スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ246話ネタバレ考察感想あらすじ!流れはこのまま東卍ペース?

漫画ネタバレ

2022年3月16日発売の週刊少年マガジン2022年16号で、『東京卍リベンジャーズ』246話が掲載されました。

 

『東京卍リベンジャーズ』246話は、タケミチが鶴蝶を倒したことで東京卍會のメンバーは大盛り上がり!

 

そして、関東卍會との隊員たちとの戦いが本格化しますが、戦いの行方は?

 

その戦いの中である人物が流れを変えようとするために東京卍會の主要メンバーに襲いかかりました。

 

その人物は誰なのか?

 

本記事では、東京卍リベンジャーズ246話『Giant Killing』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 245話 一覧 247話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

東京卍リベンジャーズ246話のあらすじネタバレ

タケミチに殴られたことで倒れた鶴蝶は呆然としていました。

 

「鶴蝶ぶっ飛ばしたぞ!!」

 

タケミチが鶴蝶を殴り飛ばしたことを東京卍會の中にはそう言いながら驚いている人がいました。

 

一方、関東卍會も蘭やモッチー、さらには三途が驚いていました。

 

東京卍會のメンバーはタケミチの活躍を褒める中、千咒は気になることがありました。

 

それは鶴蝶を殴り飛ばした程度でみんなが大騒ぎしていることです。

 

ちなみに、千咒がみんなと同じように騒ぐことができないのはタケミチが三天戦争でマイキーとやり合ったことを知っているのでこれくらいは当然だと思ったからでした。

 

そんな彼女の反応を踏まえて、過去のタケミチの活躍を振り返るメンバーがいました。

 

三ツ谷は聖夜決戦で大寿に膝をつかせたことを話すと八戒もそれに反応しました。

 

ソウヤは天竺戦で最後まで立っていることができたのは彼のみということをそれぞれ振り返りました。

 

「総長に続けぇええ!!!」

 

千冬の号令で東京卍會のメンバーは関東卍會に襲いかかりました。

 

襲撃する中、河田兄弟はお互い手を抜かないよう話しながら戦っていました。

 

一方、三ツ谷と八戒は互いの背中を背中を任せ合いなが戦いました。

 

河田兄弟や三ツ谷と八戒が敵を次々倒す中、パーちんはタックルで次々と関東卍會の隊員たちを倒しました。

 

そんな彼といっしょにぺーやんはパーちんの力をゴリラ以上と讃えながら戦いました。

 

スポンサーリンク

一方、青宗に襲いかかった関東卍會の隊員は彼に瞬殺されました。

 

そして、千咒は倒した相手の人数を数えながら戦っていました。

 

ちなみに、12人目は殴り飛ばして13人目は顔面を蹴り飛ばして倒しますが、最終的に100人倒すことを目標にしていました。

 

そんな中、関東卍會の隊員の中には東京卍會の強さに怯えている人たちがいました。

 

隊員たちが戦う一方でマイキーは横になっている鶴蝶に話しかけました。

 

彼は“喧嘩屋”という異名を持つ天竺時代の彼の姿を見たがっていました。

 

「アイツは死んだのか?」

 

最後にそう言ってマイキーが去ろうとする中起き上がった鶴蝶。

 

彼は自分のせいでヒートアップしたこの戦いの熱を冷ますために戦線復帰をしようとしました。

 

そのために、戦いの中に猛ダッシュで突入しました。

 

千冬が相手を殴った直後、嫌な予感を察したのか後を振り向こうとすると鶴蝶に吹っ飛ばされてしまいました。

 

鶴蝶が復活したことにソウヤが気づいたようですが、続いて鶴蝶は河田兄弟を吹っ飛ばしてある人物のもとに恐ろしい形相で向かいます。

 

その人物はタケミチでした。

 

彼に急接近するや否や顔面に向かってパンチを放ちますが、タケミチは腕をクロスして防ぎます。

 

しかし、力に圧倒されて吹っ飛ばされました。

 

攻撃を受け止めたタケミチに対して鶴蝶は思い出したことを話し始めました。

 

それは、憧れていた頃の顔と今の顔が同じということです。

 

「戻ってきたなヒーロー」

 

鶴蝶はタケミチに対しそう言いました。

 

東京卍リベンジャーズを漫画タウンやpdf以外で無料で全巻全部読める方法を調査!
本記事では漫画『東京卍リベンジャーズ』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画タウンや漫画バンクなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ246話の感想と考察

タケミチが鶴蝶を殴り飛ばしたことは東京卍會は大盛り上がりでしたが千咒は冷静でした。

 

三天戦争のことを知っていたとしても、総長の活躍をみんなといっしょに讃えてよかったと思います。

 

そして、タケミチの活躍が東京卍會に大きな影響を与えました。

 

それは、50人しかいないのにその10倍の規模の関東卍會を圧倒する展開になったことです。

 

千咒以外は東京卍會解散後はカタギになったはずなので喧嘩はそれ以来振りだと思いますが、それを感じさせない戦いぶりだと思いました。

 

ちなみに、千咒は一人で100人倒そうとしていました。

 

彼女だけで1/5を倒すつもりのようですが、彼女ならできそうですね。

 

しかも、梵の時よりも生き生きとした戦いができているようです。

 

そんな中、マイキーは鶴蝶に話しかけていましたが、彼にある人物の死の話をしたことで復活したようです。

 

マイキーは『アイツ』としか言っていませんがイザナのことのようです。

 

復活した鶴蝶は関東事変でも見せた猛ダッシュしながら相手を倒すという戦闘スタイルで千冬と河田兄弟を倒してからタケミチに襲いかかりますが、タケミチはそれを防ぎました。

 

そして、次回はタケミチと鶴蝶の第2ラウンドのようです。

 

激闘になること間違いなしだと思うのでとても楽しみです!

 

<< 245話 一覧 247話 >>

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレ東京卍リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました