スポンサーリンク

少年のアビス92話ネタバレ考察感想あらすじ!篠岡のファインプレー

漫画ネタバレ

2022年4月21日発売の週刊ヤングジャンプ2022年21号で、『少年のアビス』92話が掲載されました。

 

『少年のアビス』92話は、前回に続き野添と夕子の中学時代編になっています。

 

人知れず交流している2人でしたが、花火大会に行くことになりました。

 

甘酸っぱい時が続くかのように思われましたが、そう長くは続かないのでした。

 

本記事では、『少年のアビス』92話『祭り』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 91話 一覧 93話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

少年のアビス92話のあらすじネタバレ

町で行われる花火大会のポスターを目にした夕子は、野添に一緒に行こうと誘いました。

 

学校の誰にも知られないように会っている関係であり、学校のほとんどの人が来るような祭りであるため2人の関係もばれてしまうことを考えて、野添は気乗りしない様子です。

 

学校の人に会ったら、今そこで会ったことにすると夕子はあまり深く考えていないようですが、野添はそれでも悩んでしまいます。

 

去年はクラスでハブられていたために行かなかった野添を連れて行きたいと、夕子は食い下がり続けました。

 

根負けした野添は、とうとう行くことにしました。

 

頬を染めながら、夕子の浴衣姿も見たいと言う野添でしたが、残念ながら浴衣は持っていないとのことでした。

 

その後、図書室に本を返しに行った野添は受付をしていた篠岡に、祭りに行くことを打ち明けました。

 

クラスの男子と行くと誤魔化したつもりでしたが、その様子から夕子と行くと篠岡にはバレてしまいました。

 

1年生の頃から色々と気にかけてくれていた篠岡には、野添も夕子との関係をそれとなく話していたからです。

 

篠岡も夕子の浴衣姿を素敵だろうなと言いましたが、浴衣を持ってないと言っていたことを伝えると、残念そうでした。

 

野添が帰ろうとしたとき、何か妙に考え込んだ表情になった篠岡は、野添を呼び止めました。

 

祭りの当日、篠岡と共にやって来た夕子は思ってもいなかった浴衣姿でした。

 

篠岡は友達と約束があるからと早々に立ち去り、デートを楽しんでと笑顔で手を振って行きました。

 

顔を真っ赤にしながら、野添は浴衣が似合っていると夕子に言うと、篠岡のお姉さんの物らしく、ちょっと大人っぽいと夕子も嬉しそうです。

 

町に対して祭りに集まった人の多さに驚く野添でしたが、花火大会があるのはこの辺りではここだけということで、遠くの地区からも集まってくるそうです。

 

スポンサーリンク

だから同級生がいても会うことはないと思うと、夕子が話していると人とぶつかってしまいよろけてしまいました。

 

受け止めた野添とそのまま、手を繋ぎ歩き始めました。

 

東京での祭りを聞かれた野添は、住んでいたところは、都会に比べて小さい祭りだったからこんなに賑やかな祭りは初めてと言うと、すぐそこの山で上がる花火も迫力あるよと夕子は教えてくれました。

 

以前、この町を好きになってもらいたいと言っていた夕子は、好きになってくれた? と尋ねました。

 

夕子がいるこの町が好きだと言い、自然と顔が近くなる2人でしたが、背後から夕子を呼ぶ声がして野添は咄嗟に離れました。

 

友達ののりちゃんが煙草を手にやって来たのですが、祭りに来ないと言っていた夕子が浴衣まで着てここにいることや、一緒にいる野添に対しても何か言いたそうな目を向けました。

 

予定通り、ばったり会ったことにする夕子ですがのりちゃんは気にせず夕子を連れて行こうとしました。

 

そこへやって来た集団はいつも一緒にいる夕子の友達で、一緒に行こうと誘いましたが、リーダー格のような金髪の男だけは野添といたことを察しました。

 

去年転校してきた野添に祭りを案内していると夕子は言いましたが、何も言わずその男は野添を見て大丈夫なん? とだけ言いました。

 

その男の行こうやという一声で、夕子を無理に連れて行く事もせず集団は去って行きました。

 

花火を見やすいところに移動しようと言う夕子に連れられ、歩き出した野添は先ほどの金髪の男の事を尋ねました。

 

名前は雨竜といい、普段は男子の集まりにしかおらず夕子もよくわからないとのことでした。

 

どういう意味で大丈夫か聞いてきたのかが気になった野添でしたが、名前を呼ぶ声が聞こえ振り返ると夕子は連れ去られていました。

 

必死に夕子の名を呼び、手を伸ばした野添でしたが何者かに蹴られ追いつくことも出来ず、雨竜の先ほどの言葉が頭の中に浮かびました。

 

少年のアビス最新刊含め無料で全巻全部読める?rawや漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『少年のアビス』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

少年のアビス92話の感想と考察

中学生・花火大会と青春ワードが並んで良い雰囲気と思いきや、そのまま行かないのがこの作品です。

 

篠岡にだけは夕子との交際を打ち明けていた野添でしたが、そのおかげで浴衣を貸してくれたり2人を応援してくれたりと良い立ち回りをしていました。

 

明らかに野添に対して好意があるのに、そんな役に回っている篠岡が見ているとちょっと心苦しいものもありますが、今後どうなって行くのかこちらも気になるところです。

 

良い雰囲気になっていたところにやって来たガラの悪い集団ですが、その中にいた雨竜は別格感が凄かったです。

 

一目で野添との関係を見抜いたようでもありましたが、言われた本人同様に大丈夫なん? という言葉の意味が気になります。

 

やはりクラスで目立たない存在である野添が、夕子と付き合うことに対してなのか、或いは後に野添が語るように夕子の中にある深淵を見抜いていたのかはわかりません。

 

ここで登場したと言うことは、現代でも今後登場することになるのでしょうか。

 

不穏な空気のまま終わった今回、服装を見るとまた別なグループに夕子は連れて行かれたようなので、早く続きを読みたいです。

 

<< 91話 一覧 93話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ少年のアビス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました