スポンサーリンク

サタノファニ198話ネタバレ考察感想あらすじ!男性に罪悪感を抱く美依那

漫画ネタバレ

2022年3月19日発売の週刊ヤングマガジン2022年16号で、『サタノファニ』198話が掲載されました。

 

サタノファニ198話では、千歌と小夜子は昼食の話をしていると、美依那がいない事に気づきました。

 

美依那は以前教団の事を調べるために空木に扮していて、自分と関わった男性と話をしていて、男性は彼女を空木と思っていたが人違いだと言ったのです。

 

美依那は気づかれたんじゃないかと思っていたので、心の中で安堵していました。

 

男性は空木とは婚約したいと考えていた事を、彼女に伝えたのです。

 

果たして、それを聞いた美依那はどう思うのでしょうか。

 

本記事では、サタノファニ198話『それぞれの決意』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 197話 一覧 199話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

サタノファニ198話のあらすじネタバレ

千歌と小夜子は昼食に関する話をしていたら、美依那がいない事に気づきました。

 

その彼女は教団の事を調べるために、ふくよかな女性である空木になりすまして、魚屋で働いていて教団に関係していた男性と話をしていました。

 

男性は今も行方知れずとなった空木を捜索していて、美依那に助けられた際に彼女の面影を感じたのだが、人違いなのを理解して謝りました。

 

美依那は、気づかれなくて良かった、と内心安堵していると空木の事を尋ねると男性は、彼女が許してくれれば婚約しようと考えていた、と答えたので美依那は驚いたのです。

 

あくまで自分がそう考えているだけ、と言いつつ、何故か美依那には喋ってしまう、と苦笑いする男性に成りすましていた彼女はいたたまれない表情をしていました。

 

すぐさま切り替えて、もしかしたら別の男性の元にいるかもしれない、と言う美依那。

 

対する男性は、彼女が無事で楽しく暮らしてくれれば嬉しいけど、また会いたい、と口にしました。

 

彼女は一度成りすました状態で男性と行為をした事があり、心の中で、もう出会う事はないし、自分がしでかした事はとても酷い事だ、と罪悪感を抱きます。

 

そして男性は美依那の怪我の事を心配しだしたので、自分の傍にいた人達が男性みたいな人達だったら人を始末する事はしていなかったかも、と呟いたのです。

 

男性の元を離れる事にした彼女は精一杯笑みを作って別れるのでした。

 

その頃、道隆は胡桃沢、ハルと共にレイカの息子の簡素な葬儀に来ていました。

 

胡桃沢は今は亡き斯波から教団に関する情報を得ていたのでそれを世間に公表しようとしていましたが、レイカはそれに待ったをかけたのです。

 

スポンサーリンク

その理由はこの周辺は教団によって支えられていたため、教団を無くせばパニックになるからでした。

 

彼女の決断に対し、胡桃沢は受け入れる事にしました。

 

そしてハルは道隆達の行動を間近で見ていて、自分自身の力で母親を説得して村から出ていく、と決意してその事を道隆に伝えました。

 

彼女の様子に満足そうな様子を見せる道隆。

 

胡桃沢は今後の方針を道隆に尋ねると彼は、龍野と話をしようと思う、と口にしました。

 

そしてその龍野は一室で桜川と行為をしていたのです。

 

何度も何度も行為を繰り返しているのか、龍野には限界が来ようとしていたが桜川はまだまだやる気十分でした。

 

龍野は、もう腰を振るな、と言っても桜川は無視し続けます。

 

龍野がそう言う理由は何度も何度も気持ちよくなり過ぎたせいで、尿意が近くなってしまったからでした。

 

その事を桜川に伝えても、彼女は、尿も全部出しても構わない、と言って腰を振る事を辞めません。

 

龍野は何とか気持ちいいのと尿意を我慢しながら心の中で、しぐまは法悦をすれば気持ちよくなると踏んでいたし、気持ちよくなるためなら手段は選ばなかった、と毒づいていました。

 

そんな中、誰かがドアをノックする音が聞こえてきたのです。

 

ドアをノックしたのはあやであり、刀を手にしていました。

 

スポンサーリンク

サタノファニ198話の感想と考察

本来、悪い人だったら特に罪悪感を抱く事はないのですが、今回に関しては美依那が教団の事を調べるために男性を利用した事からそう思っているのでしょう。

 

男性は美依那が着ていた着ぐるみのふくよかな女性を好んでいて、美依那は着ぐるみの状態で男性を慰めていました。

 

そうしてしまったせいで、男性は余計に好意を抱き、今回言っていたように結婚を視野に考え始めたのでしょう。

 

彼の話を聞いた美依那は自分は教団の事を調べるためになりすましたのに、その結果真剣にそこまで想っていた男性の想いを踏みにじった形になった事が荷重になってしまったのでしょう。

 

最後に笑顔で男性を励ます事が彼女にとって精一杯の償いだったと思いますが、この事がいずれ尾を引く感じになるんじゃないかなと思いますね。

 

そして話の最後で龍野と桜川が行為をしていましたが、龍野の口ぶりだと余り行為したくはないのでしょう。

 

人並みくらいの性欲はあると思いますが、今回のような度を超す行為は好まないのでしょうね。

 

しぐまの事を毒づいていましたが、そういう部分では彼女とは相容れなかったのかもしれません。

 

そしてあやがやってきましたが、果たして龍野に何を言うつもりなのか気になりますね。

 

<< 197話 一覧 199話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレサタノファニ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました