スポンサーリンク

ゴールデンカムイ313話ネタバレ考察感想あらすじ!杉元と鶴見の戦いの行方

漫画ネタバレ

2022年4月21日発売の週刊ヤングジャンプ2022年21号で、『ゴールデンカムイ』313話が掲載されました。

 

ゴールデンカムイ313話では、激戦の末に杉元は刀による斬撃を鶴見に浴びせました。

 

それによって鶴見は斬られた箇所から血を流すと共に、頭部の傷を隠している備品も壊れてしまいました。

 

そして鶴見の懐から2つの骨、権利書が落ちてきて、列車から落ちようとしていたのです。

 

アシリパは権利書を取ろうとしていて、鶴見もまた手を伸ばし始めました。

 

果たして、権利書を手にしたのは杉元達なのか、鶴見なのか、一体どちらなのでしょうか。

 

本記事では、ゴールデンカムイ313話『終着』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 312話 一覧 最終話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ゴールデンカムイ313話のあらすじネタバレ

列車の上での戦いの末、杉元の刀による斬撃が鶴見に命中しました。

 

鶴見は斬撃を喰らった事により、喰らった箇所では血が流れてしまい、頭部の傷跡を隠している備品も壊れてしまったのです。

 

備品が壊れてしまった事により、傷跡と黒い髪が露わになってしまいました。

 

更に鶴見の懐から2つの骨らしきものが出てきて、権利書もすり抜けて列車の下へと落下しようとしていました。

 

アシリパは権利書に手を伸ばすも、まだ権利書の傍にいたのとリーチの差等で鶴見の方が先に手にしたのです。

 

そして鶴見は骨が落ちた先を見ると骨は普通に落下していき、列車によって粉々になってしまったのです。

 

その光景を目の当たりにした鶴見は申し訳なさそうな、罪悪感に包まれているかのような表情を浮かべていました。

 

そんな表情を浮かべている間にアシリパはナイフで権利書が入っている筒に巻き付いてあるロープを切り裂くも、場所が場所だったのかバランスを崩して列車から落ちそうになってしまいます。

 

杉元は急いで彼女を助けようとするのだが、その前に鶴見に抑えつけられてしまい、しかも手にしていた刀を奪われてしまいます。

 

鶴見の手によって杉元は心臓付近を刀で貫かれてしまったのです。

 

しかも貫かれた刀は列車をも貫いてしまっていて、これでは逃げる事が出来なくなってしまうのでアシリパは悲痛な表情を浮かべていました。

 

スポンサーリンク

そして鶴見は怒りに満ちた目をしながらアシリパを見ると共に、ウイルクのせいで娘が黄金に手を出そうとして、命を落とす羽目になったのだからウイルクが悪い、と言うのでした。

 

その言葉はまるで呪詛のような物言いであり、鶴見は怒っているせいなのか頭部の傷跡から液体がこぼれようとしていました。

 

鶴見の怒りに満ちた目を見たアシリパは決して目を背ける事無く、彼の目を見続けるのでした。

 

そんな中、杉元はアシリパの腕を何とか掴んで、思いきり投げ飛ばしました。

 

投げ飛ばした際、自分は絶対命を落とさない男だから、とアシリパにまるで自分の事は心配するなと言わんばかりに、アシリパを不安にさせないように敢えて穏やかな顔で言い放つ杉元。

 

投げ飛ばした先には馬に乗って駆けつけていた谷垣と白石がいて、2人はこうなるとは思っていなかったのか驚きつつも、白石が危なげなく彼女をキャッチする事に成功しました。

 

そして列車は止まる事なく駅へと突っ込んでいき、杉元は刀で刺された状態で鶴見がここから去るのを阻止していたのです。

 

鶴見はそんな杉元を銃撃しようとしていたが、彼は馬鹿力で銃の銃口を鶴見へと向けさせるとそのまま引き金を引かせ、銃弾が発砲して鶴見の腹部を貫通します。

 

杉元は体中のあらゆるところから血を流しており、鶴見に関しては歯が動いていたが目から光が感じられませんでした。

 

そして列車は駅を突っ切って、深い海の中でと2人諸共落ちていきました。

 

アシリパ達が駆けつけた時には、もう列車と2人は海へと落ちてしまっていたので全てが手遅れでした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ313話の感想と考察

杉元の刀で斬られてしまった鶴見ですが、しぶとく生きていましたね。

 

頭部の傷を隠していた備品が外れてしまった事から、この備品によって命拾いしたところではないかなと思います。

 

そして彼の懐から落ちていったのは、恐らく妻子の遺骨なのだと思いますが、鶴見はそちらではなく権利書の方を優先しました。

 

家族への愛よりも目的を優先した感じなので冷たく感じるでしょうが、本人の寂し気な表情から察するに家族じゃなくて野望を選択した自分を許して欲しいと心の中で言っている気がします。

 

鶴見はウイルクに対して呪いの言葉を発していましたが、これは遠回しにアシリパにも言っている感じがしましたね。

 

ウイルクの行動によって黄金に関わった者達の命が失われたし、アシリパも危ない目に遭ったし、またアシリパに対しては金塊を探そうとするから杉元が命を落とすんだと思いが込められた台詞のような感じでした。

 

そして杉元が窮地に陥った際に言った台詞を穏やかな感じで言ったのは、アシリパに自分は決して命を落とさないから心配するなと言う意味合いがあるのでしょう。

 

そしてアシリパを馬で追跡していた谷垣達に投げ渡し、鶴見や列車と共に海の藻屑となっていきました。

 

これまでの流れから杉元は生きて出て来そうですね。

 

<< 312話 一覧 最終話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました