スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい249話ネタバレ考察感想あらすじ!かぐやが語る将来の夢

漫画ネタバレ

2022年4月7日発売の週刊ヤングジャンプ2022年19号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』249話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜249話では、追い詰められた黄光はかぐやと雲鷹に対し、大人しく時が来るのを狙っていたのかと苦し紛れに言います。

 

雲鷹は今回は石上達が勝手に動いただけで、自分は特にこれと言った動きはしていないと言い、黄光からかぐやの指導について指摘されたら命令通りに育てただけと言ったのです。

 

そして後の事はかぐや達に任せました。

 

果たして、かぐや達はどうするのでしょうか。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜249話『かぐや様は叶えたい』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 248話 一覧 250話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

かぐや様は告らせたい249話のあらすじネタバレ

かぐや達に追い詰められた黄光は自分とは違う母親から生まれたかぐやと雲鷹に対し、この時を密かに待っていたのか、と言います。

 

雲鷹は、今回は石上達が動いたけど、自分はこの場にやって来ただけで特に何もしていない、と言いました。

 

そうしたら黄光はかぐやに対して、道具の癖にいらない知識を身につけやがって、と愚痴りつつ、彼女を育てた雲鷹にも愚痴を言い始めます。

 

対する雲鷹は、ちゃんと四宮家の一員として育成した結果、最悪な性格を持つ人間として育った、と言ったのです。

 

かぐやはその事に関して、そういう性格にしたのは許す気はないが、身を守るやり方を指導してくれた事にはお礼を言う、と言いました。

 

そして雲鷹は、こういう争いで殴り合うのは駄目だから、あとはそっちで決めろ、と言って引き下がったのです。

 

タブレット越しで伊井野は、今のままだったら四宮家は内部崩壊しかねないから、ちゃんと話し合うべき、と訴えます。

 

しかし、かぐやを始め、黄光達は皆雁庵の子供だが母親が違い、しかも常に競争と周囲の期待があり、そう簡単にはいかないのです。

 

しかも四宮家は巨大な家なのでそれが崩壊すれば、多くの人達が路頭に迷う為、彼らの言葉には責任が伴います。

 

それ故に黄光はたかが結婚で文句を言っているので、責任を果たしていない事をなじったのです。

 

かぐやも責任はちゃんと取るつもりでいるが、黄光に命じられたからじゃなくて自分の意思で責任を取ろうとしていました。

 

スポンサーリンク

あくまでその責任を果たすのは、揉めている四条家と穏便に和解してから、と語るかぐやだが黄光は信用出来ませんでした。

 

彼に信用してもらうためにかぐやは、今話す事は誰にも話した事はない、と前置きすると、写真家になろうと考えている、と言いました。

 

まさか写真家になろうとしているとは思っていなかったのか、この場にいた全員が驚いていたのです。

 

続けて、カメラを買ってから一先ず写真を撮り続けているけど、将来的には人間の写真を撮ろうと考えている、と言うかぐや。

 

更に、大学へと進学して写真撮影に関係しているサークルに加入し、それ以降はどうなるか分からないけど写真に関係する職種に就こうとしている、とかぐやは言いました。

 

それ故に四宮家でどのようなポジションにつきたいかどうかに関しては全然考えていませんでした。

 

続けてかぐやは、自分を束縛しないのと白銀達に迷惑をかけなかったら黄光が後を継ぐ事に関しては文句ないし、自分も四宮家のために働く、と言いました。

 

ここまで話を聞いた黄光は、そこまで言うなら四条家と和解してみろ、それが出来たら許可するが無理だったら結婚させる、と言い、かぐやも了承します。

 

一先ず一件落着な方向に進みつつあったが、納得いかないのが雲鷹でした。

 

彼は黄光が全権を握る事に元々納得していなかったし、それ以前今の話し合いの内容では自分に得が無いのです。

 

それ故に配下に命じて遺言書を奪おうとし、かぐやも驚きの顔をしながら逃げるのでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい249話の感想と考察

黄光が言っていましたが、雁庵の息子娘全員が何もかもがバラバラだったとは思いませんでした。

 

かぐやは他の兄達とは年齢差がある事は分かっていましたし、雲鷹も母親が違うと言う事も判明していましたが、黄光と青龍もそうだったとは驚きでしたね。

 

もしかしたら雁庵やそれより前の先祖達も敢えてそうする事で、家族間の競争を煽って一番優秀な者が跡を継がせようとしていたのでしょう。

 

それ故に今まで四宮家は強大な力を得ていたのだと思います。

 

そしてかぐやが写真家になろうとしていた事には驚きましたね。

 

今までその職につこうとしていたと言う描写が殆どなかったので、正直呆気に取られました。

 

同時に自分を束縛せず、白銀達に迷惑をかけないならちゃんと役目を果たそうともしていたのです。

 

余りいい思い出は無かったけど、流石に実家の危機を傍観するような真似はしたくなかったのでしょう。

 

そして話の最後で雲鷹が配下を使ってかぐやを襲わせましたね。

 

雲鷹は黄光だけに権力を渡る事を嫌がっていましたし、かぐやが約束を守るのなら権力は全部黄光に渡すと言った時には話が違うぞと言った心境だったでしょう。

 

勿論、かぐやは逃げるとは思いますが、何処へ逃げるのか気になるところですね。

 

<< 248話 一覧 250話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレかぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました