キングダム631話ネタバレ考察感想あらすじ!信へと届く羌瘣の想い

漫画ネタバレ
スポンサーリンク

2020年2月13日発売の週刊ヤングジャンプ2020年11号で、『キングダム』631話が掲載されました。

 

蚩尤(しゆう)の禁断の術「盤古の橋」を使用した羌瘣(きょうかい)は自らの寿命を削ることを条件に間(はざま)への道を通すと幽連(ゆうれん)と象(しょう)の2人から告げられます。

 

即決で自分の寿命を全てやると決めた羌瘣は闇に包まれ、そこで信(しん)の背中を見つけ出します。

 

果たして、黄泉への道を歩む信を羌瘣は取り戻せることが叶うのか?

 

本記事では、『キングダム』631話『朱い階段』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 630話 一覧 632話 >>

 

スポンサーリンク

キングダム631話のあらすじネタバレ

朱い階段の存在に気付いた羌瘣は歩み続ける信がその階段を登ろうとするのを必死に呼び止めます。

 

茫然とした表情の信はそれでも歩むこと止めることはありません。

 

羌瘣の居る場所の地面が泥濘(ぬかるみ)を帯び、羌瘣はその場で足止めをされてしまうのです。

 

階段へと足を掛けようとする信を必死で制止する羌瘣の声に信が背後を振り返ります。

 

しかし、振り返った先には誰も居ません。

 

「誰かに呼ばれた気がした」と感じた信でしたが、「まあ良い」と気持ちを切り替えます。

 

その信の姿に羌瘣は自分自身の姿が信に見えていないことを悟ります。

 

されど、自分の声が聞こえたことに希望を見出す羌瘣。

 

その場に信の親友である漂(ひょう)が姿をします。

 

漂の姿を目にした信は漂がこの場にいることを不思議に思います。漂は信の水先案内人として現れたのでした。

 

信が迷わないようにと案内しようとする漂。

 

先ほどまで目の前にあった階段が遠ざかっています。

 

「行くぞ。昇らないとここでずっと彷徨(さまよ)ってしまうから」と漂は信を先に進むように促します。

 

信はそっけなく答えました。

 

その光景を目にした羌瘣は必死に制止を続けます。

 

自分の地面だけが何故か泥濘(ぬかるむ)こと、その沼から力を吸い取られていくことを嘆く羌瘣。

 

これは力を吸い取られているのではなく、自身の命を削られていることを悟る羌瘣はこのままでは自分も沼に飲み込まれてしまうことを危惧します。

 

そうなる前に信を取り戻す。信を飛信隊の仲間達の元へと帰すと決意を固める羌瘣。

 

信と漂は過去の雑談で盛り上がっていました。

 

自慢げに語る信に「何の為に鍛えていたのかを覚えているのか?」と問いかける漂。

 

そして、漂が死んだ後はどうなったかを聞かれた際には「戦場に行って活躍した。強い敵を沢山倒した」と語り続ける信。

 

力を吸い取られ、信に追いつけず、声を挙げることも叶わない羌瘣と信の距離が離れて行きます。

 

「本当に活躍して、自分の隊を持ったことを表に自慢する信。

 

「その隊の名前は?」と問いかける漂でしたが、信はその隊の名前を思い出せません。

 

その場に足止めされ、寿命を削られて吐血する羌瘣。

 

朱い階段の前に辿り着いた信と漂の2人。

 

「他に何か話すことはないか?」と漂に問われた信でしたが、信は中々思いだせずにいる中で「秦国の王様に出会ったこと」を伝えます

 

王様の顔を問われても、思い出せない信。

 

一番大きなものを忘れている気がすることを漂に告げる信。それは夢でした。

 

思い出せないからもう良いから階段を登ろうとする信の動きがと。

 

信が前に勧めない理由は羌瘣が必死にその背に抱き着いていたからでした。

 

涙を流し。呼吸が乱れるも必死に信に抱き着いて止める羌瘣。

 

「お前の隊の名前は飛信隊だ! 忘れるな馬鹿!」と涙ながらに訴える羌瘣。

 

続けてお前の夢を語ろうとする羌瘣の口を漂が塞ぎます。

 

「それは自分で思い出さないといけないことなのだ」と漂は羌瘣に告げます。

 

目の前の朱い階段の前で足を止めたままの信は「まだ漂のところには行けない」と語り出します。

 

疑問を口にする漂に信が「2人の夢である天下の大将軍にまだなっていない」と宣言します。

 

その答えに満足そうに頷く漂。そして、その光の穴から向こうへ行けば元に戻れると信に進むべき道を示します。

 

上手くいったことを喜ぶ羌瘣に「自身は役割を制限されていた。感謝する」と告げてから漂は消えて行きます。

 

ようやく羌瘣の姿に気付いた信は彼女を抱き起します。そして、羌瘣は言葉もなくただ信を抱き返すのでした。

 

信を光の穴へと押し出した羌瘣はその場の沼に沈んで行くのでした。

 

沈みゆく羌瘣を抱き起す2人の男。彼等は朱海平原の戦いで命を落とした飛信隊の松佐(しょうざ)と去亥(きょがい)の2人でした。

 

羌瘣を救い上げ、光の穴へと押し込み、信を託す松佐と去亥。

 

羌瘣は2人を涙目になりながら、何も言えずに戻って行くのでした。

 

信の亡骸に必死に呼び続ける飛信隊の仲間達。

 

声を大にして呼び掛ける彼等を余所にゆっくりと何事もなかったかのように起き上がる信。

 

その姿に飛信隊の仲間達全員が目を見開き、信の名を絶叫するのでした。

 

スポンサーリンク

キングダム631話の感想と考察

羌瘣がとにかく切なかったですね。

 

信を必死で戻そうとするも、間(はざま)の沼地に寿命をどんどんと削られて力を失っていく中で、信は漂と黄泉への朱い階段を登ろうとしていくことがどれ程歯痒かったでしょう。

 

吐血しつつも、信が階段を登ろうとした寸前で必死に追いつき、信の背後から「お前の隊の名前は飛信隊だ! 忘れるな馬鹿!」と涙ながらに訴える姿は正に信を助ける為に命を削り、命を懸けて信を助けようとする必死さが見て取れました。

 

確実に黄泉への階段を登ろうとする信が一番大きなこと、一番大切なこと、夢を思い出したことで信が元に戻れるようになりましたが、その信を励まして寿命を削り切った羌瘣はそのまま沼地に飲み込まれてしまいそうになる。

 

自身の命を代償にした以上、羌瘣は自身に訪れる運命を受け入れていたのでしょう。

 

そこへ朱海平原の戦いで命を散らした松佐と去亥の2人が羌瘣を救い、自分達の隊長である信を羌瘣に託します。

 

2人が死んだことは非常に悲しくもありましたが、松佐と去亥の2人は最後まで飛信隊としての誇りを持ち続けていたのです。

 

彼等は信には羌瘣が信にとって必要不可欠な存在だと誰よりも分かっていたから羌瘣を救いだし、羌瘣を元の世界へと戻してくれました。

 

飛信隊の仲間達が必死で信の名前を呼び続ける中で、何事もなかったかのように起き上がる信の呆気なさもキングダムらしいと言えば、キングダムらしい終わり方と言えましたね。

 

<< 630話 一覧 632話 >>

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました