スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ249話ネタバレ考察感想あらすじ!勝利の一方で苦戦する東卍の主要メンバー

漫画ネタバレ

2022年4月13日発売の週刊少年マガジン2022年20号で、『東京卍リベンジャーズ』249話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』249話は、灰谷兄弟と三ツ谷・八戒の勝負に決着がつきました。

 

勝敗の決め手になったのは八戒の作戦でしたが、その作戦とは?

 

また、他の主要メンバーの勝負の状況が明らかになりますが、決着がつく一方で東京卍會が苦戦を強いられていた対戦カードがありました。

 

それぞれどの対戦カードなのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ249話『Good chemistry』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 248話 一覧 250話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ249話のあらすじネタバレ

灰谷兄弟の5分間で倒すという予言に対抗する三ツ谷と八戒。

 

彼らは一緒に灰谷兄弟を5分で倒そうとしていました。

 

そして、この勝負で兄弟のコンビネーションより自分達の方が上であることを示したいと思っていました。

 

八戒には作戦がありましたが、まずは関東事変でのソウヤと一緒に灰谷兄弟戦った時のことを話しました。

 

ソウヤとのコンビで戦いましたが、灰谷兄弟のコンビネーションを破ることができませんでした。

 

なぜなら、灰谷兄弟が嫌なところを突くという戦術に苦戦したからです。

 

そこで、三ツ谷が来る前にやられてから回復するまでの間に作戦を考えていました。

 

そんな彼はいきなり走り出し竜胆にタックルをします。

 

「離しちまえばいいんだよ」

 

そう言って八戒は竜胆を抱えてどこかに行きました。

 

突然のことだったので、この時の蘭は驚いていました。

 

八戒がいなくなった直後、三ツ谷は蘭に急接近して強烈な一撃を放ちます。

 

パンチを喰らって蘭はうずくまりますが、そんな彼に三ツ谷は立ち上がるよう指示をしました。

 

ちなみに、最初は八戒の作戦はバカげていると思っていましたが、この時点で作戦は有効だと思っていました。

 

一方、千冬と戦っているモッチーは体格差があるにも関わらず自分が劣勢なことがわからず戸惑っていました。

 

しかし、千冬は体格差は関係ないと思っていました。

 

「テメェの100倍デッケェ」

 

自分が負けられない想いの差が勝敗の差だと思っている千冬。

 

そんな彼はモッチーを殴り倒してしまいました。

 

その頃、三ツ谷は蘭に蹴りを放ち、八戒は竜胆を殴りました。

 

モッチーと副総長の千冬の勝負の決着を目撃した東京卍會・関東卍會の隊員たちは驚いていました。

 

一方、竜胆は気絶をして蘭は戦意喪失。

 

そのことに対しても隊員たちは驚いていました。

 

関東卍會の隊員と戦いながら千冬や三ツ谷・八戒の勝負の結果を目撃した河田兄弟。

 

ソウヤは彼らがすごいと思ったり東京卍會が優勢だと思いました。

 

しかし、ナホヤはまだ油断できないと思っていました。

 

「流れは一気に関東卍會に傾くぞ!!」

 

自分たちは少数精鋭なので一戦でもうちが負けるようであればそうなると思っていたからです。

 

この時、タケミチはへばっていると鶴蝶は思っていましたが、タケミチは全然へばっていませんでした。

 

一方、千咒は三途に苦戦を強いられていました。

 

なぜなら、昔から彼女を育てていたことで動きが手に取るようにわかるからです。

 

さらに苦戦を強いられていたのは、斑目と戦っていたアッくんでした。

 

メリケンサックを手にはめている斑目を前にしゃがみ込んでいたアッくん。

 

そんな彼に対して、もう戦えない状況なのかと斑目はバカにしました。

 

この状況に対して、昔の自分であれば倒れて負けてしまうか刃物を出していたと思うアッくん。

 

「無様な格好見せられねぇんだワ!!」

 

タケミチの背中を追いかける自分はそんな姿を見せるわけにはいかないと思っていました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ249話の感想と考察

関東事変での戦いの結果を踏まえた八戒の作戦のおかげで灰谷兄弟を倒すことに成功しました。

 

灰谷兄弟の強さは兄弟のコンビネーションからくるものです。

 

それを崩すために八戒が竜胆を捕まえてコンビネーションを分断するというシンプルではありますが功を奏しました。

 

しかし、分断されただけであっさり倒されていましたね。

 

主要メンバーの勝負で今回も1つ決着がつきました。

 

それは、千冬とモッチーです。

 

モッチーはただ千冬を倒したいと思う一方、千冬は副総長として関東卍會には負けられない。

 

この想いの差が勝敗に大きく影響したと思いました。

 

2つの勝負に勝ったことに対してソウヤはすごいと思うもののナホヤは油断できない状況はまだ続いていると思っていました。

 

人数差は変わらないし関東卍會の幹部クラスは強者揃い。

 

なので、少しでも戦況が変わったら関東卍會に流れが変わる。

 

そう思うのは大事だと思いました。

 

そして、主要メンバーの勝負の状況ですが、タケミチと鶴蝶はまだしばらく勝負がつかなそうな状態です。

 

しかし、ここでタケミチが負けてしまうと全てが終わってしまうのでタケミチには頑張ってほしいです。

 

続いて、千咒と三途ですが、兄妹対決ということで三途有利のようです。

 

そして、最後に斑目とアッくんですが、圧倒的にアッくん劣勢のようですがまだ諦めていないようです。

 

次回はアッくんと斑目のバトルがメインになりそうですが、どんな決着を迎えるのか楽しみですね。

 

<< 248話 一覧 250話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました