・・。

 

それも、余命半年と医師から宣告され、昴は少しでも長く一緒にいられるようにしようと思いました。

 

それから半年後、千香はまだ生きています。

 

毎日病室に通う昴でしたが千香の態度は今日も冷たいものでした。

 

カーテンを開け、調子はどう?と聞くも、千香から返ってくる言葉は、

 

「一言言ってから開けろって言ってんじゃん、痛いところばっかりだよ」

 

昴は妻の洗濯物を持ち、そしてお小遣いを渡して言います。

 

「今日の治療も頑張って。僕も頑張るから」

 

目も合せようとしない千香は言いました。

 

「あんたに言われなくても頑張ってる、どうせ死ぬのに毎日頑張ってんだよ」と。

 

仕事を終え、夜、誰もいない家へひとり帰ると、昴は通帳と財布の中身を見ながら計算をしました。

 

「今月もなんとかなりそうだ」

 

貯金残額がどんどん減っているのを見ながら、お小遣いは毎週じゃなくてもいいかなと思うも、お金くらい自由にさせてやらなくちゃと思い直します。

 

スポンサーリンク

それから昴はコインランドリーに行くのを忘れていたことを思い出し、千香の洗濯物を持ってコインランドリーに行きました。

 

洗濯ができるのを待つ間、昴は昔のことを思い出します。

 

――――― 二人でコインランドリーに行った時のこと。

 

「パンツとか入っているんだから見ないでよ。」と千香が恥ずかしそうに言うと、昴が「別にいいだろ、それくらい」と何気ない幸せな会話でした。――――――

 

昴は、今一番辛いのは千香だ、できることならなんだってしてやろうと思いました。

 

コインランドリーからの帰り道、後ろポケットに入れていた携帯が鳴ります。

 

千香からのメッセージで、明日友達が来るからケーキを買ってきてという内容でした。

 

家に帰り、昴は半年間同じことの繰り返しだ、何をしてもそっけないし、僕のことを見ることもないと思った瞬間、昴の頭には信じられない言葉が浮かびました。

 

「千香はいつ死ぬんだろう」

 

いつか本当に言ってしまいそうで怖いと思ってしまう昴。

 

そして翌日、病院に行くも、予定より早く着くと、千香の友達の声が聞こえてきました。

 

「もっと高橋くんに優しくしてやんなよ」

 

「あんまりワガママ言っちゃだめだよ、お金とか全部お世話になってるんでしょ?」と言う友達に、千香は「アハハ、ちょっとやりすぎたかな」と言います。

 

そして千香はこう言いました。

 

「あたしが死ぬ前にしてあげられることはもう終わりかなあ」

 

友達は驚き、何を言ってるの?と尋ねると千香は、余命宣告された時にとことん嫌なヤツになろうって決めた、私が死んだあと、ああ、せいせいしたって思って残りの人生を楽しくいきてほしいんだと。

 

友達は、あんたは嘘が下手だからバレるに決まっていると言うと、千香は、だからずっと顔を見ないで喋ってたと言いました。

 

二人のやりとりを聞いていた昴は、あの日の千香の顔を思い出します。

 

誕生日を忘れていたと嘘をついた時のあの千香のぎこちない表情を。

 

千香は「もう分かっている、夫の気持ちがちゃんと離れていってるって、だからこのまま内緒にしておいて」と言った瞬間、昴がカーテンを開けました。

 

スポンサーリンク

涙ぐむ友達は昴の存在に気づいて驚き、慌てて帰ると言い、病室を出ていきます。

 

「声かけてから入れって言ってるでしょ」

 

千香の涙ぐむ声が聞こえた時、昴はやっと気づきました。

 

僕を見ようとしない理由になぜ早く気付かなかったんだろうと。

 

千香はケーキはいらない、ウザイから早く帰ってと言うも、昴は負けじと言いました。

 

「君にそのやり方を変える気がないなら僕も君と同じようにやるからな、よく聞けよ」

 

昴は千香を後ろから強く抱きしめて言います。

 

「お前なんか大嫌いだ、一秒でも早く死んでくれ、頼むから」

 

言った瞬間、昴は涙が溢れ、声を上げて泣きます。

 

千香も昴の手を握り、声を上げて泣きました。

 

今までで一番嘘が上手だった千香の嘘は暴かれ、半年前のように戻ったふたりでしたが、それを見ていた神様は数日後、千香を連れていってしまいました。

 

それから千香の葬儀の打ち合わせをしている時、担当者からの声に気付かず、ぼーっとしています。

 

昴の目の前にはお金の入った封筒がいくつも置いてありました。

 

さぞお辛いのにすみませんと言う担当者に、悲しいけどなんとか大丈夫ですと言う昴。

 

そして担当者から遺影はやはり一般的にこちらの笑顔のお写真がお薦めなのですがと言われるも、昴は言いました。

 

「いや、僕はこっちがいいんです」

 

あの日、千香の嘘が分かった時、病室で撮った2人の写真。

 

昴も千香も泣きながら撮ったその写真は、とても大切で大事な一枚なのだから。

 

スポンサーリンク

『大好きな妻だった』の感想と考察

もう涙なしには読めない漫画でした。

 

お互いを想い合う気持ちが切なくて、本当に昴と千香は心の底から愛し合っていたんだなと思いました。

 

余命宣告されてから、昴は千香のことが大好きだけれど、自分のことを見てくれないし、冷たい言葉や態度を毎日取られていたら、「いつ死ぬのかな」とふと湧いてくる気持ちもものすごく分かります。

 

誰だって昴の立場になったら、同じことを考えてしまうんじゃないかなと思いました。

 

そして千香も半年間本当に辛かっただろうなと思いました。

 

死への恐怖もあっただろうし、治療も辛かったと思います。

 

けれど自分のことよりも、愛する夫の、それも自分がいなくなった後の夫の将来のことを見据えて、冷たい態度を取っていたなんて、千香の昴への愛に心を打たれました。

 

そして千香が亡くなった後、葬儀の打ち合わせをしていた昴の前にあった封筒のお金は、あれは昴が千香に渡していたお小遣いなんじゃないでしょうか。

 

千香はお小遣いとしてくれるお金を一切使わず、昴のために残しておいたのだと思うと、どれだけ昴のことを想い、愛していたかが分かりますね。

 

読み切り漫画なので軽い気持ちで読み始めたのに、こんなに深い愛を描いた漫画だったとは。

 

ほんと、素晴らしい漫画でした。

 

とにかく泣きたい人にはおすすめなので、夫婦の表情が見える“漫画”で、ぜひ読んでみてくださいね。

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました