スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ250話ネタバレ考察感想あらすじ!流れが変わろうとする主要メンバー戦

漫画ネタバレ

2022年4月20日発売の週刊少年マガジン2022年21号で、『東京卍リベンジャーズ』250話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』250話は、まず、東京卍會のメンバーが勝利をおさめた勝負が明らかになりました。

 

その勝負とは何か?

 

これにより東京卍會の勝利の流れがさらに加速するのかと思いきや、ある1戦で流れが変わろうとしていました。

 

そのバトルとは?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ250話『Turn the table』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 249話 一覧 251話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ250話のあらすじネタバレ

タケミチと鶴蝶は息が荒いもののお互い立っていました。

 

そんな中、鶴蝶はどれだけ殴ったらタケミチを倒すことができるのかわからず困惑していました。

 

一方、アッくんはどうしても無様な姿を見せるわけにはいかないと思っていました。

 

なぜなら、タケミチの背中を追いかけているからです。

 

そんな彼は斑目を煽りました。

 

煽られたので激怒した斑目はメリケンサックを装備した右手でパンチを放ちます。

 

しかし、アッくんにかわされてしまいました。

 

「トップに立てねぇんだよ!!」

 

武器を使って攻撃をする斑目を否定するアッくんは攻撃をかわしてからそう言いながらパンチを放ちました。

 

その結果、パンチが顎に入ってしまったので、斑目は白目を剥いてその場に崩れ落ちてしまいました。

 

斑目が倒れたことでそれぞれのチームの隊員は違う反応を見せました。

 

まず、斑目が倒れたことに関東卍會の隊員たちは驚いていました。

 

一方、東京卍會の隊員はアッくんの勝利に大盛り上がり。

 

幹部たちの戦いが今のところ東京卍會の全勝ということがすごいと思ったり、このまま自分たちが勝利するのではないかと思う隊員がいました。

 

そして、隊員たちは東卍コールを始めました。

 

ワカと戦っていた青宗は自分も負けるわけにはいかないと気合を入れていました。

 

スポンサーリンク

そして、なぜ千咒についていたにも関わらず関東卍會側についたのか質問をしました。

 

しかし、ワカ自身は答えずに青宗の後ろにいる人物なら何か教えてくれるに違いないので後ろに誰かいることを教えました。

 

青宗の真後ろにベンケイがいましたが、振り返った直後に思いっきり叩かれて吹っ飛ばされていまいました。

 

「東卍の勢いもここまでだ」

 

ワカが青宗を倒すのに時間がかかっていたことに苛立っていたベンケイは東京卍會の勢いを止めようとしていました。

 

一方、春千夜と戦っていた千咒はボロボロでした。

 

彼女は自分が原因で兄弟が争うことが嫌なので自分の敗北で勝負を終わらせようとしていました。

 

「ホントにごめんね」

 

幼い頃にマイキーの飛行機のプラモデルを自分が壊したにも関わらずその罪を春千夜になすりつけてしまった結果、顔の傷をつけてしまったことを後悔していたので謝罪をしました。

 

謝罪した直後、春千夜は持っていた鉄パイプで千咒の後頭部を殴打。

 

それにより千咒ははその場にダウンしてしまいます。

 

千咒を春千夜が倒したことで関東卍會の隊員たちは大盛り上がり。

 

中にはこの勝負で形成が逆転したと思っている隊員がいました。

 

一方、東京卍會の隊員たちは千咒が倒されてしまったことに動揺していました。

 

また、三途がやられて関東卍會の隊員が大盛り上がりなことに対して、タケミチは危機感を抱いているよな表情をしていました。

 

「あの日何があったかテメェは何もわかってねぇ」

 

「オマエのした事はきっかけにすぎねぇ」

 

春千夜はそう言って千咒のもとから去ろうとしました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ250話の感想と考察

まず最初にアッくんと斑目の勝負の決着がつきましたが、アッくんが一撃で斑目を倒してしまいました。

 

関東事変・タケミチが初めて六破羅単代と梵に遭遇した際に続いて斑目は一撃で倒されてしまいました。

 

斑目、タイマンだと弱すぎですね。

 

この勝負に対して東京卍會は勝利を確信したようですが、そうはいかないようです。

 

勝負はついていませんがワカと青宗の勝負にベンケイが乱入。

 

青宗が2人を相手にしなければいけなくなりましたが、どうなるか心配です。

 

そこで気になったのがココの反応のコマがあったことです。

 

別に登場させなくてもいいと思うのですが、1コマだけ登場させたことには何か理由がありそうだと思います。

 

関東卍會を裏切って青宗と共闘する可能性もありそうですね。

 

そして、千咒と春千夜のバトルは戦う意志がない千咒を春千夜が倒してしまいました。

 

この勝利で関東卍會に流れが変わりつつありますが、春千夜の口に傷をつけられた事件には千咒が知らないことがあると言うような発言がありました。

 

しかも、その事件は何かのきっかけになったとの事。

 

あの事件の時、部屋で漫画を読んでいた千咒は春千夜の悲鳴を聞いて外を見たら負傷していました。

 

次回は回想からスタートしてその事件の千咒が知らない何かが明らかになるに違いないと思いました。

 

<< 249話 一覧 251話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました