スポンサーリンク

ダイヤのA act2 282話ネタバレ考察感想あらすじ!御幸と成宮の勝負の行方は!?

漫画ネタバレ

2022年3月9日発売の週刊少年マガジン2022年15号で、『ダイヤのA act2』282話が掲載されました。

 

『ダイヤのA act2』282話では、多田野は内角付近にミットを構えながら、低く来ても止めると言う意思を見せていました。

 

そして成宮が投げた球はチェンジアップでした。

 

御幸はチェンジアップを打ち返す事をずっと考えていたので、ちゃんと打ち返せるように細心の注意を払いながらバットを振りました。

 

その結果、バットの芯ではなかったが低めのチェンジアップを見事に打ち返す事に成功したのです。

 

果たして、打ち返された打球の行方はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、『ダイヤのA act2』282話『夢幻』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 281話 一覧 283話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 3000冊以上のマンガが無料/

①登録も毎月の利用もタダ!

②yahoo!IDなら手続きもナシ!

③初ログインで半額クーポン6枚GET!

ダイヤのA act2 282話のあらすじネタバレ

成宮は御幸に対して勝負の一球を投げ込もうとしていました。

 

多田野は、低く来ても止めて見せるから、際どいコースに投げて、と思いながら内角付近にミットを構えます。

 

そして成宮はチェンジアップを投げ込んできたのです。

 

御幸はずっとチェンジアップを打つ事を考えていたので、待っていましたと言わんばかりに細心の注意を払いながらバットを振ります。

 

その結果、バットの芯には当たらなかったものの、空振りする事無く打ち返す事に成功したのです。

 

これには成宮や多田野を始めとした稲城実業の面々は驚きを隠せませんでした。

 

打球はライトへと飛んでいったので、多田野は指示を出しながらも打たれるとは思っていなかったので、内心動揺していました。

 

ライトの選手も懸命に打球へと向かって行くのだが、長打を警戒して後ろに下がっていたのもあり、向かうには時間がかかっていました。

 

倉持はフライアウトでも、ポテンヒットでもいいように動く構えを見せていたのです。

 

ライトだけじゃなくてセカンドの選手も打球を追いかけ始めます。

 

その結果、セカンドとライトの間に落ちるポテンヒットとなり、これを見た倉持はすぐさまスタートを切ったのです。

 

ライトの選手はすぐさま打球を処理して多田野に向かって送球するも、送球が多田野の元に来た時には倉持は本塁に到達していました。

 

白州もまた三塁へと到達していたのです。

 

何にしても御幸が同点タイムリーヒットを打った事で、試合を振り出しに戻しました。

 

スポンサーリンク

これには観客は勿論、倉持、前園、白州、川上、そして打った御幸自身もガッツポーズしていたのです。

 

ブルペンにいる沢村も盛り上がっていて、ベンチにいる降谷は立ち尽くしていて、観客席にいる結城は見事だと言わんばかりの表情をします。

 

御幸の活躍をテレビで見ていた父親も思い切りガッツポーズしていて、降谷は立ち尽くしながら御幸の覚悟を思い出していました。

 

沢村は今も猶盛り上がっていて、奥村とハイタッチしながら前園に託します。

 

一方で多田野は成宮の元に向かおうとしたら、彼は、あれを捉えられたらしょうがない、と言ってきたので多田野はこれ以上何も言いませんでした。

 

しかし、内心では、チェンジアップを打たれた事はショックな筈、とも思っていました。

 

そして打席には前園が入り、御幸は心の中で、休ませずに攻めよう、と思っていたのです。

 

その思いに気づいた前園は、次の得点が入るか否かで勝負が決まる、と心の中で思っていました。

 

多田野は前園の傾向から早めに打って来るのが分かっているため、カットボールでダブルプレーを狙おう、と思いながらそのサインを送ります。

 

成宮も理解して投げようとしながら、打たれた事を悔やむのは後でもいい、と思っていたのです。

 

そして成宮が今にも投げようとする際、前園はセーフティスクイズの構えをしました。

 

まさか前園がバントをするとは思っていなかったので、テレビを見ている者達は驚いていたのです。

 

前園は自分の打撃で打てるとは思っていないので、確実に点を取る事を考えたのです。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2 282話の感想と考察

見事に打ち返せたなと思いましたね。

 

本来だったら空振りしていてもおかしくありませんが、御幸が打つイメージをずっと考えていたからあんなコースに来た球でも打ち返せたのでしょう。

 

それに外野が長打を警戒していたのも助かりましたね。

 

御幸は基本勝負強いし、1点を争うゲームでもあるため、外野は長打を防ごうとしていたのでしょう。

 

実際、飛んできた打球はポテンヒットだったので、ヒットになったのだと思います。

 

おまけに打球がライトに飛んできたのも幸運と言えたでしょう。

 

センターの神谷だったら、自慢の俊足で捕球していたかもしれませんので、ただのフライで終わり、青道の士気は落ちてしまっていたと思います。

 

その事を踏まえると、色々な運に助けられた感じがしますね。

 

そして前園がセーフティスクイズの構えをしましたが、彼では成宮に対抗出来ないのでこれが無難と言えます。

 

問題はちゃんと当てられるかだと思いますね。

 

本来の成宮だったら捻じ伏せるつもりで投げてくると思いますが、多田野が思っていましたが彼は御幸にチェンジアップを打たれてしまいました。

 

表には出していませんが、内心では動揺している筈です。

 

それ故に甘い球が来るかもしれないので、それだったら当てられるのではないでしょうか。

 

<< 281話 一覧 283話 >>

 

\ マンガ読むならebookjapan!/

  • 会員登録も月額費用も無料 ※Yahoo!IDをお持ちの方は登録不要
  • 初めてログインすると最大6回使える50%OFFクーポンがもらえる
  • 80万冊以上の国内最大級の配信数
  • 2000作品3000冊以上が無料で読める(毎日更新)
  • 割引・SALE・ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催

50%OFFクーポンの割引は最大500円までです。1冊だけでなく、2~3冊分をまとめて購入すると最大限に割引分を使い切ることができます。

漫画ネタバレダイヤのA act2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました